3つのポリシー

大阪国際大学短期大学部はディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーおよびアドミッション・ポリシーを以下のように定めます。

ディプロマ・ポリシー

 本学カリキュラムに定められた科目を履修し、学則に定める卒業要件を満たした、以下 の能力を備えた学生に対して、卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 修得した専門分野の基礎的知識や技術を基にし、社会及び自己の課題を発見し、考え、解決に取組み続けることができる人間
  2. 他者を尊重し、協働して社会で活躍できる人間
  3. 豊かな人間性や社会を自律的に生き抜くための総合的判断力を持ち、誠実に物事に取組み、社会から信頼され得る、心豊かな人間
カリキュラム・ポリシー

  本学は、「建学の精神」と「教学の基本」のもと、「総合的な教養教育」と「幅広い職業 人の養成」を本学の基本機能として教育を行います。また正課内および正課外授業によ って、学士力および社会的汎用性のある基礎的な能力を培います。

  1. 教育課程編成の体系化
    ア) 基礎的な学力と豊かな教養を身につけさせる科目を配置する。
    イ) セミナーを初年次から卒業年次まで配置する。
    ウ) 各学部学科の専門学修及び特色を活かした科目を配置する。
    エ) コア科目を設定して、教育内容を明解にする。
    オ) キャリア形成を支援するため、キャリア教育科目を配置する。
    カ) 実社会への適用を図るため、実践的な科目を配置する。
  2. 教育方法、教育充実の取り組み
    ア) 授業の質を保持しつつ、学生の興味を惹き出し、探究心に応え、単なる知識の提供でなく、学生に思考させる教育を重視する。
    イ) 学生が主体となる参加型授業を展開して、学生の自立性を培う教育を実践する。
    ウ) 少人数クラスによる、きめ細かな教育を徹底する。
    エ) 徹底した個別の学生対応を行う。
  3. 成績評価基準
    成績評価の基準を明確にし、シラバスに記載する。
アドミッション・ポリシー
  1. 学ぶ意欲を持ち、他者と協働できる社会人として、各々の分野で活躍するために必要な基礎力を、積極的に身に付けたい人。
  2. 人間や社会への関心と好奇心を有し、自身が学びたい分野を、自己の成長と今後の人生につなげ、活躍していきたいという強い意欲を持つ人。

1 短期大学部 ライフデザイン総合学科

ディプロマ・ポリシー

  ライフデザイン総合学科は、建学の精神である「全人教育」と「教学の基本」のもと、グローバルな視野を持ち、暮らしや社会の変化に対応できる知識・能力を備え、ビジネス社会、地域社会、国際交流に貢献できる人材を育成することを目的とし、以下のとおり卒業時において学生が身につける能力を定めます。これらの能力を身につけ本学所定の卒業要件を満たした者に短期大学士(総合人間学または栄養学)の学位を授与します。

  1. 社会人として必要な基礎的知識・職業意識・マナーを身につけている。
  2. パソコンを用いた基本的な文書の作成・データの集計などのコンピュータの活用能力を身につけている。
  3. 日本語や特定の外国語を用いたコミュニケーション能力を身につけている。
  4. 問題を発見し、解決に必要な情報を収集・分析・整理し、その問題を解決する能力を身につけている。
  5. 職業人として社会に貢献できる専門的知識と技術を身につけている。
  6. 栄養士コースにおいては、栄養士の実務に関して必要な専門的知識や技術を身につけている。
カリキュラム・ポリシー

  ライフデザイン総合学科の人材育成の目的を達成するため以下の教育課程を編成します。

  1. 「基本教育科目」では、「現代社会の基礎理解」「人間の基礎理解」「コミュニケーションと情報技術の基礎理解」、「社会生活の基礎理解」の4科目群を配置し、現代社会を理解するために必要な社会や人間に関する基礎知識、情報化社会やグローバル社会を生きるために必要なコンピュータの活用能力、実践的コミュニケーション能力、社会生活を送るために必要な知識や実践的能力を育成する。
  2. 「学科専門教育科目」においては、「基礎科目」として「社会と人間」「ビジネスと情報の基礎」「家庭生活の基礎」の3科目群を設け、ビジネスや家庭生活の場において必要な知識と能力、社会人マナーなどを育成する。
  3. 学科専門教育科目に少人数編成による「セミナー」科目群を設け、勉学に必要な基本的学習スキル(読解、要約、記録、発表 等のスキル)、問題解決のための情報収集と調査・分析に関する能力、専門分野の研究及びレポート作成に必要な文献や資料の読み方、理解した内容を的確に表現する能力を育成する。
  4. 栄養士コースにおいては、「社会生活と健康」「人体の構造と機能」「食品と衛生」「栄養と健康」「栄養の指導」「給食の運営」の6科目群を配置し、栄養士の実務に必要な専門的知識や能力を育成する。
  5. キャリアデザインコース、観光・英語コースにおいては、「ビジネス」「生活」「医療・福祉」「情報」「観光」「英語」の6科目群を配置し、多彩な分野からの選択履修を可能にし、各人の進路に合わせた専門的知識と技術を育成する。
アドミッション・ポリシー

  ライフデザイン総合学科では、学科の教育目的「ビジネス社会、地域社会、国際交流に貢献できる人材の育成」に共感し、将来に向かって何事にも積極的に取り組む人を募集します。さらに、コースごとに、以下の資質を持つ人を求めます。

<栄養士コース>
  栄養士や食のスペシャリストとして、人々や社会に貢献しようとする考えや意欲を持つ人。

<キャリアデザインコース>
  ビジネスや社会生活でのマナーや知識・技能を学び、様々な出会いや経験を通じて豊かな人生を創造し、社会に貢献したいと考えている人。

<観光・英語コース
  国際社会についての知識・マナーや語学力を身につけ、観光業界での活躍や国際交流に貢献したいと考えている人。

  高等学校で履修すべき科目や取得が望ましい資格等

  1. 栄養士コースにおいては、国語、数学、英語、理科の基礎的な内容を理解していること。
  2. キャリアデザインコースにおいては、国語、数学、英語の基礎的な内容を理解していること。
  3. 観光・英語コースにおいては、国語、数学、英語の基礎的な内容を理解しており、特に英語力があること。

2 短期大学部 幼児保育学科

ディプロマ・ポリシー

  幼児保育学科は、建学の精神である「全人教育」と「教学の基本」のもと、高い教養を基礎にし、保育に必要な専門知識・技能を修得した人材を育成することを目的とし、次の能力を身につけ本学所定の卒業要件を満たした者に短期大学士(幼児教育学)の学位を授与します。

  1. 保育者としての社会的使命と責任を自覚し、自己の資質向上のために主体的に授業に取り組み、専門的な知識・技能の修得に努めることができる。
  2. 保育に対する情熱と子どもへの教育的愛情を持ち、子どもの成長・発達段階や個性を理解し、子どもの健やかな成長への援助や協力に積極的に取り組むことができる。
  3. 保護者や地域社会、同僚などとの連携や協力に積極的に取り組むことができ、信頼される保育者となるように、常に努力することができる。
  4. 音楽作品の内容をくみ取り、感性豊かに表現することによって、子どもの発育・発達段階に合わせた、音楽指導ができる。
  5. 子どもの発育・発達段階に合わせた、運動遊び・体育指導ができる。
カリキュラム・ポリシー

  幼児保育学科では、将来の保育者としての豊かな教養と幅広い保育に関する専門知識や技能を修得するため、特色のあるカリキュラムを編成・提供します。
幼児保育学科の教育課程は、「基本教育科目」と、「専門科目」により編成されています。

  1. 「基本教育科目」
    保育者として必要な、幅広い教養を身につけ、礼節を重んじ、世界に通じる心豊かな人間を育成する科目を提供する。
  2. 「専門科目」
    保育士養成課程および幼稚園教員免許教育課程に必要な科目を提供する。保育士資格および幼稚園教諭二種免許取得には、学外実習を必修要件とするが、それぞれの学外実習直前までに、免許・資格関連科目の履修条件を満たしていない場合は、学外実習を履修することはできない。 また、「認定ベビーシッター」や「レクリエーションインストラクター」資格取得に必要な科目も提供する。 「保育技術演習」や「幼児教育演習Ⅰ」「幼児教育演習Ⅱ」等の科目を設置し、専門科目で学んだ知識・技能等をさらに発展的に活用する実技発表などを実施し、様々な表現技術や、企画・構成能力、少人数組織でのコミュニケーション能力、チームワーク、問題解決能力などを学ぶ機会を提供する。
アドミッション・ポリシー
  1. 将来の進路に向かって何事にも積極的に取り組む人。
  2. 幅広く様々なことを学ぶ意欲のある人。
  3. 幼稚園教諭免許と保育士資格取得を目標に、未来を担う子どもたちとともに歩む保育者になろうとする意欲のある人。

  高等学校で履修すべき科目や取得が望ましい資格等

  1. 基本的な生活習慣を身につけていること。
  2. 社会人として必要とされる国語の能力の基礎を身につけていること。
  3. 芸術を愛好し、感性を育み、芸術(音楽・美術・書道など)の諸能力を伸ばしていること。
  4. 健康・安全で活力ある生活を送るための保健体育の基礎が培われていること。
  5. 学習課題等に、最後まで根気強く取り組むことができること。
  6. ボランティア活動等を通じ、幼児保育に関心があること。

ページの先頭へ