幼児保育学科 教員紹介

松井 学洋 (マツイ ガクヨウ)
氏名 松井 学洋 (マツイ ガクヨウ)
英文 Matsui Gakuyo
大学名 大阪国際大学短期大学部
学部  
学科 幼児保育学科
職階 准教授
役職 FDセンター副センター長
学位 博士(保健学/神戸大学大学院保健学研究科)
所属学会 日本小児保健学会、日本小児科学会、日本小児神経学会
研究分野 小児保健、発達障害、重症心身障害児、医療的ケア
研究業績 【論文】
1)松井学洋、中井靖、高田哲.微細運動と言語能力の発達からみた模倣動作バイバイ. 小児保健研究 Vol.76 No.6 2017年(印刷中)
2)松井学洋、木原健二.夜間に医療的ケアを必要とする在宅療養児者の母親の睡眠時自律神経活動の特徴.日本重症心身障害学会誌 42巻3号 2017年(印刷中)
3)Yasushi Nakai, Tetsuya Takiguchi, Gakuyo Matsui, Noriko Yamaoka, and Satoshi Takada. Detecting Abnormal Voice Prosody through Single-Word Utterances in Children with Autism Spectrum Disorders: Machine-Learning-Based Voice Analysis Versus Speech Therapists. Perceptual and Motor Skills. 2017年6月
4)松井学洋、中井靖、高田哲.重症心身障害児の睡眠時自律神経活動の特徴.脳と発達 49巻4号 2017年7月
5)松井学洋、高田哲.心拍変動からみた重症心身障害児(者)の夜間自律神経活動の特徴. 小児保健研究 Vol.74 No.1 2015年1月
6)Matsui G, Ohtoshi T, Takada S. Imitation of “bye-bye” in very low birth weight infants. Pediatric International Vol.55 No.6 2013.年12月
7)松井学洋、高田哲.重症心身障害児の睡眠状況と医療的ケアが母親の介護負担感に与える影響. 小児保健研究 Vol.72 No.4 2013年7月
8)松井学洋、高田哲.脊髄性筋萎縮症Ⅰ型の子ども達の学校生活.
小児保健研究Vol.66 No.3 2007年5月
9)松井学洋、下垣佳代子、高田哲.赤ちゃんの「バイバイ」はいつからどのようにするのか. 小児科47(13) 2006年12月
10)松井学洋、高田哲.極低出生体重児の動作模倣 「バイバイ」の発達について. チャイルドヘルス9(1) 2006年1月

【発表】
1)Gakuyo Matsui, Satoshi Takada. Comparison of autonomic nerve activities during sleep between children with severe motor and intellectual disabilities and typically developing children. The 12th International Seminar on Disaster 2016年3月
2)松井学洋、中井靖、高田哲.重症心身障害児の睡眠状況と睡眠時における自律神経活動の特徴.第61回小児保健学会 2014年6月
3)Gakuyo Matsui, Seiko Kamitsubo, Mieko Daigo, Miyuki Yamaguchi. Characteristics of the sleep quality and autonomic nerve activity while family caregivers provide medical care at home in the night. The 9th International Conference of the Global Network of WHO Collaborating Centres for Nursing and Midwifery 2012年6月
4)Gakuyo Matsui, Shima Nakatsuka, Kenji Kihara, Satoshi Takad. Characteristics of the sleep quality and autonomic nerve activity during sleep in severe physically handicapped children/person receiving medical care. 12th International Child Neurology Congress 2012年5月
5)Matsui Gakuyo, Ono Tsuruko, Sugano Natsuko, Fujii Kae. Relationship between the body composition assessment, fear of falling and lifestyles in community living older persons who visited “Town health care room” in Ako city. 2nd Japan China Korea Nursing Conference. 2010年11月
6)Matsui G, Shimogaki K, Takada S. When and how young children start to imitate the gesture of Bye-Bye? 1st Congress of Asian Society for Pediatric Research. 2005年11月

【その他】
1)発達が気になる子どもを持つ親のグループピアカウンセリング講師 すま障害者地域生活支援センター 平成26年~現在

教員一覧へ戻る

ページの先頭へ