学部・学科・大学院

実践型PROJECT

心理とコミュニケーションに
活動と体験でアプローチする。

心理の基礎を幅広く学びながら、多彩な活動を通して社会の中でのコミュニケーションに応用する力を養います。

アクション・プロジェクト(APj)

授業の枠を超えて学生たちが主体的に実現する学科の学び

学生の優れた「アクション」(主体的活動)を助成・認定するプロジェクトです。意欲ある学生たちが企画したアイデアを実現し、学内外の他者への働きかけを交えつつ成果を上げるまでをサポートしていきます。その一環である「古着屋プロジェクト」に学生有志が取り組んで今年で3年目を迎えます。自分たちで仕入れてきた服の魅力をわかりやすく伝え、似合う服を見繕ったり着こなしを提案したり。さまざまな場で多彩な交流を生み出すお店を運営しています。

アクション・プロジェクト(APj)

沖縄フィールドワーク

沖縄を訪れて現地調査を実施。社会・文化の有益な情報を収集。

観光地として多くの観光客が訪れるにもかかわらず、沖縄のビーチの美しさが維持されているのはどうしてか?こうした疑問を解明すべく、2019年8月上旬に、学生有志20名による沖縄フィールドワークを実施しました。具体的には、環境保全活動に取り組む各種団体へのインタビュー取材を通して、異文化としての沖縄の「社会・歴史・文化」を理解する力を養うことを目的にしています。

沖縄フィールドワーク

フォト・ベースド・コミュニケーション

「カメラで撮る」体験からコミュニケーション力を養う。

フォト・ベ一スド・コミュニケーションとは、カメラというツールを通して、子どもたちが自己表現する力を身につけ、自己肯定感を向上させることを目的とした児童向けの教育プログラムです。学生たちは年に数回、近隣の小学校に出張し、運営のサポートをしています。普段は接する機会の少ない児童に寄り添いながら、子どもたちが一眼レフカメラで撮影する手助けをします。子どもたちの目線の先にあるものを知り、写真に対する彼らの語りに耳を傾けることは、学生にとっても発見の多いプログラムです。

フォト・ベースド・コミュニケーション

詳しくはこちら

観月の夕べ

地域の方々をおもてなしする観月のイベントを学生が企画。

学生による「観月の夕べ」を、毎年「もりぐち歴史館」で開催しています。2019年は心理コミュニケーション学科の縄田ゼミに所属する3年次生が企画を担当しました。大阪国際大和田高等学校の茶道部とコラボレーションし、茶道部の生徒たちがお抹茶と和菓子をふるまう中、学生たちはもの作り体験、ビンゴゲームなどで地域の方々におもてなしを行いました。来場された方々からは、たいへん好評で、学生にとっても素晴らしい体験になりました。

観月の夕べ

城垣町でのアクションリサーチ

由緒あるだんじり祭りの存続に取り組む。

大阪国際大学の周辺地域・門真市城垣町の自治体において、総勢40名の学生有志が「アクションリサーチ」を実施しました。具体的には、城垣町の夏祭り・秋祭りへの参加を通して、地域と学生が、少子高齢化による「祭り存続の危機」という地域課題の解決を目指しました。こうした活動内容は、社会学教育の一環として、報告書や雑誌(ZINE)として記録化し、その成果物は「城垣町の歴史的記録」として地域に還元します。

城垣町でのアクションリサーチ