短大紹介

大学紹介

「南山城村健康ウォーキングコース開発」プロジェクト―観光・健康の観点からトライアルウォークを実施―

19/04/11

コース途中の滝

 南山城村の美しい景観を活かした健康ウォーキングコースを開発して、村外からの誘客と参加者の健康づくりに貢献する「南山城村健康ウォーキングコース開発」プロジェクトのトライアルウォークを行いました。参加者は茶畑の美観、自然豊かなコース、新鮮な特産物などに満足していただきました(3/29)。

日本茶800年の歴史散歩

幻の里道を蘇らせ、初のトライアルウォーク

自然の家、道の駅、コース、茶畑

担当教員:横山 誠 准教授、西岡ゆかり准教授
参加者:一般参加のシルバーの方々13名
サポート学生:プレッパーズ部の高橋孝介さん、川端優耶さん、王靖さん
山田幸希さん
地域協働センター:池田、山本

本プロジェクト
本学が京都府から「1(ひと)まち1(ひと)キャンパス事業(大学・地域連携プロジェクト支援)」の補助金交付の許可を得たことに伴う事業です。

補助金の獲得
田中優教授(経営経済学部経済学科)から京都府の「1(ひと)まち1(ひと)キャンパス事業」の情報提供を受け、南山城村役場と本学教職員とで連携して実現したものです。

京都府の「1(ひと)まち1(ひと)キャンパス事業」の趣旨
 京都全体をキャンパス化し、大学と地域が結びついた教育環境を整えることで、学生の地域活動の負担を軽減することを目的とします。

【関連】
幻の里道を蘇らせ、南山城村村長へ提案―「南山城村健康ウォーキングコース開発」プロジェクト―

「南山城村健康ウォーキングコース開発」プロジェクト―南山城村役場にて中間報告―

「南山城村健康ウォーキングコース開発」プロジェクトの始動―日本茶のふるさと南山城村の新たな魅力を提案―

お知らせ一覧へ

ページの先頭へ