学部・学科・大学院

学習モデル

「旅」を仕事にする 3分野の学び

語学と観光ビジネスの知識と実践力を3つのコースで学び理想の進路を目指します。

観光・ホスピタリティコース

日本・世界の魅力を旅行者に発信する人になる。

STUDY INFO
THENE 1

英語や中国語などの語学とともに、日本文化・異文化を学習し、観光ビジネス関連の学びを深めます。また、英語や中国語などの実践的な語学能力を磨きます。

SKILL 2

語学の基本技能はもちろんのこと、観光ビジネスに対する実践力や日本文化を発信する力を養います。また、ホスピタリティを学ぶことで得る「おもてなしの心」を身につけます。

FUTURE 3

● ホテルスタッフ ● 旅行関連企業 ● エアライン関連企業 ● テーマパーク関連企業 など

堀田 茉莉子STUDENT'S INFO

堀田 茉莉子

観光や旅行に関する授業は、新たな発見がたくさんあり、興味深いです。2年次で国内旅行業務取扱管理者の資格を取得しました。旅行業界で通用する資格を多く取得し、グランドスタッフを目指します。

堀田 茉莉子さん
国際観光学科 2年(大阪府出身)

授業ルポ エアライン実務

観光・集客産業のあるべき姿を学ぶ。

観光・集客産業のあるべき姿を学ぶ。

経済や地域を活性化させる重要な基幹産業として観光・集客産業が注目されています。講義では、観光・集客産業のもたらすさまざまな効果や、個別の産業の現状を知り、そこから課題を抽出して、観光・集客産業のあるべき姿について検証します。

北 邦弘 教授

北 邦弘 教授

研究分野:観光ビジネス

異文化交流コース

異文化・日本文化への理解を深めそれを活かして日本と他国をつなぐ人になる。

STUDY INFO
THEME 1

異文化や他国を理解する力をつけると同時に、日本文化について知識を深めます。さまざまな文化や人々に触れ、自ら発信し表現できる能力を養います。

SKILL 2

異文化を理解する力、イベントなどを企画・運営する力、相対的にモノゴトを考える力などを身につけます。

FUTURE 3

● ツアーコンダクター ● 通訳・翻訳 ● 観光・旅行関連企業 ● 日本語教師 など

大村 悠莉STUDENT'S VOICE

大村 悠莉

語学の授業がきっかけで興味を持った韓国に、1年間留学しました。現地の人との交流を通して、言葉でつながる大切さを実感。今後も海外について学びを深め、国際感覚を養っていきたいです。

大村 悠莉さん
国際コミュニケーション学科 3年(大阪府出身)

授業ルポ 異文化コミュニケーション

エアライン業界の“いま”を知る授業。

日本では「常識」でも、他国では?

日本人、留学生双方の当たり前だと思っている「常識」や「習慣」がどれくらいかけ離れているのかを理解し、それをきっかけに広く世界の文化の違いを具体的な例を通して学んでいきます。国際人としての資質を身につけられるよう、楽しみながら学んでいきましょう。

小瀬木 えりの 教授

小瀬木 えりの 教授

研究分野:フィリピン地域研究、文化人類学、比較社会学

学芸員・文化ビジネスコース

歴史や民俗、芸術を学びながら国家資格「学芸員」の取得を目指す。

STUDY INFO
THEME 1

考古学、歴史学、民俗学、芸術・・・人間が生み出した文化を知り、発信する力を身につけます。あわせて国家資格である「学芸員」資格を取得するための科目を学びます。

SKILL 2

世界の歴史や文化を学ぶことで、モノゴトを見極める力が培われます。また、学芸員に求められる文化を理解する力とともに、プレゼンテーション力も身につきます。

FUTURE 3

● 博物館・美術館職員 ● ギャラリースタッフ ● 出版・メディア関連企業 ● カルチャーセンター講師・職員 など

中口 春樹STUDENT'S VOICE

中口 春樹

グローバル短期研修でベトナムを訪問しました。現地で感じたのは、日本人として日本文化をもっと知るべきだということ。現在、授業で日本の伝統文化や日本語の奥深さについて学びを進めています。

中口 春樹さん
国際コミュニケーション学科 3年(和歌山県出身)

授業ルポ 博物館資料論

学芸員に必要なテクニックとは?

学芸員に必要なテクニックとは?

「博物館」を舞台に活躍する文化や歴史、芸術のプロ、学芸員資格取得のための科目。絵画や陶磁器などの資料の扱い方や、その魅力を紹介する文章執筆能力、ギャラリートークのテクニックも学びます。美術館でのボランティアのチャンスも提供します。

村田 隆志 准教授

村田 隆志 准教授

研究分野:日本美術史、書道史、博物館学、アートマネジメント