ライフデザイン総合学科|教員紹介

海老澤 薫(エビサワ カオル)
氏名 海老澤 薫(エビサワ カオル)
英文 Ebisawa Kaoru
大学名 大阪国際大学短期大学部
学部  
学科 ライフデザイン総合学科
職階 講師
役職  
学位 修士(学術/お茶の水女子大学大学院前期博士課程人間文化研究科ライフサイエンス専攻)
お茶の水女子大学大学院博士後期課程人間文化研究科人間環境科学専攻単位修得満期退学
担当科目  
所属学会 日本家政学会
研究分野 食品化学
研究業績 【修士論文】
烏龍茶葉中のNerolidolの化学的特性:お茶の水女子大学大学院博士前期課程人間文化研究科ライフサイエンス専攻修士論文, 2003

【学術論文(査読無し)】
1) IS NEROLIDOL FORMED BY STEAM DISTILLATION IN OOLONG TEA?: K. Ebisawa, Y. Morimitsu and K. Kubota, Proceedings of ICOS 2004, pp. 232~233, 2004
2) AROMA COMPOSITION OF HEAD GAS FROM BLACK TEAS USING SPME METHOD: K. Ebisawa, I. Yamaguchi and M. Kawakami, Proceedings of ICOS 2007, Pr-P-108, 2007
3) NEWLY IDENTIFIED AROMA COMPOUNDS IN HEAD GAS OF JAPANESE GREEN TEA: M. Kawakami and K. Ebisawa, Proceedings of ICOS 2007, Pr-P-107, 2007
4) DIVERSITY OF DARJEELING TEA FLAVOR: M. Kawakami and K. Ebisawa, Proceedings of ICOS 2010, Pr-P-76, 2010

【学会発表】
1.口頭発表
1)烏龍茶葉中のNerolidolについて: 海老澤薫, 王冬梅, 森光康次郎, 吉井文子, 久保田紀枝, 第46回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2002
2)烏龍茶香気の自律神経系へ及ぼす影響: 海老澤薫, 本田みどり, 森光康次郎, 久保田紀久枝, 第49回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 2005

2.ポスター発表
1) IS NEROLIDOL FORMED BY STEAM DISTILLATION IN OOLONG TEA?: K. Ebisawa, Y. Morimitsu And K. Kubota, ICOS 2004, 2004
2)干しイモの製品特性研究と学生による新商品開発: 川上美智子、日水教子、海老澤薫, 第53回日本栄養改善学会学術総会, 2006
3)AROMA COMPOSITION OF HEAD GAS FROM BLACK TEAS USING SPME METHOD: K. Ebisawa, I. Yamaguchi And M. Kawakami, ICOS 2007, <2007>
4)DIVERSITY OF DARJEELING TEA FLAVOR: M. Kawakami, K. Ebisawa and L. P. Bhuyan, ICOS 2010, 2010
顔写真

教員一覧へ戻る