学部・学科・大学院

学びのポイント

スポーツの喜びをたくさんの人に伝えるプロになる。

学びのポイント

バランスの良い「理論&実践」で競技力・指導力をつける。

今や、世界的ビジネスに成長したスポーツ産業。一方、各地域でも、趣味や健康づくりの一環としてスポーツに親しむ人は増えています。本学科では、科学的な知識とスキルを身につけ、幅広い分野でスポーツの喜びを多くの人に伝える人材を目指します。

考え指導する力

●教育分野

身体のメカニズム

●健康分野

スポーツとビジネス

●マネジメント分野

バランスの良い「理論&実践」で競技力・指導力をつける。

クラブとの両立ができ、専門知識を実践に活かせる。

将来のためにしっかり勉強したいものの、大好きなスポーツにも打ち込みたい・・・。そんな希望を持つ人も、スポーツ行動学科なら、クラブ活動と勉強の両立が可能です。医学・体育学・栄養学などの専門知識を競技に活かして効率的な学びを実現できます。

3分野の学びをアクションによって確かなものにする。

海外研修を通じて現地のスポーツ事情と文化を学ぶ。

海外のスポーツ事情・文化に触れながら、日本のスポーツ施設やインストラクターの指導法との違いなどを研究する本学科独自のプログラム「ゴールドコースト(オーストラリア)海外研修」を設けています。現地では実習先の「スポーツ・スーパー・センター」内の宿泊施設で生活し、午前は多種多様なエクササイズのコース、午後には各施設での研修を体験。スポーツ三昧の充実した日々を過ごしながら、現地のスポーツ事情と文化を学びます。

3分野の学びをアクションによって確かなものにする。