ライフデザイン総合学科の教育目的

 高い教養を基礎にし、ビジネス・地域貢献・国際交流に必要な知識を修得し、豊かな生活を創造する人材を育成することを目的とする。
 ライフデザイン総合学科には、この教育目的のもと、3コースを設けている。各コースの教育目的は以下のとおりである。

①栄養士コース

 食と栄養に関する専門的知識と実践的能力を備えた人材を育成する。具体的には、栄養士、栄養教諭などの人材育成である。

②キャリアデザインコース

 ビジネス全般にかかわる知識と実践的能力を備えた人材、福祉・医療に関する幅広い知識を備えた人材、情報ビジネスにかかわる知識と実践的能力を備えた人材を育成する。具体的には、一般事務職・販売職・医療事務職・介護職スタッフなどの人材育成である。

③観光・英語コース

 観光・国際ビジネスにかかわる知識と実践的能力を備えた人材、英語を活かして社会で活躍できる人材を育成する。具体的には、統合型リゾート・ホテル・旅行・エアライン・鉄道業界のスタッフ、商社、メーカー、英語学校のスタッフなどの人材育成である。

幼児保育学科の教育目的

 高い教養を基礎にし、保育に必要な専門知識・技能を修得した人材を育成することを目的とする。
 具体的には、幼稚園教諭二種免許状、保育士資格、レクリエーション・インストラクター資格、認定ベビーシッター資格を有した保育に関わる人材育成である。

ページの先頭へ