学部・学科・大学院

経済学科 | 教員紹介

山本 明志(ヤマモト メイシ)
氏名 山本 明志(ヤマモト メイシ)
英文 Yamamoto Meishi
大学名 大阪国際大学
学部 経営経済学部
学科 経済学科
職階 准教授
役職 教養教育部会長
学位 博士(文学/大阪大学大学院)
所属学会 東洋史研究会、内陸アジア史学会、日本チベット学会、日本モンゴル学会
研究分野 東洋史、モンゴル時代史、チベット史
研究業績 著書
(共著)『烏臺筆補の研究』汲古書院, 2007.
(共編著)『3訂 大学学びのことはじめ』ナカニシヤ出版, 2014.

論文
「ゴルバン=ゾー残碑6断片」松田孝一・オチル(編)『モンゴル国現存 モンゴル帝国・元朝碑文の研究』大阪国際大学, 2013, pp. 211-223.[共著]
「西安文廟碑林関係元朝碑録文」『13、14世紀東アジア史料通信』20, 2013, pp. 7-31.[共著]
「13・14世紀モンゴル朝廷に赴いたチベット人をめぐって」『待兼山論叢(史学篇)』45, 2011, pp. 27-52.
「元代蔵漢交通的駅站路線与臨洮」薛正昌(主編)『成吉思汗与六盤山国際学術検討会論文集』甘粛人民出版社, 2010, pp. 386-393.
「チベットにおけるジャムチの設置」『日本西蔵学会会報』55, 2009, pp. 3-13.
「モンゴル時代におけるチベット・漢地間の交通と站赤」『東洋史研究』67-2, 2008, pp. 95-120.
「『元史』世祖本紀至元二十二年十二月の干支をめぐって」『13、14世紀東アジア史料通信』8, 2008, pp. 1-6.

発表
「碑文資料から見た嶺北行省」モンゴル史研究の新展開(大谷大学), 2015年2月.
「モンゴル時代のチベット仏教カルマ=カギュ派」2014年度九州史学会大会(九州大学), 2014年12月.
「14世紀の中央チベットにおける領主層の土地領有と特許状」第35回立命館史学会大会(立命館大学), 2013年12月.
「モンゴル時代の中央チベットにおける軍隊と俗官」2013年度内陸アジア史学会大会(龍谷大学), 2013年11月.
「モンゴル時代の漢文文書と「給付碧洞子地土執照碑」」第10回古文書研究会(追手門学院大学), 2013年9月.
"Local ruling families in Tibet during 13th-14th Centuries: A case study of Stag sna rdzong pa, Rnam rgyal gling pa and Shar kha ba", The Third International Seminar of Young Tibetologists, 3-7 September 2012, Kobe City University of Foreign Studies.
「モンゴル時代に中国へ赴くチベット人をめぐって―チベット語典籍史料の検討から―」第41回中央アジア学フォーラム(大阪大学), 2011年4月.
「2010年9月無錫石刻調査報告」石刻史料を読む会11月例会(龍谷大学), 2010年11月.

教員一覧へ戻る