幼児保育学科 授業&学び紹介

01 基礎を学ぶ

子どもの保健

保育の総合分野 | 子どもの保健

子どもの健康保持・増進に
必要とされる知識を身につける。
子どもの発育・発達、形態機能、運動機能、精神機能、社会認知機能の発達を学修し、子どもの生活行動と関連させながら健康の保持・増進に必要な知識を深めます。

幼児体育

体育分野 | 幼児体育

幼児の運動遊びや表現遊びを
体を動かしながら学びとる。
幼児の運動遊びや表現遊びを保育の中で実践できるよう知識や技能を学修します。幼稚園や保育所で行われているさまざまな遊びを実際に体験し、工夫や創造をすることで学生の柔軟な発想力を引き出します。

幼児の表現Ⅰ

音楽分野 | 幼児の表現Ⅰ

歌や器楽、音楽など手段を用いて
豊かな感性や表現力を養う。
歌、器楽、音楽、身体表現その他さまざまな表現の手段を用いて、豊かな感性や表現力を養い、音楽的な表現方法を磨きます。また、乳幼児を対象とする音楽的な表現活動の指導法も学修します。

美術理論

美術分野 | 美術理論

色や形に関する
研究を通して保育に活かす美術を理解する。
色や形による表現の基礎・基本的なことがらと、その活用について研究します。保育に活かす美術のあり方についての理解を深め、豊かな感性と表現する力を養います。

02 実践に挑む

キッズスポーツⅤ(キャンプ)

キッズスポーツⅤ(キャンプ)

野外活動で自然体験学習を実践する。
キャンプの企画・運営の理論・技能を修得し、自然体験の学びの中で仲間とコミュニケーションを図ることで人間性を高めます。

保育技術演習

保育技術演習

体験的学習や実技で、保育技術を身につける。
多様な体験的学習や実技を通して、保育者に必要な保育技術を身につけ、自分を表現する気持ちを養成します。

ページの先頭へ