学部・学科・大学院

学習モデル

生涯の仕事が見つかる 3分野の学び

教育・健康・マネジメントという3つの学びの分野を用意。専門性を高めながら理想の進路を探ります。

教育 分野

子どもたちの心身を育む教育者を目指す。

STUDY INFO
THEME 1

教育者を目指し、「中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)」に必要な学びとともに、スポーツ・運動の科学的知識をもとに的確な実践理論と指導法を学修します。

SKILL 2

生徒にスポーツの楽しさや健康な身体づくりを教える指導力と、理論や知識に基づいたスポーツスキルが身につきます。

FUTUR 3

● 中学・高校保健体育教諭
● 子どもスポーツ教室指導者 など

細見 奈穂STUDENT'S VOICE

細見 奈穂

運動体験を通じて、一人でも多くの子どもにスポーツを好きになってもらいたいとの想いから、教員を目指しています。現在、学習指導力を身につけるため、模擬授業に取り組んでいます。

細見 奈穂さん
スポーツ行動学科 3年(兵庫県出身)

授業ルポ 教育実習III

教育実習前の実践的な授業。

教育実習前の実践的な授業。

専門教養、教職教養、一般教養を総合的に活用し、模擬授業と教育課題探求を通して、保健体育教員としての教科指導法や生徒指導のあり方など実践的な指導力を養います。また、教育実習に対する責務について認識を深めます。

安松 秀 教授

安松 秀 教授

研究分野:教育学

健康 分野

人々の健康と豊かな生活を支える人になる。

STUDY INFO
THEME 1

医学、生理学、栄養学、運動処方・療法などの学びを通じて、「健康運動指導士」「健康運動実践指導者」「エクササイズインストラクター」などの資格取得を目指します。

SKILL 2

健康に関連する幅広い知識を修得し、人々の健康と豊かな生活をサポートするトレーナースキルを磨きます。

FUTUR 3

● フィットネスクラブ・トレーナー
● 健康運動実践指導者 など

川越 瑞稀STUDENT'S VOICE

川越 瑞稀

プロチームのスポーツトレーナーになるという夢を持っています。「スポーツリハビリテーションⅠ・Ⅱ」の授業で学んだスポーツ外傷に関する知識や、処置の仕方などを将来に活かしていきたいです。

川越 瑞稀さん
スポーツ行動学科 3年(高知県出身)

授業ルポ スポーツリハビリテーションII

座学と実技で学ぶリハビリテーション。

座学と実技で学ぶリハビリテーション。

「高齢者や有疾患者の疾病予防や身体機能の維持・回復に向けた運動療法」の効果を知るとともに、リハビリテーション実践に向けた知識・技能を座学や実技を通して習得します。

新村 由恵 准教授

新村 由恵 准教授

研究分野:健康スポーツ医学

マネジメント 分野

地域におけるスポーツ振興の担い手になる。

STUDY INFO
THEME 1

子どもから大人、高齢者、障がい者までのスポーツを学ぶと同時に、インターンシップなどを通じて、スポーツ関連企業で役立つ知識と実践能力を養っていきます。

SKILL 2

人々にスポーツをする喜び、楽しさを知ってもらう学びを通して、マネジメント力はもちろんのこと、企画・運営力といったビジネススキルを磨いていきます。

FUTURE 3

● スポーツイベント企画・運営会社
● スポーツ関連企業 など

細口 清香STUDENT'S VOICE

細口 清香

授業でさまざまなスポーツの楽しみ方を自ら体験し、
「する」「みる」「ささえる」スポーツとの関わり方をどうマネジメントしていくかを深く学んでいます。ゼミではスポーツ婚活イベントに取り組んでいます。

細口 清香さん
スポーツ行動学科 3年(大阪府出身)

授業ルポ スポーツ施設用具論

スポーツ指導に不可欠な施設・用具の知識。

スポーツ指導に不可欠な施設・用具の知識。

スポーツを行なうためには用具が必要です。また場所や施設も確保しなければなりません。本科目ではスポーツ指導を安全にかつ効果的に行うために、技術面だけでなく施設や用具に関する知識を習得します。

舩越 達也 准教授

舩越 達也 准教授

研究分野:スポーツマネジメント、スポーツビジネス