学部・学科・大学院

学習モデル

幅広い進路を選択できる
3分野の学び

本学科では健康関連の幅広い分野をカバー。3つの専門分野で学びを深め、目標の進路をめざします。

食と健康 分野

「食」の理解を深め、食の専門家を目指す。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

さまざまなライフサイクルに応じた食生活を学修します。食品、調理、栄養に関する幅広い知識を修得し、基礎から応用まで豊富な実習を通して、「食」の理解を深めます。

SKILL 身につく力・スキル

食に強い人材として、多方面に応用できる栄養の知識と栄養管理・調理などの実践的な食の専門スキルを身につけます。

STUDENT'S VOICE

「応用調理実習」は、世界の食文化を学ぶことで、それまで海外に興味がなかった私の視野を広げてくれた授業です。また、1年次に履修した「人間学」では、自分の考え方をまとめて文章化する能力が身につきました。授業とともに力を入れているのが、産学協働プロジェクトの活動です。若者の野菜不足を解消するメニューの開発や、小学生向けの料理番組の動画配信などに取り組んでいます。これらの学びと経験を、食品業界で働くという目標につなげていきたいです。

石田 貴美子さん
人間健康科学科 3年(大阪府出身)

石田 貴美子

授業ルポ 基礎調理実習

自分の健康管理にもなる調理実習。

自分の健康管理にもなる調理実習。

調理の基本的な操作と調理理論および各食材の扱い方について学びます。調理理論の講義の後、調理方法の説明とデモンストレーションを行います。食材選択や調理操作のスキルを身につけ、食から自身の健康管理を行う能力を身につけることを目標としています。

喜多野 宣子 准教授

喜多野 宣子 准教授

研究分野:食生活、食文化、食品学、調理学

からだの健康 分野

正しい運動の知識と実践方法を修得する。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

多彩な実習を通して、健康管理・健康指導を目的とした正しい運動の知識と実践方法を修得します。スポーツインストラクターなどを目指す人に最適な分野です。

SKILL 身につく力・スキル

「運動とからだのしくみ」について、体系的に学修するだけでなく、自らさまざまな運動を行い、理論と実践の両面から運動専門スキルを身につけます。

STUDENT'S VOICE

学科では効果的な運動法や、健康のために摂取すべき栄養、スポーツにも応用できる心理学などを中心に学んでいます。特に「トレーニング法」の授業は、私自身がスポーツをしていることもあってとても参考になります。自分が理解することで、いろいろな人の健康づくりにアプローチできるため、とても有意義に感じています。現在挑戦しているのは、健康運動実践指導者の資格取得。熱心に指導してくださる先生方の期待に応えたいとがんばっています。

吉田 悠那さん
人間健康科学科 3年(大阪府出身)

吉田 悠那

授業ルポ トレーニング法Ⅰ

実践指導するための安全で効果的なトレーニングプログラムを体得する。

実践指導するための安全で効果的な
トレーニングプログラムを体得する。

より安全でより効果的でより楽しいトレーニングを追求します。トレーニングの原理・原則を理解し、その重要性および指導法や実施上の留意点などについて学習します。各種トレーニングの実際・指導法・留意点については、実践を通して理解を深めます。

長野 崇 講師

長野 崇 講師

研究分野:トレーニング科学、スポーツタレント発掘・育成、コーディネーショントレーニング

こころの健康 分野

心身の健康に貢献するスペシャリストになる。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

健康心理学を中心に、心身の健康にかかわる専門的な知識を得ます。講義や演習によって、人間の健康が身体のみならず、心からも影響を受けていることを体系的に学修します。

SKILL 身につく力・スキル

「リラクセーション」「カウンセリング」「ストレスマネジメント」などの豊富な演習・実習で、現場のニーズに応える心理の専門スキルを養っていきます。

STUDENT'S VOICE

「健康心理学」で心と健康の密接なつながりや、心の健康問題について学んでいます。こうした座学とともに、体を実際に動かす授業もあり、幅広く学べるところがこの学科の魅力だと思います。

甲斐 大輝さん
人間健康科学科 4年(大阪府出身)

甲斐 大輝

授業ルポ リラクセーション

それぞれの生活や進路に役立つストレス対処法を学ぶ。

それぞれの生活や進路に役立つストレス対処法を学ぶ。

ストレス社会の現代ではストレスへの対処を考えておくことは大切です。授業ではストレスマネジメントやさまざまなリラックス技法について学びます。授業で学ぶ知識・技術はあらゆる場面で役立ちます。

藤田 了 講師

竹端 佑介 准教授

研究分野:心理学(臨床・健康・発達)