学部・学科・大学院

教員紹介

奥島 大(オクシマ ダイ)
氏名 奥島 大(オクシマ ダイ)
英文 Okushima Dai
大学名 大阪国際大学
学部 人間科学部
学科 スポーツ行動学科
職階 講師
役職
学位 博士(体育学/鹿屋体育大学)
所属学会 日本体力医学会、日本生理人類学会、日本トレーニング科学会、日本登山医学会、スポーツパフォーマンス研究会、アメリカスポーツ医学会
研究分野 運動生理学、環境生理学、体力科学
研究業績 論文
1.Iannetta D, Okushima D, Inglis EC, Koga S, and Murias JM. Reply to Dr. Grassi. J Appl Physiol 125: 1356-1356, 2018.
2.Amano T, Okushima D, Breese BC, Bailey SJ, Koga S, and Kondo N. Influence of dietary nitrate supplementation on local sweating and cutaneous vascular responses during exercise in a hot environment. Eur J Appl Physiol 118: 1579-1588, 2018.
3.Iannetta D, Okushima D, Inglis EC, Kondo N, Murias JM, and Koga S. Blood flow occlusion-related O2 extraction "reserve" is present in different muscles of the quadriceps but greater in deeper regions after ramp-incremental test. J Appl Physiol 125: 313-319, 2018.
4.Koga S, Okushima D, Barstow TJ, Rossiter HB, Kondo N, and Poole DC. Near-infrared spectroscopy of superficial and deep rectus femoris reveals markedly different exercise response to superficial vastus lateralis. Physiol Rep. 5: e13402, 2017.
5.Breese BC, Poole DC, Okushima D, Bailey SJ, Jones AM, Kondo N, Amano T, and Koga S. The effect of dietary nitrate supplementation on the spatial heterogeneity of quadriceps deoxygenation during heavy-intensity cycling. Physiol Rep. 5: e13340, 2017.
6.佐藤雄太,森寿仁,奥島大,小山田和行,藤田英二,山本正嘉.間欠的な全力ペダリングテスト時の発揮パワーによる柔道選手の瞬発力および持久力の評価.スポーツパフォーマンス研究.9: 227-237, 2017.
7.Okushima D, Poole DC, Barstow TJ, Rossiter HB, Kondo N, Bowen TS, Amano T, and Koga S. Greater VO2peak is correlated with greater skeletal muscle deoxygenation amplitude and hemoglobin concentration within individual muscles during ramp-incremental cycle exercise. Physiol Rep. 4: e13065, 2016.
8.古賀俊策,近藤徳彦,福岡義之,天野達郎,奥島大.高強度のウォームアップ運動が活動筋の酸素動態に及ぼす影響.デサントスポーツ科学.37: 154-160, 2016.
9.Okushima D, Poole DC, Rossiter HB, Barstow TJ, Kondo N, Ohmae E, and Koga S. Muscle deoxygenation in the quadriceps during ramp incremental cycling: Deep vs. superficial heterogeneity. J Appl Physiol. 119:1313-1319, 2015.
10.Fukuoka Y, Poole DC, Barstow TJ, Kondo N, Nishiwaki M, Okushima D, and Koga S. Reduction of VO2 slow component by priming exercise: novel mechanistic insights from time-resolved near-infrared spectroscopy. Physiol Rep. 3: e12432, 2015.
11.Koga S, Barstow TJ, Okushima D, Rossiter HB, Kondo N, Ohmae E, and Poole DC. Validation of a high-power, time-resolved, near-infrared spectroscopy system for measurement of superficial and deep muscle deoxygenation during exercise. J Appl Physiol. 118: 1435-1442, 2015.
12.Takagi Y, Yamamoto Y, Okushima D, and Onodera S. The effect of exercise stress on respiratory functions in individuals with past medical histories of bronchial asthma during simulation ascending the low altitude mountain. Jap J Mount Med. 34 :52-56, 2014.
13.原村未来,高井洋平,松村勲,奥島大,福永裕子,隅野美砂輝,山本正嘉,前田明.女子長距離選手との比較からみたマラソン世界選手権入賞経験のある女子選手の形態および生理学的特性.スポーツパフォーマンス研究.6: 99-112, 2014.
14.奥島大,山本正嘉.1週間の低酸素環境下での事前順化トレーニングが低酸素環境における運動能力および生理応答に及ぼす影響.体力科学.63: 213-222, 2014.
15.枦木駿,奥島大,山本正嘉.競技能力から見た高校生カヌーカナディアン競技選手におけるストローク頻度,ストローク距離の局面別特性.スポーツパフォーマンス研究.5:310-321, 2013.
16.森寿仁,奥島大,山本正嘉.3,000m台の高度で重度の急性高山病を発症しやすい登山者2名を対象とした低酸素順化トレーニングの効果.登山医学.33: 153-162, 2013.
17.奥島大,一箭フェルナンドヒロシ,山本正嘉.高度0m,1500m,2500m,3500m相当の常圧低酸素環境下における運動時の生理応答.トレーニング科学.24: 203-215, 2012.
18.一箭フェルナンドヒロシ,奥島大,又木一弘,山本正嘉.高校生ボート選手に対する短期的なトレーニング介入が身体組成,筋力,有酸素性作業能力,および2000mエルゴメータ漕成績に及ぼす効果.スポーツパフォーマンス研究.3: 153-169, 2011.

発表
口頭発表
1.奥島大,近藤徳彦,古賀俊策.漸増負荷運動時の呼吸筋の賦活が外側広筋の組織血液量に及ぼす影響.第73回日本体力医学会,福井,2018.
2.藤原雅志,奥島大,天野達郎,西保岳,井上芳光,近藤徳彦.高温下での運動時の発汗効率に影響する要因.第73回日本体力医学会,福井,2018.
3.奥島大,近藤徳彦,天野達郎,古賀俊策.運動様式の違いが活動筋の酸素動態に及ぼす影響.第72回日本体力医学会,愛媛,2017.
4.奥島大,西脇雅人,天野達郎,鈴木裕昭,大前悦子,近藤徳彦,古賀俊策.高強度インターバルトレーニングが活動筋の酸素動態に及ぼす影響.第71回日本体力医学会,岩手,2016.
5.奥島大,天野達郎,鈴木裕昭,大前悦子,近藤徳彦,古賀俊策.筋脱酸素化応答の空間不均一性と有酸素性作業能力の関係.第70回日本体力医学会,和歌山,2015.
6.白本愛,天野達郎,葺石育美,奥島大,古賀俊策,近藤徳彦.長時間の全身運動時における体温調節特性.第29回運動と体温の研究会,和歌山,2015.
7.葺石育美,天野達郎,白本愛,奥島大,古賀俊策,近藤徳彦.精神性ストレスが長時間運動時の体温調節反応に及ぼす影響.第29回運動と体温の研究会,和歌山、2015.
8.奥島大,天野達郎,小田元樹,鈴木裕昭,大前悦子,近藤徳彦,古賀俊策.大腿筋表層部と深層部における運動強度と筋酸素動態との関連性.第69回日本体力医学会,長崎,2014.

ポスター発表
1.高木祐介,山本正嘉,奥島大,北哲也,森寿仁,家吉彩夏,幸田三広,諸井美樹,小野寺昇.Buffer room入室介入の有無が喘息体質者の運動時の肺機能変化に及ぼす影響.第73回日本体力医学会,福井,2018.
2.Okushima D, Poole DC, Barstow TJ, Kondo N, and Koga S. Do contrasting recruitment patterns underlie the different patterns of muscle deoxygenation and hemoglobin response in quadriceps muscles? 65th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Minneapolis, 2018.
3.Breeze BC, Poole DC, Okushima D, Bailey SJ, Jones A, Kondo N, Amano T, and Koga S. Effect of inorganic nitrate supplementation on O2 uptake and quadriceps deoxygenation during the onset and offset of exercise. 65th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Minneapolis, 2018.
4.Okushima D, Nishiwaki M, Rossiter HB, Poole DC, Barstow TJ, Kondo N, Amano T, Koga S. High intensity interval training induces the greater magnitude of muscle deoxygenation during ramp incremental exercise. 64th American College of Sports Medicine Annual Meeting, Denver, 2017.
5.西脇雅人,末永晶,奥島大,小田啓之,香良直輝,松本直幸,古賀俊策.大学競泳選手に対する定期的なドライランドトレーニングのみの実施が競泳パフォーマンスに及ぼす影響.第29回日本トレーニング科学会大会,神奈川,2016.
6.Okushima D, Poole DC, Barstow TJ, Rossiter HB, Bowen TS, Amano T, Kondo N, Koga S. Greater Vo2peak is associated with deoxygenation amplitude, but not deoxygenation kinetics, across the active muscles. 63rd American College of Sports Medicine Annual Meeting, Boston, 2016.
7.奥島大,西脇雅人.有酸素性作業能力を漸増負荷試験時の酸素摂取動態から予測する試み.第28回日本トレーニング科学会大会,鹿児島,2015.
8.Okushima D, Poole DC, Rossiter HB, Barstow TJ, Ohmae E, Kondo N, Koga S. Greater absolute deoxygenation in deep versus superficial quadriceps muscles at Vo2max during cycle ergometry. 62nd American College of Sports Medicine Annual Meeting, San Diego, 2015.
9.Okushima D, Poole DC, Rossiter HB, Barstow TJ, Ohmae E, Kondo N, Koga S. Thigh muscle deoxygenation during cycling: Deep vs. superficial heterogeneity. Committee for International Symposium on Human Adaptation to Environment and Whole-body Coordination, Kobe, 2015
10.奥島大,枦木駿,中村夏実,山本正嘉.カヌーカナディアン競技ペア種目における競技能力,ストローク頻度および推進距離の特性.第26回日本トレーニング科学会大会,山形,2013.
11.佐藤雄太,奥島大,藤田英二,小山田和行,山本正嘉.間欠的な全力ペダリング時の発揮パワーによる柔道選手の瞬発力・持久力の評価.第26回日本トレーニング科学会大会,山形,2013.
12.中崎美由,森寿仁,奥島大,山本正嘉.L-カルニチン摂取が低酸素環境下における低強度運動時のエネルギー代謝に及ぼす影響.第26回日本トレーニング科学会大会,山形,2013.
13.高木祐介,山本正嘉,奥島大,小野寺昇.種々の気象条件下における温度差と湿度差が喘息体質を有する者の運動時の呼吸機能指標変化に及ぼす影響.第68回日本体力医学会,東京,2013.
14.原村未来,高井洋平,福永裕子,奥島大,森寿仁,前田明,山本正嘉.実業団に所属する陸上競技女子長距離選手の体力特性の縦断的変化.日本体育学会第64回大会,滋賀,2013.
15.奥島大,山本正嘉.常圧低酸素環境を利用した1週間の事前順化トレーニング中の自律神経応答の変化;心拍変動を指標として.第25回日本トレーニング科学会大会,滋賀,2012.
16.奥島大,森寿仁,山本正嘉.常圧低酸素環境を利用した1週間の事前馴化トレーニングが低酸素環境下でのクリティカルパワーと運動効率に及ぼす効果.第24回日本トレーニング科学会大会,東京,2011.
17.森寿仁,奥島大,山本正嘉.中学生期の陸上競技中長距離選手を対象とした低頻度の低酸素トレーニングの効果.第24回日本トレーニング科学会大会,東京,2011.
18.一箭フェルナンドヒロシ,奥島大,中村夏実,山本正嘉.高校生期におけるボート選手のトレーニングが形態,筋力,有酸素性作業能力に及ぼす影響.第23回日本トレーニング科学会大会,福岡,2010.
19.奥島大,山本正嘉.異なる酸素濃度および運動強度における各種生理応答の対応関係.第22回日本トレーニング科学会大会,愛知,2009.

外部資金獲得状況
JSPS科学研究費補助金
1.2018-2020年度 若手研究:活動筋における脱酸素化応答の応答曲線の特性は酸素供給不足を反映するのか?研究代表者
2.2017-2018年度 特別研究員奨励費:複数の環境による酸素供給の変化が活動筋の酸素動態に及ぼす影響.研究代表者
3.2015-2017年度 若手研究(B):筋酸素動態の空間的な不均一性が有酸素性作業能力に及ぼす影響.研究代表者



研究助成金など
1.2017年度 日本科学財団 海外発表促進助成.研究代表者
2.2016-2017年度 公益財団法人ユニオン造形文化財団 調査研究助成:農作業における筋肉負担・疲労を軽減するエルゴデザイン.分担(研究代表者:古賀俊策)
3.2015年度 日本科学財団 笹川科学研究助成:運動時の深層筋における酸素利用能測定法の確立.研究代表者
4.2015年度 石本記念デサントスポーツ科学振興財団学術研究助成:高強度のウォームアップ運動が活動筋の酸素動態に及ぼす影響.分担(研究代表者:古賀俊策)
5.2015年度 日本体力医学会 米国スポーツ医学会参加助成.研究代表者

講演
1.奥島大.活動筋における酸素動態-近赤外線分光装置を用いた検討.大阪工業大学 工学部 健康スポーツ科学セミナー,大阪,2016.
教員一覧へ戻る

教員一覧へ戻る