学部・学科・大学院

学びのポイント

世界を学び、語学力を高め実学としての「観光」を究める。

学びのポイント

  • 経済、文化、地域政策など多面的に観光学を研究する。
  • 現場で役立つ実践力を身につける。
  • ANAエアラインスクールと連携
  • スモール・ラグジュアリーホテルで研修を実施

将来を見据えた3つの履修モデル分野で学ぶ。

国際社会のさまざまな面で、「観光」の果たす役割はますます大きくなっています。日本においても観光立国の実現に向けた取り組みが進められる中、「観光」はこれからの日本を支える重要な成長分野として位置づけられています。本学科では、経済、文化、地域政策など多面的に観光学を研究します。さらに国内外インターンシップ、独自の海外留学制度、地域フィールドワーク、また観光ビジネス研修などを通し、理論と実践で観光業界を担う人材、また地域社会に貢献できる人材、そして世界で活躍するグローバル人材を育成します。

将来を見据えた3つの履修モデル分野で学ぶ。

観光・ホスピタリティ分野

語学を学びながら、観光や旅行ビジネスなどの知識と実践力、おもてなしの心を身につけます。

観光・ホスピタリティ分野

ミュージアム・エンターテインメント分野

歴史や民俗、芸術の各分野を学びながら、国家資格「学芸員」の取得を目指します。

ミュージアム・エンターテインメント分野

多文化交流分野

多文化・日本文化に関する理解力と、それらを表現できる能力を身につけます。

異文化交流分野

現場で役立つ実践力を身につける。

英語や中国語などの語学の基本技能(読む・書く・聞く・話す)に加えて、航空・旅行・ホテル業界などで必要な専門知識と実践力を身につけます。3つの履修モデル分野をベースに、将来の目標に合わせて、目指す分野の実践力を養います。

現場で役立つ実践力

ANAエアラインスクールと連携。

エアライン業界への就職を希望する学生を支援するため、ANAエアラインスクール×OIU教育連携プログラムをスタート。連携協定は航空業界を志望する学生達の社会人基礎力の向上も含めた就職支援を行うことを目的とし、本学の学生はANAエアラインスクール大阪校のキャビンアテンダントコースおよびグランドスタッフコースの優待受講制度を利用できます。

ANAエアラインスクールと連携。

スモール・ラグジュアリーホテルで研修を実施。

国際観光学科では、ホテル研修のセミナーを行っています。2019年度の研修先は、世界的な高級ホテルブランド「SLH」に加盟する「ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド」。総支配人からホテル業界に求められる人材、ホスピタリティマインドの大切さなどを講義していただき、ホテルツアーでは、随所に見られる上質でオリジナリティあふれるサービスを学びました。

スモール・ラグジュアリーホテルで研修を実施。