学部・学科・大学院

学習モデル

「旅」を仕事にする 3分野の学び

語学と観光ビジネスの知識と実践力を3つのコースで学び理想の進路を目指します。

観光・ホスピタリティコース

日本・世界の魅力を旅行者に発信する人になる。

STUDY INFO
THENE 1

英語や中国語などの語学とともに、日本文化・異文化を学習し、観光ビジネス関連の学びを深めます。また、英語や中国語などの実践的な語学能力を磨きます。

SKILL 2

語学の基本技能はもちろんのこと、観光ビジネスに対する実践力や日本文化を発信する力を養います。また、ホスピタリティを学ぶことで得る「おもてなしの心」を身につけます。

FUTURE 3

● ホテルスタッフ ● 旅行関連企業 ● エアライン関連企業 ● テーマパーク関連企業 など

比嘉 怜奈STUDENT'S INFO

比嘉 怜奈

エッセイを書いたりグループでレポートを作成したりする少人数制の授業で、英語力を高めています。観光に興味があるので、大学から紹介された関空ボランティアに参加。英会話に自信がつくのも魅力です。

比嘉 怜奈さん
国際観光学科 2年(沖縄県出身)

授業ルポ エアライン実務

航空業界を実務体験から学ぶ。

航空業界を実務体験から学ぶ。

航空業界事情や業務内容、また航空ホスピタリティ・サービスについて研究します。ワークや演習などを取り入れた多彩な学びが特徴で、実務体験に基づく臨場感あふれる講義が展開されています。

久保 由加里 准教授

久保 由加里 准教授

研究分野:観光学、ホスピタリティマネジメント

異文化交流コース

異文化・日本文化への理解を深めそれを活かして日本と他国をつなぐ人になる。

STUDY INFO
THEME 1

異文化や他国を理解する力をつけると同時に、日本文化について知識を深めます。さまざまな文化や人々に触れ、自ら発信し表現できる能力を養います。

SKILL 2

異文化を理解する力、イベントなどを企画・運営する力、相対的にモノゴトを考える力などを身につけます。

FUTURE 3

● ツアーコンダクター ● 通訳・翻訳 ● 観光・旅行関連企業 ● 日本語教師 など

杉山 ひかるSTUDENT'S VOICE

杉山 ひかる

セミナーで観光資源に関連する学びを深めています。3年次には、ニュージーランド留学を予定。いろいろな国や地域から来た留学生とのふれあいを通して、多くのものを吸収したいと思っています。

杉山 ひかるさん
国際観光学科 2年(沖縄県出身)

授業ルポ 比較文化論

国際社会を生きぬくために、異文化を理解する。

国際社会を生きぬくために、異文化を理解する。

現代の国際社会は、多文化・多民族・多宗教的社会です。その中で生きぬくために異文化を比較し、理解をし、多様性の認識をし、偏見や差別をなくし、異文化や他者との良好な関係を築くことがこの授業の目的です。

佐島  隆 教授

佐島  隆 教授

研究分野:宗教人類学、宗教民俗論、トルコと日本の比較研究、アレヴィー/ベクタシ研究

学芸員・文化ビジネスコース

歴史や民俗、芸術を学びながら国家資格「学芸員」の取得を目指す。

STUDY INFO
THEME 1

考古学、歴史学、民俗学、芸術・・・人間が生み出した文化を知り、発信する力を身につけます。あわせて国家資格である「学芸員」資格を取得するための科目を学びます。

SKILL 2

世界の歴史や文化を学ぶことで、モノゴトを見極める力が培われます。また、学芸員に求められる文化を理解する力とともに、プレゼンテーション力も身につきます。

FUTURE 3

● 博物館・美術館職員 ● ギャラリースタッフ ● 出版・メディア関連企業 ● カルチャーセンター講師・職員 など

日塔 敏男STUDENT'S VOICE

日塔 敏男

中国留学を経て、大学で出合った異文化コミュニケーションへの興味が深まりました。時間が足りないくらい、学びたいことが増えていきます。語学と学芸員資格を軸に、今は自分の世界を広げています。

日塔 敏男さん
国際観光学科 3年(大阪府出身)

授業ルポ 博物館実習

学芸員の知識や技術を身につける。

学芸員の知識や技術を身につける。

大学の内外で実施される実習を通じて博物館資料の扱い方や保存に関する基礎知識を修得し、さらに各地の博物館・美術館における「館園実習」において、学芸員としての知識や技術を身につけます。

笠井 敏光 教授

笠井 敏光 教授

研究分野:考古学、博物館学、市民文化論、文化政策学、生涯学習論