短大紹介

大学紹介

ライフデザイン総合学科 海外インターンシップ(カナダ)報告

18/04/06

 ライフデザイン総合学科では、毎年恒例となっている春季のカナダ・インターンシップ研修を2月22日から3月13日まで、約3週間の日程で実施しました。今年度は、観光・英語コースの1年次生9名が参加し、全員無事に帰国しました。
 研修内容は、前半は語学学校での英語の集中講座、後半はJTBインターナショナル・バンクーバー支店のアレンジによる、現地の観光事業の現場での実地研修や業界・企業の研究で構成されています。また学生は、3週間の滞在中、ホームステイを通じて現地の家族との交流を深めます。

 語学研修では、バンクーバー市内の語学学校(Canadian College of English Language: CCEL)において、英語以外の言語は使用禁止という環境の中で、インターネットやコンピューターを駆使した授業を受講しました。生活環境の異なる世界の様々な国から参加した学生との交流に、刺激を受けたようです。加えて、ホームステイ先の家族との生活や地元大学生との交流も、英語での日常的なコミュニケーションを上達させる恰好の機会となりました。
 観光分野の研修では、ホテル、レストラン、バンクーバー国際空港、バンクーバー観光局、さらにはシアトルのボーイング社など、様々な場所を見学し、現地ならではの貴重なお話を伺うことができました。また、JTBインターナショナルでの1日職場体験や、バスでの模擬添乗など、実践的な学習の機会も数多くあり、社会人に向けての意識や自信を高める経験となったようです。

 学生同士の絆も深まり、現地の方々との触れ合いや友情、おそらく二度と経験が出来ないカナダでの観光業界の研修、語学への自信の獲得など、どれをとっても非常に価値のある3週間でした。学生たちが、この3週間の貴重な経験を通じて吸収した多くのことを、それぞれの将来に活かしてほしいと願っています。

お知らせ一覧へ

ページの先頭へ