在学生・保護者の方

枚方キャンパス 単位制度

単位制度

単位制度とは、開設されている授業科目を履修し、試験に合格することによって単位を取得し、その取得した単位数が卒業の要件として定められた基準を満たした場合に、卒業が認められる制度であり、学年制と対比して用いられます。

しかしながら、開設している授業科目には、入学後早い時点で学ぶべきものや、ある程度専門的な知識を身につけた上で学ぶべきものなど、種々のものがあるため、履修指導の必要から、授業科目毎に履修すべき「年次」を指示する方法を採っています。

単位数

授業科目には、それぞれ単位数が決められています。 単位数は、各授業科目について、授業時間数に当該授業科目の実施形態、方法により必要とされる自修時間数を合算した標準学修時間を決め、それが45時間となる内容をもって1単位として定めています。 (各授業科目の1回の授業時間(1時限)は原則として90分で行われ、単位計算においては90分を2時間と計算します。)

  1. 1時間の授業に対して2時間の自修を予定する科目(講義科目・演習科目)
    • 毎週1回で通年の授業科目は4単位です。
    • 毎週2回で半期の授業科目も4単位です。
    • 毎週1回で半期の授業科目は2単位です。
  2. 2時間の授業に対して、1時間の自修を予定する科目(演習科目・実技(実習)科目)
    • 毎週1回で通年の授業科目は2単位です。
    • 毎週2回で半期の授業科目も2単位です。
    • 毎週1回で半期の授業科目は1単位です。
  3. 自修を予定しない科目(実技(実習)科目)
    • 毎週3時間で通年の授業科目は2単位です。
    • 毎週3時間×2回で半期の授業科目も2単位です。
    • 毎週3時間で半期の授業科目は1単位です。

入学前の既修得単位の認定

本学入学以前に他の大学または短期大学で単位を修得した学生は、願い出により、60単位を限度として本学での単位認定が受けられる場合があります。
該当学生で、単位認定を希望する者は、入学当初の履修登録締切日までにキャンパスセンターまで申し出て下さい。添付書類として単位修得または学修を証明する書類が必要です。

編入学生の既修得単位の認定(大学)

他大学等での既修得単位数または学修時間数のうち、本学における授業科目の履修とみなし、卒業に必要な単位数として認定できる単位の上限は、3年次編入生については64単位(卒業要件単位数の1/2)、2年次編入生については32単位(卒業要件単位数の1/4)です。ただし、本学の授業科目を予め単位互換により履修した場合など特別な場合には、単位数を変更することがあります。詳しくは、キャンパスセンターにお問い合わせください。

海外研修参加による単位認定

本学の実施する海外研修の参加に対し、その研修内容に応じた授業科目の履修として単位が認定される場合があります。
詳細は、年度当初のオリエンテーション、海外研修実施の際の説明会等で説明します。

国内留学制度