キャリアサポートセンター長メッセージ

 平素は本学卒業生の採用につきまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部は、「建学の精神である『全人教育』を基礎として、礼節を重んじ、世界に通じる心豊かな人間を育成する」ことを理念とし、日々正課としての学びの他、海外研修・留学、クラブ活動等の課外教育、地域ボランティア等の地域協働活動といった“三本の矢”での、現場体験に基づいた学び、実践型の教育に取り組んでいます。本年度は大阪国際大学で約580名、短期大学部で約280名の卒業生を予定しています。

 本年は年初からの新型コロナの感染拡大により、本学としても細心の注意を払いながら、遠隔での授業開始(4~5月)と再開(7~8月)。また状況が改善をした6月には“3密”を避ける形での対面型の授業を実施してまいりました。オンラインでは実践型教育・アクティブラーニングを柱とする本学の教育の強みが発揮しにくい難しさはありますが、オンラインならではの個別指導や丁寧な授業のフィードバック等、学長のリーダーシップのもと、今できることを最大限に実施することを念頭に教職員一体となり、“Withコロナ”に取り組んでいます。

 キャリアサポートセンター(CSC)としても、学生の登学禁止となった3月から全面的にオンラインによるリモート相談に、また合同企業説明会もリモートによるWEB企業説明会に切り替えて展開をしています。本学にてオンライン説明会を初めて実施したという企業様も多く、当初はオンラインへのなじみが薄かった学生並びに企業様も現在では当たり前に活用いただき、企業と学生を結ぶ貴重な機会として定位置を獲得した形です。

 学生からは、オンラインでは実感がわかない、企業様の雰囲気や実態が分かりにくいという意見もありますが、実際のオンライン展開の中で、移動に時間と費用がかからない、多様な業種職種を研究できる、発言やチャットで質疑応答が即時にやり取りできるとそのメリットも発見・活用しながら、外部のナビ会社や各企業様が主催するのオンライン説明会・選考会に進んでいます。

 与えられた環境を是とし、今できることを考え実行に移していく。学生達もいろいろな成長の機会を失っていることを否めませんが、今は自らを持して、この機会だがら学べることを学び、悔しさや残念な思いは伸張時のバネとしていくようにと指導・支援している次第です。

 キャリアサポートセンターは、それぞれのキャンパスライフを過ごしてきた学生が、明日を支える社会人として旅立っていけるように、個々の成長・特性に併せた相談対応を通じて 一人一人の就職活動をしっかりと支援しています。是非とも、本学学生の将来性・潜在力にご着目いただき、今後の採用活動につきましては、より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部
キャリアサポートセンター長 髙橋広明