世界への好奇心が、君を、世界を変えていく

STUDY

ROAD MAP 目指す進路へのロードマップ

国際コミュニケーション学科

1年次
英語・中国語の基礎知識をつける。
1年次では、英語も中国語も基礎からしっかり学び直します。会話やライティング、さらには英語文学や中国の現代社会などの言語背景も学びながら、語学運用の基礎知識をつけます。
2年次
語学運用能力を養成する。
1年次に比べ、英語と中国語の専門科目が圧倒的に増え、充実したカリキュラムを通して語学力アップを目指します。また同時に、教職科目の履修も可能です。
3・4年次
国際ビジネスの現場スキルを身につける。
海外留学・研修などの実践を通して、これまで学んだことを実用レベルへと高め、高度な語学運用能力を修得します。また、国際理解力を高める科目によって、国際的なビジネスの現場で役立つ総合的なスキルも身につけます。そして、これらの学びの成果を卒業研究で発表します。
卒業
語学運用能力が武器のスペシャリストへ。
高度な語学の運用能力を用いて、英語教育、翻訳、通訳、貿易業や流通業などで活躍することができます。また、日本国内あるいは海外において日本語教育に従事する道も開けます。

取得可能な資格
  • ● 実用英語技能検定試験 準1級以上
  • ● TOEIC®600点以上、TOEFL®(iBT)61点以上
  • ● 中国語検定2級以上
  • ● 中学校教諭一種免許状(英語)
  • ● 高等学校教諭一種免許状(英語)

※2019年以降の教職課程は認定申請中
ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

国際コミュニケーション学科 カリキュラム

国際観光学科

1年次
英語・中国語の基礎知識を学ぶ。
英語・中国語の基礎知識を修得します。また、観光資源や旅行業、あるいは世界の文化について学ぶことで、観光地や旅行についての知識を身につけます。
2年次
各分野の専門知識を修得する。
語学運用能力を高めながら、観光とホスピタリティ、文化・ビジネスの専門知識を修得します。各専門分野の中から自分が関心のある分野を選び、より深く学んでいきます。
3・4年次
海外に触れ、実践力を身につける。
海外留学・研修などの実践を通し、高度な語学力と国際観光の実践力を身につけます。さまざまなバックグラウンドを持つ人々と接することで、コミュニケーション能力やホスピタリティ実践力を養うことも可能です。また、文化芸術への理解もさらに深めていきます。
卒業
希望分野での活躍を目指す。
高度な語学の運用能力はもちろんのこと、観光とホスピタリティ、異文化と日本文化に関する知識と実践的能力を用いて、旅行、ホテル、エアラインなどの業界、日本の美術館や博物館など、それぞれの希望する分野で活躍することができます。
取得可能な資格
  • ● TOEIC®600点以上、TOEFL®(iBT)61点以上
  • ● 国内・総合旅行業務取扱管理者
  • ● 国内旅程管理主任者(添乗員)
  • ● 博物館学芸員
  •  

国際コミュニケーション学科 カリキュラム