学部・学科・大学院

学部・学科・基幹教育機構・大学院・留学生別科

教員紹介

長谷川 順一郎 (ハセガワ ジュンイチロウ)
氏名 長谷川 順一郎 (ハセガワ ジュンイチロウ)
英文 Hasegawa Junichiro
大学名 大阪国際大学
学部 国際教養学部
学科 国際観光学科
職階 教授
役職
学位 学士(観光学 / 立教大学)
修士(ホスピタリティ経営管理学 / 米国フロリダ州立フロリダインターナショナル大学大学院) / 早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位修得後退学
所属学会 日本観光研究学会
研究分野 観光学、ホスピタリティ経営論
研究業績 <著書>
『明日を切り拓く』(共著)、公立大学法人名桜大学、2016年。
『暮らしと文化の未来展望』(共著)、南窓社、2006年。
『21世紀へのツーリズム』(共著)、南窓社、2000年。

<論文>
「宿泊業における若年者早期離職の現状と課題—沖縄県名護市の主要ホテルを事例として—」(共著)、『国際研究論叢』大阪国際大学、第33巻第2号、2020年1月、19-27頁。
“The Motivation Level of Japanese Hotel Managers and the Effects of Variables on their Levels of Managerial Motivation”(単著)、『駿河台大学論叢』 駿河台大学教養文化研究所、第39号、2010年1月、183-195頁。
“Cultural Values and Managerial Behavior in the Hotel Industry: A Study Using Hofstede’s Cultural Measurement Scale”(単著)、『横浜商大論集』横浜商科大学、第38巻第2号、2005年3月、206―219頁。
「宿泊ニーズの多様化・高度化と宿泊サービス―観光地における旅館の課題―」(単著)、『地域開発』財団法人日本地域開発センター、418号、1999年7月、71―74頁。
「観光基本法と観光政策の変遷」(単著)、『横浜商大論集』横浜商科大学、第32巻第2号、1999年3月、104―122頁。

<その他>
「名護市の主要ホテルにおけるリスクマネジメントに関する一考察―台風災害の対応策を事例として―」(共著)、『名桜大学紀要』公立大学法人名桜大学、第23号、2018年3月。
「新しい時代を迎えた日本のホテル産業」(単著)、『週刊ホテルレストラン』オータパブリケイションズ、第41巻第27号、2006年7月。
「日本のホテルの歩み」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第459号、1997年9月。
「ホテルの業務―ブライダル編―」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第457号、1997年6月。
「ホテルの業務―ホテリエ編―」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第456号、1997年5月。
「ホテルの業務―料飲部門編―」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第454号、1997年3月。
「ホテルの業務―宿泊部門編―」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第451号、1996年11月。
「ホテルのタイプとそれぞれの機能」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第448号、1996年7月。
「宿泊産業の概要」(単著)、月刊『さがみ』相模鉄道株式会社、第446号、1996年5月。
『観光事典』(分担執筆)、社団法人日本観光協会、1995年3月。

教員一覧へ戻る