栄養士コース(男女共学) コースの特色

経験豊富な講師の指導で、即戦力の栄養士になる!

学びのポイント

学校や保育園(所)、病院、社会福祉施設、給食会社、食品関連企業など栄養士のフィールドは多彩に広がっています。調理・食品・栄養と各分野の経験豊富な教員が、多彩な実験、実習を通じて即戦力となる栄養士を育成しています。

少人数で調理技術を着実にマスター

栄養士コースでは、食品と衛生、栄養指導、給食の運営など、栄養士免許に必要な6分野の専門知識を学びます。調理実習では、小グループ単位で和・洋・中の多彩な料理にチャレンジ。学生一人ひとりにきめ細やかな指導を行うため、調理技術の基礎から応用までを着実にマスターすることができます。

明るくキレイな実習室!

見晴らしの良い6号館5階に、栄養士コース専用の実習室があります。広々とした実習室にはガスコンロ式調理台12台、IHクッキングヒーター内蔵上下可動式実習台1台、先生の手元が映し出されるモニターも設置されています。実習室中央やサイドには作業台が設置され、学生のみなさんが安全で効率よく調理ができるように工夫されています。また、実習室で一番日当たりと見晴らしの良い場所には試食用テーブルが並べられ、ここで自分たちの作った料理を試食します。

授業やイベントを通して実践力をつける

「給食管理実習I・II」の授業では栄養士チームと調理チームにわかれ、お客様(大学付属の幼稚園児、教職員や学生のみなさん)に昼食を提供します。また、地域の子供たちに食に興味を持ってもらうため「地域共催イベント」を開催。学生自ら料理教室や食べ物アトラクションを企画し運営します。楽しく学びながら、プロの栄養士になるために必要なスキルを身につけます。

栄養士と管理栄養士

栄養士免許を活かして、保育園(所)、病院、給食会社などに就職することができます。さらに管理栄養士をめざすには、栄養士コースを卒業して栄養士免許を取得後、3年以上の実務経験を積めば、最短で4年目に管理栄養士の受験資格が得られます。もしくは、短大卒業後に他大学の管理栄養士養成課程に編入学しても受験資格が得ることができます。

取得可能な資格

栄養士免許
栄養教諭二種免許状

ページの先頭へ