人間科学部  スポーツ行動学科

多くの人にスポーツの
楽しさを伝えるプロに。

スポーツ行動学科のさまざまな取り組みや最新情報を紹介しています。 Facebookページはこちらから

  • POINT1
    バランスの良い
    「理論&実践」
    競技力・指導力をつける。
  • POINT2
    クラブとの両立ができ
    専門知識を
    実践に活かせる。
  • POINT3
    海外研修を通じて
    現地のスポーツ事情
    と文化
    を学ぶ。

スポーツ界で活躍できる指導力・実践力を養成! 

3つの分野
教育分野
教育分野
「中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)」に必要な学びに加えて、スポーツ・運動の科学的知識をもとに的確な実践理論と指導法を学ぶことによって、生徒にスポーツの楽しさや健康な身体づくりを教える指導力と、理論や知識に基づいたスポーツスキルが身につきます。
健康分野
健康分野
医学、生理学、栄養学、運動処方、アスレティックトレーニングなどの学びを通じて、「健康運動指導士」「健康運動実践指導者」「トレーニング指導者」「フィットネスインストラクター」などの資格取得をめざし、人々の健康とアスリートをサポートするためのスキルを磨きます。
マネジメント分野
スポーツマネジメント分野
スポーツ関連企業やプロスポーツチームなどと連携して実際のスポ一ツマネジメントを学びます。実践を通じて体験することで、机上の空論ではなくスポーツマネジメントの現場力を養います。また、企画立案からプレゼンテーションの手法などを通じてスキルを磨き、ビジネススキルが向上できます。
まるわかり!スポーツ行動学科
  • 教育の特色・学科の特徴
  • 学習モデル
  • 教職インテンシブプログラム
  • カリキュラム
  • リアルストーリー
  • 教員紹介