短大紹介

大学紹介

遠隔授業の継続について【2021年1月6日更新】

21/01/06

学生の皆様へ
保護者の皆様へ

大阪国際大学
大阪国際大学短期大学部
学長 宮本 郁夫

 新年あけましておめでとうございます。
大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部では、「遠隔授業の継続について【2020年12月2日更新】」でお知らせしておりますとおり、2020年12月25日まで遠隔授業を主として授業を開講いたしました。

 しかしながら、年末年始の飲食店の時短営業要請等の対応にも拘らず全国的な感染者数が高止まりしており、特に関東圏では曜日毎の新規感染者数が過去最高を更新し緊急事態宣言の発出が検討されています。大阪府におきましても、新規感染者数はやや減少傾向にはありますが、依然として重症患者数が増加傾向にあり医療機関は逼迫した状況にあります。本学におきましても、実際に学生の学外での感染が確認されております。
 このような感染拡大状況を鑑みて、学生および教職員の皆様の健康と安全を第一に考え、感染拡大防止策をさらに徹底しつつ、後期授業終講までの間、これまでの対応を延長することといたしました。ご理解とご協力をお願いいたします。

 授業については、1月12日(火)から1月25日(月)(一部の学科は2月1日(月))後期授業終講までの間、セミナー(幼児保育学科は「幼児教育演習」)、大学院・留学生別科・実技・実験・実習は対面授業とし、その他の授業を遠隔授業のまま継続します。
 ただし、授業内容の深い理解を必要とするため、一部の遠隔授業を対面で行うことがありますので、担当教員からの連絡を確認するようにしてください。

 コンピュータ演習室、図書館、各事務局の学生支援等については引き続き利用できます。

 今年度前期は5週間、後期は2週間の対面授業期間となってしまい、学生の皆さんには大変申し訳ありませんが、皆さんの健康と安全のため、何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

お知らせ一覧へ