学部・学科・大学院

学習モデル

生涯の仕事が見つかる 3分野の学び

教育・健康・マネジメントという3つの学びの分野を用意。専門性を高めながら理想の進路を探ります。

教育 分野

子どもたちの心身を育む教育者を目指す。

STUDY INFO
THEME 1

教育者を目指し、「中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)」に必要な学びとともに、スポーツ・運動の科学的知識をもとに的確な実践理論と指導法を学修します。

SKILL 2

生徒にスポーツの楽しさや健康な身体づくりを教える指導力と、理論や知識に基づいたスポーツスキルが身につきます。

FUTUR 3

● 中学・高校保健体育教諭
● 子どもスポーツ教室指導者 など

山崎 未夢STUDENT'S VOICE

山崎 未夢

現在、「教育実習研究Ⅱ」で模擬授業に取り組んでいます。一から指導案を作成し、どう組み立てれば楽しい授業になるのか工夫を重ねています。生徒の印象に残るような授業を行いたいと考えています。

山崎 未夢さん
スポーツ行動学科 3年(鳥取県出身)

授業ルポ 教育実習研究III

「体育理論」「保健」の模擬授業を行う。

「体育理論」「保健」の模擬授業を行う。

保健体育教員の立場に立ち「伝える」方法を学修するため、「教育現場についてのプレゼンテ-ション」をはじめ、指導案の記述作成をもとに、「体育理論」「保健」の模擬授業をします。

湯川 静信 教授

湯川 静信 教授

研究分野:アダプテッドスポーツ分野

健康 分野

人々の健康と豊かな生活を支える人になる。

STUDY INFO
THEME 1

医学、生理学、栄養学、運動処方・療法などの学びを通じて、「健康運動指導士」「健康運動実践指導者」「エクササイズインストラクター」などの資格取得を目指します。

SKILL 2

健康に関連する幅広い知識を修得し、人々の健康と豊かな生活をサポートするトレーナースキルを磨きます。

FUTUR 3

● フィットネスクラブ、介護施設、病院
● 健康運動実践指導者 など

船山 歩美STUDENT'S VOICE

船山 歩美

運動処方の授業でリハビリテーションに興味を持ちました。セミナーでは高齢者向けの運動教室を開催し、運動指導を行っています。在学中に健康運動実践指導者と健康運動指導士の資格取得を目指しています。

船山 歩美さん
スポーツ行動学科 3年(大阪府出身)

授業ルポ ウォーターエクササイズ基礎

4泳法を習得し、水中運動指導を学ぶ。

4泳法を習得し、水中運動指導を学ぶ。

スポーツ行動学科の卒業必須科目の一つです。4泳法(クロール・背泳ぎ・平泳ぎ・バタフライ)の習得および泳力の向上を図るとともに、水中運動指導の安全管理と安全対策や、着衣水泳についても学びます。

新村 由恵 准教授

新村 由恵 准教授

研究分野:健康スポーツ医学

マネジメント 分野

地域におけるスポーツ振興の担い手になる。

STUDY INFO
THEME 1

子どもから大人、高齢者、障がい者までのスポーツを学ぶと同時に、インターンシップなどを通じて、スポーツ関連企業で役立つ知識と実践能力を養っていきます。

SKILL 2

人々にスポーツをする喜び、楽しさを知ってもらう学びを通して、マネジメント力はもちろんのこと、企画・運営力といったビジネススキルを磨いていきます。

FUTURE 3

● スポーツイベント企画・運営会社
● スポーツ関連企業 など

内芝 侑里奈STUDENT'S VOICE

内芝 侑里奈

セミナーでは「スポーツ婚活」をテーマに研究を行っています。先日はニュースポーツを通して婚活を行うイベントを開催しました。この学びを応用し、いつか地元でスポーツイベントを企画してみたいです。

内芝 侑里奈さん
スポーツ行動学科 3年(和歌山県出身)

授業ルポ スポーツ安全管理

スポーツを安全に行うための指導方法。

スポーツを安全に行うための指導方法。

スポーツは楽しく行うものですが、それ以前に安全に行うものでなくてはなりません。本科目ではスポーツ指導を安全に行うために、身につけておくべき指導者としての心構えや指導方法などについて学修します。

舩越 達也 准教授

舩越 達也 准教授

研究分野:スポーツマネジメント、スポーツビジネス