学部・学科・大学院

学習モデル

スポーツ科学の基礎を学び
理論と実践で指導力を培う。

スポーツ教育・健康・スポーツ・スポーツマネジメントという3つの学びの分野を用意。専門性を高めながら理想の進路を探ります。

スポーツ教育 分野

子どもたちの心身を育む教育者を目指す。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

教育者を目指し、「中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)」に必要な学びとともに、スポーツ・運動の科学的知識をもとに的確な実践理論と指導法を学修します。

SKILL 身につく力・スキル

生徒にスポーツの楽しさや健康な身体づくりを教える指導力と、理論や知識に基づいたスポーツスキルが身につきます。

FUTURE 想定される進路

● 中学・高校保健体育教諭
● 小学校教諭
● 子どもスポーツ教室指導者
● 障がい者福祉施設 など

STUDENT'S VOICE

人に教える仕事に就きたいと考え、教職課程を履修しています。模擬授業や学習指導案の作成など、教員として授業を行う際の基礎が学べる「教育実習研究」は、得られるものが多いです。中学校での教育実習を終えましたが、実際に授業を行う難しさを痛感しました。反省点を踏まえて、教員採用試験にのぞみたいと考えています。この学科でさまざまなスポーツにふれ、体を動かす楽しさを再確認しました。その楽しさを生徒に伝えられる保健体育教員を目指したいです。

中谷 春花さん
スポーツ行動学科 4年(大阪府出身)

中谷 春花

授業ルポ 教育実習研究Ⅲ

教育実習の授業実践に向けて事前準備を行い、心構えを養う。

教育実習の授業実践に向けて事前準備を行い、心構えを養う。

中学校・高等学校での教育実習において行われる保健領域の授業実践を想定した学習指導案・ワークシート・パワーポイントなどを作成し、それらをもとにした模擬授業を実践します。また、他者の授業評価も行います。

荒木 寛巳 教授

荒木 寛巳 教授

教職センター長

健康・スポーツ 分野

人々の健康とアスリートを支える人になる。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

スポーツ医学、スポーツ生理学、スポーツ栄養学、運動処方、アスレティックトレーニングなどの学びを通して、CSCSやJATI-ATI、健康運動指導士などの資格取得を目指します。

SKILL 身につく力・スキル

健康に関連する幅広い知識を修得し、人々の健康とアスリートをサポートするためのスキルを磨きます。

FUTURE 想定される進路

● スポーツクリニック、メディカルフィットネス
● パーソナルトレーニングジム
● フィットネスクラブなど

STUDENT'S VOICE

自分の興味や目標に合わせて授業を選択できるのが、OIUの学びの特徴だと思います。好きな授業は「アスレティックトレーニング」。身体を動かしながらスポーツ指導のスキルを実践的に学べます。また、スポーツ栄養学やスポーツ生理学などの授業から科学的な知識を得ることができました。将来の選択肢を広げるため、教職課程を履修するとともに、「NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)」などの資格取得にも取り組んでいます。

赤間 郁哉さん
スポーツ行動学科 2年(福岡県出身)

赤間 郁哉

授業ルポ アスレティックトレーニングⅡ

最新のトレーニング方法と指導法をロールプレイで学ぶ。

最新のトレーニング方法と指導法をロールプレイで学ぶ。

スピード・パワー・アジリティなどのトレーニング方法とその指導法を実際のロールプレイで学び、プログラム作成や模範演技ができるようになることを目標とします。最新のトレーニング法を学びましょう。

田中 淳 准教授

田中 淳 教授

研究分野:ストレングストレーニング、コンディショニング、トレーニング科学

スポーツマネジメント 分野

スポーツ関連企業で活躍する人になる。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

スポーツ関連企業やプロスポーツチームなどと連携して実際のスポーツマネジメントを学びます。教室の中だけでなく実践を通して体験することで、机上の空論ではなくスポーツマネジメントの現場力を養っていきます。

SKILL 身につく力・スキル

企画立案からプレゼンテーションの手法、そして企画の実践などを通してそれぞれのスキルを磨くことができ、全体的なビジネススキルを向上させることができます。

FUTURE 想定される進路

● スポーツイベント企画・運営会社
● スポーツ関連企業・販売関連企業 など

STUDENT'S VOICE

「スポーツを通して人に喜びを与え、スポーツから生まれる感情やつながりを共有したい」。その想いを実現するために、この学科を選びました。「スポーツイベント演習」で基礎的な知識を身につけ、現在はセミナーでスポーツイベントの企画・運営を行っています。私が担当しているのは、小学生を対象にした体育館での職場体験イベント。スポーツを通して子どもの成長をサポートできるイベントでもあり、意欲的に取り組めています。

形山 葉月さん
スポーツ行動学科 3年(京都府出身)

形山 葉月

授業ルポ スポーツイベント演習

スポーツを安全に行うための指導方法。

スポーツ・イベントの理解を深め
企画・プレゼンテーションを行う。

さまざまなスポーツ・イベントの企画・運営に関する基礎を学修します。講話を聴くだけではなく実際に自ら調べアイデアをまとめる授業です。企画力、プレゼンテーション能力を身につけることができ、希望者にはイベント検定の受験も合わせてすすめています。

舩越 達也 准教授

堀込 孝二 講師

研究分野:スポーツビジネス、スポーツマネジメント、地域スポーツ