学部・学科・大学院

教員紹介

瀬島 誠 (セジマ マコト)
氏名 瀬島 誠 (セジマ マコト)
英文 Sejima Makoto
大学名 大阪国際大学
学部 国際教養学部
学科 国際コミュニケーション学科
職階 教授
役職 国際教養学部長(兼)国際コミュニケーション学部長
学位 修士(法学/慶応義塾大学大学院)、
慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得後退学
所属学会 日本国際政治学会、ISA、日本政治学会、APSA、国際安全保障学会、日本比較政治学会、公共選択学会、進化経済学会
研究分野 国際政治学
研究業績 ●主要著書(共著)
1. 松下啓一・瀬島誠編著『18歳の政治学』(晃洋書房、2009年)、pp. 53-113。
2. 吉田和男・井堀利宏・瀬島誠編著『地球秩序のシミュレーション分析』(日本評論社、2009年)。
3. 瀬島誠、古賀敬太、池田佳隆、山本周次『改訂版 激動のヨーロッパ』(晃洋書房、2006年。
4. 瀬島誠、古賀敬太、池田佳隆、山本周次『激動のヨーロッパ』(晃洋書房、1998年)。
●主要論文(査読付き)
1. Kazuo Yoshida, Makoto Sejima, Shigeru Fujimoto, “Simulation Analysis of Global Orders Based On the Concept of Global Public Goods,” Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 6, No. 2, 2010, pp. 143-158.
2. Shintaro Nakagawa, Makoto Sejima, Shigeru Fujimoto, “Alliance Formation and Better-Shot Global Public Goods: Theory and Simulation,” Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol. 6, No. 2, 2010, pp. 201-226.
3. 瀬島誠、島義博 “An Agent-Based Analysis of Strategies, Geography and the State of the System,” 「ネットワークが創発する知能研究会 第5回 国内ワークショップ(JWEIN09)」プロシィーディング,USB配布。
4 齋藤宗香、山口裕、八槇博史、秋山英三、瀬島誠、吉田和男「国際政治・経済研究のためのシミュレーション環境GPGSiMの開発」Proceedings of JAWS (Joint Agent Workshops and Symposium) 2008、2008年、CD-ROM配布。
5 Makoto Sejima “Simulation Analysis of the Rise and Decline of Regional Integration,” Proceedings Vol. 2, The First World Congress on Social Simulation, pp. 419-426.
6 瀬島誠「アナーキ下における地域的協力の可能性」『国際政治』第124号、2000年、pp. 178-194。
●主要発表
1. 瀬島誠「グローバル公共財のシミュレーション分析」日本国際政治学会2010年度研究大会、2010年10月29日、札幌コンベンションセンター。
2. Makoto Sejima, “Analyzing the Prospect of Nuclear Proliferation Using the Agent-Based Simulation,” 2010 Annual Conference of the International Studies Association, New Orleans, LA, February 20, 2010.
3. Makoto Sejima, “What strategy is the most preferred in international system?” 50th Annual Convention of the International Studies Association, February 16, 2009, New York.

教員一覧へ戻る