学部・学科・大学院

学習モデル

心理とコミュニケーションに
活動と体験でアプローチをする。

進路・目的に応じた分野で心理学を体験的に学習。実感をもとに社会での応用力を育んでいきます。

心理分野

自己と他者の心の働きを理解する

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

[臨床心理学]人はなぜ悩むのか。心の病はどのように治せるのか。その仕組みを明らかにするために、心理テストやカウンセリングの方法について、体験を通して学びます。
[社会心理学]私たちの心や行動は、自分が思う以上に周りの人々から影響を受け、また影響を与えています。自己について理解を深め、対人関係や集団状況での個人の心の働きについて学びます。

SKILL 身につく力・スキル

人間の心理と行動について幅広く学ぶことにより、人間理解力と共感力を養うと同時に、良好な人間関係を築くコミュニケーション能力を身につけます。また、実験や実習を通して、データの収集、分析の技法も身につけます。

STUDENT'S VOICE

この学科で心理学の奥深さにふれ、公認心理師の資格を取得したいと思うようになりました。受験資格を得るために、現在、大学院進学を目指して勉強中です。授業では、公認心理師受験資格につながる「心理演習」に力を入れています。授業で修得したさまざまな技法は、日常生活にも応用でき、人とのコミュニケーションを円滑にしてくれます。また、「臨床心理学概論」の授業でストレスに興味を持ち、さらに探求し、卒業論文に取り組みたいと考えています。

小林 風雅さん
心理コミュニケーション学科 3年(大阪府出身)

小林 風雅

授業ルポ(臨床心理学) 心理学的支援法

学生同士でカウンセリングを体験。

カウンセリングの方法を勉強し、カウンセラー役とクライエント役になって演習をしています。友達などの身近な関係の中で、カウンセリングスキルが使えるようになることを目標にします。

青野 明子 教授

青野 明子 教授

研究分野:臨床心理学、発達心理学、社会心理学、社会医学

授業ルポ(社会心理学) 社会・集団・家族心理学

楽しく生きるためのヒントを得る。

楽しく生きるためのヒントを得る。

他者と関わり合いながら生きる社会的存在としての人間について学びます。家族や集団の中では、思い通りにならず悩むことも多いものです。そんなとき、どうすべきか。楽しく生きるためのヒントを授けます。

林 幸史 准教授

林 幸史 准教授

研究分野:社会心理学、観光心理学

 

コミュニケーション分野

ライフスタイルや社会の仕組みを理解する。

STUDY INFO.

LEARNING 何を学ぶのか

人間が集まることによって成立している社会について学びます。人々のライフスタイルを豊かにするためのさまざまな手法を実践的に学修するとともに、社会の仕組みを解き明かし、その構成員である「人」の行為とコミュニケーションについて理解を深めます。

SKILL 身につく力・スキル

他者を受け入れ、また他者から受け入れられるさまざまな社会的行為の実践を通して、新たなライフスタイルを提案する企画力、新しい価値を生み出す創造力、そしてそれらを実社会の現場に活かす表現力など、多様なコミュニケーション能力を培います。

STUDENT'S VOICE

「社会学」は、社会のさまざまな現象に着目し、社会学的視点から理解を深めていく授業です。いつも新しい発見があり、多角的な視野を養えます。「フィールドワーク」など実践的な授業が多く、さまざまなアプローチでコミュニケーションについて学んでいます。セミナーでは、飲料、食品の総合メーカーであるカゴメ株式会社と協働で、就活生を応援するキャンペーン活動を行っています。私の立案した企画が採用されて、自信につながりました。

小松 詩緒梨さん
心理コミュニケーション学科 3年(宮崎県出身)

小松 詩緒梨

授業ルポ フィールドワーク Ⅰ・Ⅱ

フィールドワークのおもしろさを体験的に学ぶ。

フィールドワークのおもしろさを体験的に学ぶ。

特定の日常世界を多面的に理解するために実際に現地に赴き、観察や聞き取りを行います。体験から調査の難しさとフィールドワークのおもしろさを学びましょう。

尾添 侑太 講師

尾添 侑太 講師

研究分野:社会学、コミュニケーション論

授業ルポ 地域社会学

地域社会について社会学的に考える。

地域社会について社会学的に考える。

地域社会にはさまざまな背景を持った人々が暮らしています。この講義では、社会学的なアプローチを用いて、地域社会の多面性について考える力を身につけてもらいます。

上原 健太郎 講師

上原 健太郎 講師

研究分野:社会学・教育社会学・沖縄研究