学部・学科・大学院

学科の取組

「アクション」プログラム 2分野の学びを自分たちの行動と決断で確かなものとするために

自発的・積極的なアクションを通じて、コミュニケーションスキルの向上や社会的な問題解決につながる力を養います。
2分野の学びを具体的な行動として示すための学科全体に開かれた新プログラムへと展開しています。
フィールドワークなどの科目が配置され、学生の自発的な企画や実行をサポートします。問題解決のノウハウや、メンバーの絆や組織の大切さについて学ぶのもプログラムの大きな目的です。
「アクション」プログラム

「アクション」プログラム

近隣地域の子ども(園児・小学生)を対象にしたアクションプログラム「子ども来る祭」

身近なことから世界のことまで、多彩なテーマに「心理」からアプローチする「アクション」の数々

「心理コミュニケーション」と聞いて、あなたはどんなことをイメージしますか? 心理からアプローチできるテーマは、実はあなたの想像以上に多いのです。

心理&コミュニケーション&

  • &まつり
  • &キャラクター
  • &無人島
  • &お屋敷
  • &情報誌
  • &ホラー
  • &ネコ
  • &グッズ

1.地域の盆踊りを調査し大会を企画・実施。イベント盛りだくさん。2.学生が考案したゆるキャラがOIUの広報活動を展開。3.兵庫県の無人島(家島)で1泊2日の学外演習。4.守口市教育委員会と共催。もりぐち歴史館でのお月見イベント。5.学生が企画・取材した町情報を掲載する観光情報誌を作成。6.心理学をベースにして仕掛けを作ったお化け屋敷。出張イベントなども。7.野良猫観察など猫を調査するサークル。8.活性化するインバウンドビジネスを身をもって体験するためのインターンシップ。