国際交流

グローバル研修プログラム(海外インターンシップ等)

インドネシア・バリ島 ホテルインターンシップ研修

バリ島インターンシップ研修

 平成29年2月26日から3月19日の3週間、海外ホテルインターンシップ(初級)がインドネシアのバリ島で行われました。研修先は、バリ島の外資系5つ星ホテル。全世界から神秘の島、バリ島でバカンスを過ごすお客様が多く滞在されるホテルです。

【インターンシップ】

 今回の参加者6名の学生は、事前にゲストルームでのベッドメーキング、レストランでのサービス方法、ホテル英語などホテルの基礎をしっかり学び出発しました。しかし、実際にホテルの制服を着て、インターンシップ生として勤務を開始すると、まだまだ慣れないことばかり、緊張の連続でした。それでも3週間のインターンシップ研修を無事に修了できたのは、ホテルのスタッフの指導と支えがあったからだと感謝しています。
 3週間で、レストラン、ハウスキーピング、フロントの3部門を体験しましたが、どの部門もお客様のことを第一に考え、常にホスピタリティに富んだサービスを心がけていることを学ぶことができました。
 貴重な機会を与えてくださったホテルの関係者の皆様には心よりお礼申し上げます。

【ウダヤナ大学での交流会】

 休日には協定校のウダヤナ大学日本語学科で交流会が実施されました。ウダヤナ大学の学生はバリ島の大学生活、バリ島の祭りについて、また本学の学生は、日本の大学、日本の四季と祭り、大阪の見どころなどについて発表しました。その後グループに分かれて、それぞれの発表についてさらに意見交換を行い、相互理解を深めることができました。
 午後からはウダヤナ大学の学生の案内によりMonkey Forestとショッピングに出かけましたが、同世代の学生との交流は、バリ島やバリの人々を理解するためにもとても有意義なものとなりました。これからも、大阪とバリ島と離れてはいますが、コミュニケーションを取り合い、友情を深めてほしいものです。

 わずか3週間という短い期間でしたが、ホテルのスタッフの指導と、バリ島の人々の心の温かさに支えられ、ホテルでのインターンシップを無事に終えることができました。過去この研修に参加した先輩たちの中には、すでにホテル業界で活躍している卒業生もいます。バリ島でのインターンシップで学んだことが今後の学生生活においても活かされるよう、またこのインターンシップをきっかけに将来の進路選択の幅が広がり、日本だけでなく世界で活躍できる人材へと成長することを期待しています。

一覧へ戻る