短大紹介

大学紹介

「優秀賞」受賞!社会人基礎力育成コンテスト近畿地区大会に関西空港駅ボランティア(AKV)リーダー学生たちが出場!

18/12/18

平成30年度 人生100年時代の社会人基礎力育成グランプリ(近畿地区予選大会)
「優秀賞」受賞!

社会人基礎力育成グランプリとは、学生達が行ってきた活動の内容と「社会人基礎力」の成長の度合いを評価するコンテストです。この近畿地区予選大会では出場15チームの中から、第1レーン、第2レーンと発表チームが分かれ、それぞれのレーンで「最優秀賞」「優秀賞」「審査委特別賞」が授与されました。社会人基礎力とは「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」 と経済産業省が提唱しているもので、「社会人基礎力育成グランプリ」では大学のゼミ・研究・授業等を通じて、どれだけ社会人基礎力が伸びたかをチームで競います。本学からは「JR関西空港駅 外国人旅行者へのおもてなしボランティア -チームAKV-」として教員1名、学生3名、JR社員1名が出場し、今まで何十回も参加し活動してきたJR関西空港駅でのボランンティア活動(AKV)を通じて、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」がどれだけ成長したか、また大学での学んだ専門知識をどれだけ深めることが出来たかを発表しました。

左から、阪口客員教授、稲川真美さん、辻野志帆さん、宮城美海さん、
JR関西空港駅係長木村信也氏

【参加学生の感想】
リーダー 辻野 志帆さん(ライフデザイン総合学科 2年次生)
"社会人基礎力コンテストに初めて参加したことで、社会人になる上で重要なことを、ほかのチームからも沢山学びました。来年度は、全国大会まで進めるよう、さらにこの関西空港駅ボランティア(AKV)をもっと盛り上げていきたいと感じました。"

サブリーダー 宮城 美海さん(国際観光学科 3年次生)
"これまでの関西空港駅ボランティア(AKV)もとても充実していましたが、社会人基礎力コンテストに出た事で、改善点などが明確にできました。また他大学の活動を見る事で、大変刺激を受けました。これからも良い活動にしていく為に頑張りたいと思います。"

稲川 真美さん(国際観光学科 2年次生)
"プレゼンテーションを学外で行い、色々な方々に聞いて見てもらうという事、また優秀賞を受賞した事が、自分にとってとてもいい経験になりました。自分達の望みは最優秀賞を取ることでしたが、またこれも何かの理由があるから後1歩の所で止まったのだと思っています。来年のグランプリにも再度挑戦できるよう、これからの活動を頑張りたいと思います。"

【関連】
一般社団法人社会人基礎力協議会HP 地区予選大会結果
https://www.mda.ne.jp/kisoryoku/2018_yosen.php

お知らせ一覧へ

ページの先頭へ