在学生・保護者の方

守口キャンパス 授業、欠席、休講

授業時間割

時限
1 2 3 4 5
授業時間
9:00~10:30 10:40~12:10 13:00~14:30 14:40~16:10 16:20~17:50

正規の授業科目として開講されるすべての授業科目について、年次毎に授業時間割を編成して、毎年度始めに配布します。授業時間割の中から、自分の年次、クラスによって授業科目を履修することになります。

教室

授業時間割表にはそれぞれの授業が行われる教室が指定されています。教室番号は、次のように構成されています。

例 6号館 4階数 01部屋番号

休講

授業担当者が出張、病気等の場合または大学の行事等により、やむを得ずその授業を行うことができない場合があります。これを休講といいます。

  1. 行事等による休講および事前に教員から休講の連絡があった科目については、掲示および携帯ポータルサイトにより連絡します。
    電話による問い合わせには応じません。
  2. 事前に休講の掲示や連絡がなく、授業開始後30分を経過しても連絡がなく、教員が教室へ出向かない場合は、「休講」とします。(このような場合はキャンパスセンターに連絡してください。)
  3. 交通機関の運行停止、台風等による休講の取扱いについては、下記のとおりとなります。
    • 東部大阪または京都府南部に暴風警報が発令されている場合
    • 京阪電鉄本線が停止している場合

    矢印

    • 午前7時までに解除された場合 → 平常どおり1限目から授業を行います
    • 午前11時までに解除された場合 → 3限目から授業を行います
    • 午前11時現在、解除されていない場合 → 全日休講とします

補講

補講は休講等に対する措置として、平常授業を補うために行う授業です。補講の期間は、学年暦に記載してありますが、このほか随時行う場合があります。補講が行われる授業科目、日時等については掲示により連絡します。

欠席届

やむを得ない事由により授業を欠席する(した)場合は、「欠席届」及び証明書類をキャンパスセンターに提出することにより、理由のある欠席としての確認を受けることができます。
ただし、忌引は公欠となりますが、その他の事由による「欠席届」の扱いは、個々の授業科目担当教員により授業出席の評価が異なるため、担当教員に委ねられています。詳細は担当教員に確認してください。

やむを得ない理由による欠席とは、次のいずれかに該当するものをいいます。(( )内は必要書類)

  1. 病気、けが(欠席した日が該当する医師の診断書)
  2. 交通機関の不通、延着(事故証明書または延着証明書)
  3. 忌引(会葬礼状または死亡診断書)
    葬儀の日を含め次の日数とする。(土日を含む。)
    • 父母、配偶者、子:7日
    • 兄弟姉妹、祖父母:3日
    • 伯父母、叔父母ほか三親等の親族:1日
  4. 学外実習及び当該実習の打ち合せ等の期間
  5. 就職試験および就職活動(就職部所定の用紙に相手企業の証明印を受ける。)
  6. 大学の主催する行事への参加
  7. 課外活動で、都道府県以上の連盟・団体が主催する公式戦・行事への参加メンバー登録した者に限る。(大会・行事の要項及び申込書)
  8. 大学が認めた行事への参加
  9. その他
    (やむを得ず欠席する理由を記載し、本人及び保証人が連署した書類)
欠席届の手続き時期

※事後、1週間以内に手続きを行ってください。

※6. 7. 8.の事由による欠席で、同一の団体に属する多数の者がこれに該当する場合は、一括して届出をすることができます。