短大紹介

大学紹介

ライフデザイン総合学科 守口市と連携した授業「地域研究」

18/06/06

 

短期大学部ライフデザイン総合学科 では、2016年度より2年次生を対象とした科目「地域研究」(担当:古田雄一講師)を開講しています。
3年目となる本年度は、守口市役所(こども政策課、広報広聴課、危機管理室)および公益財団法人守口市国際交流協会の協力のもと、短大生の力や発想を活かして、守口市の課題の解決に取り組むという授業を行っています。

5月10日(木)には、守口市役所の方々にお越しいただき、守口市および各課の概要や、守口市の現状や課題、そして学生が今後取り組む「ミッション」をお示しいただきました。普段はなかなか接点のない市役所の方々の話に、学生たちは真剣に耳を傾けていました。
ご多用の中、お越しいただいた守口市役所の方々に、改めて御礼申し上げます。

 

その後、学生たちは、「子ども・子育て」「広報・発信」「防災」「国際交流」のいずれかのテーマを選択し、課せられたミッションにグループで取り組み始めています。同世代への調査、実際に使う配布物等の製作、新しい企画の提案など、その内容は多岐にわたります。普段の授業とは異なる体験ができるためか、学生たちは皆楽しみながらも真剣に取り組んでいます。

お知らせ一覧へ

ページの先頭へ