学部・学科・大学院

教員紹介

井上 芳光(イノウエ ヨシミツ)
氏名 井上 芳光(イノウエ ヨシミツ)
英文 Inoue Yoshimitsu
大学名 大阪国際大学
学部 人間科学部
学科 スポーツ行動学科
職階 教授
役職 国際関係研究所長(兼)図書館長
学位 医学博士(神戸大学)
所属学会 日本生理人類学会(理事),日本生気象学会(幹事),日本体力医学会(評議員),日本運動生理学会(評議員),日本発汗学会,アメリカスポーツ医学会
研究分野 スポーツ生理学,温熱生理学,生理人類学
研究業績
A.著書
1.川原 貴,中井誠一,井上芳光,松本孝朗,寄本 明.元気に夏を過ごそう,長寿社会開発センター,2016
2.松本孝朗,井上芳光,小野雅司 他16名.日常生活における熱中症予防,日本生気象学会・熱中症予防研究委員会,2016
3.井上芳光.ハイリスクグループとしての高齢者と子ども(第9章),熱中症の現状と予防,杏林書院(澤田晋一編),pp148-161,2015
4.井上芳光.ホメオスタシス(第3章pp180-181),耐暑性(第6章pp292-294),人間科学の百科事典,丸善出版(日本生理人類学会編),2015
5.井上芳光,一之瀬智子.熱放散反応の発育・老化とその性差(第12章4節),ニュー運動生理学Ⅱ,真興交易医書出版(宮村実晴編),pp202-211,2015
6.櫻井治彦,三宅康史,中井誠一,井上芳光 他7名.熱中症環境保健マニュアル2014,環境省環境保安部環境安全課,2014
7.近藤徳彦,井上芳光.「7.環境と運動(1)(2)」(第4章運動生理学),健康運動指導士養成講習会テキスト,社会保険研究所,pp215-226,2014
8.川原貴,中井誠一,井上芳光 他7名.スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック,日本体育協会,2013
9.井上芳光.発育と老化,性周期・性差,体温Ⅱ,ナップ(井上芳光,近藤徳彦 編著),pp220-237,pp238-248,2010(この本がChoi JW, Lee JY, Lee WKにより韓国語に翻訳され,2013年にKyomunsa Publishing Co.から韓国で出版された),2013
10.井上芳光,近藤徳彦.発汗(第4章6節),生理人類士入門,国際文献印刷社(生理人類士認定委員会編),pp53-55,2012
11.(1) 井上芳光.高齢者の運動と体温調節,からだと温度の事典,朝倉書店(彼末一之監修),pp535-537,(2) 近藤徳彦,井上芳光.女性の運動と体温調節,からだと温度の事典,朝倉書店(彼末一之監修),pp538-540,2010
12.(1) 井上芳光.発育と老化,体温Ⅱ,ナップ(井上芳光,近藤徳彦 編著),pp220-237, (2) 一之瀬智子,井上芳光.性周期・性差,体温Ⅱ,ナップ(井上芳光,近藤徳彦 編著), pp238-248, 2010
13.井上芳光.暑さ・汗・運動,スポーツサイエンス入門,丸善出版(田口貞善,矢部京之助,伊坂忠夫編),pp134-145,2010
14.(1) 一之瀬智子,近藤徳彦,井上芳光.男と女,暑さに強いのはどちら?,カラダの百科事典,丸善出版(生理人類学会編),pp343-346,(2) 芝崎 学,近藤徳彦,井上芳光.汗って?,カラダの百科事典,丸善出版(生理人類学会編),pp420-424,2009
15.(1) 井上芳光.子どもと高齢者の熱放散反応,身体トレーニング,真興交易医書出版(宮村実晴編),pp355-361,(2) 近藤徳彦,一之瀬(桑原)智子,井上芳光.女性の運動トレーニング効果,身体トレーニング,真興交易医書出版(宮村実晴編),pp362-366,2009
16.芝崎学,井上芳光,近藤徳彦.年齢とともに体温調節能力は変化するのか?,運動時の体温調節能力は男性と女性で同じ?,使えるスポーツサイエンス,講談社サンエンティフィック(征矢英昭,本山貢,石井好二郎編),pp105-110, 2007
17.近藤徳彦,井上芳光.高温環境と運動(運動生理学の第4章8節),健康運動指導士養成講習会テキスト,社会保険研究所,pp377-401,2007
18.井上芳光.汗と調子,スポーツの百科事典,丸善出版(田口貞善編),pp12-13,2007
19.井上芳光.環境適応(運動と寒冷順化,運動と暑熱順化,時間記憶,時差,性差,日内変動,年周変動,年齢差,最新スポーツ科学事典,平凡社(日本体育学会編),pp153-155,2006
20.有賀 徹,井上芳光,櫻井治彦,中井誠一 他8名.熱中症保健指導マニュアル,環境省環境保健部環境安全課,pp26-30,2005
21.近藤徳彦,井上芳光.体温調節と運動・スポーツ,スポーツ健康科学,文光堂(浅野勝巳・田中喜代次編),pp267-284,2004
22.井上芳光.子どもは風の子?,気候風土に学ぶ,学生社(吉野正敏編),pp204-206,2004
23.(1) 井上芳光.発育と老化による修飾作用(第4章,第3節),体温,ナップ出版(平田耕造,井上芳光,近藤徳彦編),pp180-198, (2) 性周期・性差による修飾作用(第4章,第7節),体温,ナップ出版(平田耕造,井上芳光,近藤徳彦編)218-227, 2002
24.井上芳光.運動と体温:年齢と性差(第5節担当),新運動生理学(下巻),真興交易医書出版(宮村実晴編),pp281-294,2001
25.井上芳光.高温環境(第5章,第2節),高地(低酸素)(第5章,第3節),循環,ナップ出版(斉藤 満,加賀谷淳子編),pp112-123,1999
26.井上芳光.発汗(第2章,第8節),人間科学計測ハンドブック,技報堂出版(佐藤方彦監修),pp201-211,1996
27.井上芳光.運動と体温(第10章),最新運動生理学,真興交易医書出版(宮村実晴編),pp256-270,1996
28.井上芳光,辻野昭.ドップラー効果の応用(第3章,第2節,第3項),身体運動の科学(現代体育・スポーツ体系 第7巻),講談社(浅見俊雄他編),pp74-77,1984
B.学術論文
1.上田 博之,山崎 彩佳,坂東沙耶,戸谷 真理子,一之瀬 智子,井上 芳光.高齢者の熱中症予防に向けた夏季日常生活下における温熱環境の月別調査.日本生気象学会誌(54巻4号, 印刷中),2017
2.Amano T, Fujii N, Kenny G, Inoue Y, Kondo N. Do nitric oxide synthase and cyclooxygenase contribute to sweating response during passive heating in endurance-trained athletes? Physiological Reports 5(17):e13403, 2017 (doi: 10.14814/phy2.13403.)
3.井上芳光,坂東沙耶,山崎彩佳,戸谷真理子,一之瀬智子,上田博之.夏季日常生活下における温熱環境の性差および年齢差.日本生理人類学会誌22(3):135-143, 2017
4.Amano T, Shitara Y, Fujii N, Tanaka S, Inoue Y, Kondo N. Evidence for β-adrenergic modulation of sweating during incremental exercise in habitually trained males. J Appl Physiol 123: 182-189, 2017 (doi: 10.1152/japplphysiol.00220.2017.)
5.Amano T, Hirose M, Konishi K, Gerrett N, Ueda H, Kondo N, Inoue Y. Maximum rate of sweat ions reabsorption during exercise with regional differences, sex, and exercise training. Eur J Appl Physiol 117(7):1317-1327, 2017 (doi: 10.1007/s00421-017-3619-8.)
6.Amano T, Kai S, Nakajima M, Ichinose-Kuwahara T, Gerrett N, Kondo N, Inoue Y. Sweating responses to isometric handgrip exercise and forearm muscle metaboreflex in prepubertal children and elderly. Exp Physiol 102(2):214-227, 2017 (doi:10.1113/EP085908.)
7.Amano T, Ishitobi M, Ogura Y, Inoue Y, Koga S, Nishiyasu T, Kondo N. Effect of stride frequency on thermoregulatory responses during endurance running in distance runners. J Therm Biol. 61:61-66, 2016 (doi: 10.1016/j.jtherbio.2016.08.005.)
8.小倉幸雄,井上芳光,内之宮愛子,北村優佳,大森隆裕,大上安奈,Lee Jason Kai Wei,近藤徳彦.高温下長時間運動時の体温調節反応は5-35℃の摂取水温に影響されない.体育学研究61(2):607-619,2016
9.Inoue Y, Gerrett N, Ichinose-Kuwahara T, Umino Y, Kiuchi S, Amano T, Havenith G, Ueda H, Kondo N. Sex differences in age-related changes on peripheral warm and cold innocuous thermal sensitivity. Physiol Behav 164(Pt A):86-92, 2016 (doi:
10.1016/j.physbeh.2016.05.045.)
10.Amano T, Ichinose M, Inoue Y, Nishiyasu T, Koga S, Kenny G, Kondo N. Influence of forearm muscle metaboreceptors activation on sweating and cutaneous vascular responses during dynamic exercise. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 310(11):R1332-1339, 2016 (doi: 10.1152/ajpregu.00545.2015. Epub 2016 Apr 6)
11.井上芳光,東海美咲,宮川しおり,戸谷真理子,一之瀬智子,上田博之.夏季における高齢者の温熱的生活環境.日本生理人類学会誌21(1):11-16,2016
12.Amano T, Gerrett N, Inoue Y, Nishiyasu T, Havenith G, Kondo N. Determination of the maximum rate of eccrine sweat glands’ ion reabsorption using the galvanic skin conductance to local sweat rate relationship. Eur J Appl Physiol 116(2):281-290, 2016 (DOI 10.1007/s00421-015-3275-9)
13.井上芳光.子どもや高齢者の発汗能力と熱中症予防策(展望).日本ヒートアイランド学会誌10(創設10周年記念特別号):11-15,2015
14.Nakanishi Y, Inoue Y, Ito T, Nethery V. Exercise intensity differentially impacts sensitivity thresholds to specific tastes. Journal of Biology of Exercise 11(1): 69-80, 2015 (doi: http:doi.org/10.4127/jbe.2015.0087)
15.Amano T, Ichinose M, Inoue Y, Nishiyasu T, Koga S, Kondo N. Modulation of muscle metaboreceptor activation upon sweating and cutaneous vascular responses to rising core temperature in humans. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 308:R990-997, 2015 (doi: 10.1152/ajpregu.00005.2015)
16.Nakanishi Y, Inoue Y, Ito T, Inoue S, Murakami T, Nethery V. High-intensity, low-frequency, short-duration training positively impacts work capacity and cardiorespiratory fitness. Japanese Journal of Health, Fitness, and Nutrition 20(1): 35-41, 2015
17.Amano T, Inoue Y, Koga S, Nishiyasu T, Kondo N. Influence of exercise training with thigh compression on heat-loss responses. Scand J Med Sci Sports. 2015 Jun;25 Suppl 1:173-82. doi: 10.1111/sms.12365.
18.井上芳光.発汗機能の成長・老化とその性差.発汗学21(2):53-56,2014 (総説)
19.井上芳光.子どもや高齢者の暑さの生理学と熱中症.保健の科学56(7):469-473,2014
20.井上芳光.高齢者の暑熱耐性と暑熱順化について教えてください.Geriatric Medicine 52 (5):541-555,2014
21.Inoue Y, Ichinose-Kuwahara T, Funaki C, Ueda H, Tochihara Y, Kondo N. Sex differences in acetylcholine-induced sweating responses due to physical training. J Physiol Anthropol 33:13 (doi: 10.1186/1880-6805-33-13), 2014
22.Amano T, Ichinose M, Nishiyasu T, Inoue Y, Koga S, Miwa M, Kondo N. Sweating response to passive stretch of the calf muscle during activation of forearm muscle metaboreceptors in heated humans. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 306:R728-R734, 2014(doi:10.1152/ajpregu.00515.2013)
23.勝俣康之,下石真由,小倉幸雄,久保田豊司,安松 秀,井上芳光.屋内・屋外におけるスポーツ活動現場の温熱的環境.国際研究論叢27(3):51-60,2014
24.古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦.ヒトの生理機能の全身的協関:ヒトの全身持久的運動能力と環境適応能力の進化.日本生理人類学会誌 18(4):187-191,2013
25.Ueda H, Inoue Y. Improved procedure for estimating time-depent changes in local sweat rates by measuring local sweat volumes. J Ergonomics 3:121. doi10.4172/2165-7556.1000121, 2013
26.Amano T, Koga S, Inoue Y, Nishiyasu T, Kondo N. Characteristics of sweating responses and peripheral sweat gland function during passive heating in sprinters. Eur J Appl Physiol 113(8):2067-2075, 2013(doi: 10.1007/s00421-013-2641-8.)
27.Inoue Y, Ichinose-Kuwahara T, Tanaka A, Tanaka E, Ueda H, Amano T, Tochihara Y, Kondo N. Sex differences in effective and ineffective sweating rates during exercise in hot, humid conditions. Environmental Ergonomics 15:126-129, 2013
28.Ueda H, Inoue Y. Improved procedure for estimating time-dependent changes in local sweat rates by measuring local sweat volumes by using absorbing pads. Environmental Ergonomics 15: 227-230, 2013
29.Amano T, Ichinose M, Miwa M, Inoue Y, Nishiyasu T, Kondo N. Sweating responses to passive calves during activation of muscle metaboreflex in forearm in humans. Environmental Ergonomics 15: 114-116, 2013
30.Shibasaki M, Okazaki K, Inoue Y. Aging and thermoregulation. J Phys Fitness Sports Med 2(1): 37-47, 2013
31.Amano T, Ichinose M, Koga S, Inoue Y, Nishiyasu T, Kondo N. Sweating responses and the muscle metaboreflex under mildly hyperthermic conditions in sprinters and distance runners. J Appl Physiol 111(2):524-529, 2011
32.Amano T, Kato Y, Machado-Moreira CA, Taylor NA, Inoue Y, Nishiyasu T, Kondo N.
Changes in eccrine sweating on the glabrous skin of the palm and finger during isometric exercise. Acta Physiol (Oxf )202(4):649-655, 2011
33.Ichinose-Kuwahara T, Inoue Y. Authors' response to C. Schwiening's commentary. Exp Physiol 96(5): 559-560, 2011
34.近藤徳彦,井上芳光,George Havenith, Cristiano A Machado-Moreira, Nigel S Taylor.ヒトの発汗調節特性と部位差.日本繊維機械会誌64(9):527-533,2011
35.井上芳光.発汗機能の老化 -全身的協関の視点から-.日本民俗学会誌266:99-107,2011
36.井上芳光.老若男女の発汗機能.大阪市立大学生活科学研究誌8:1-10,2011
37.近藤徳彦,井上芳光.運動時における発汗調節特性とそれを修飾する要因.発汗学18(2):80-81,2011
38.Ichinose-Kuwahara T, Inoue Y, IsekiY, Hara S, Ogura Y, Kondo N. Sex differences in the effects of physical training on sweat gland responses during a graded exercise. Exp Physiol 95(10): 1026-1032, 2010
39.Kondo N, Nishiyasu T, Inoue Y, Koga S. Non-thermal modification of heat-loss responses during exercise in human. Eur J Appl Physiol 110:447-458, 2010
40.伊東太郎,南本裕介,渡邊完児,井上芳光,山下謙智.投球動作時の姿勢筋の疲労回復にともなう姿勢協同筋活動の経時的変化.大阪体育学研究48:37-47,2010
41.Inoue Y, Ichinose KT, Nakamura S, Ueda H, Yasumatsu H, Kondo N, Araki T. Cutaneous vasodilation response to a linear increase in air temperature from 28ºC to 40ºC in prepubertal boys and young men. J Physiol Anthropol 28 (3): 137-144, 2009
42.Inoue Y, Ueda H, Kubota T, Kondo N, Matsumoto T, Sutabhaha T, Praptpittaya C. Sweat gland function in Thai and Japanese Males in relation to physical training. Environmental Ergonomics 13: 276-279, 2009
43.Ichinose-Kuwahara T, Inoue Y, Hirata M, Shamsuddin AKM, Kondo N. Enhanced heat loss responses induced by short-term endurance training in exercising women. Exp Physiol 94(1):90-102, 2009
44.Ooue A, Ichinose KT, Inoue Y, Nishiyasu T, Koga S, Kondo N. Changes in blood flow in conduit artery and veins of the upper arm during leg exercise in humans. Eur J Appl Physiol 103(3):367-373, 2008
45.井上芳光.老若男女の暑熱適応能.第38回熱シンポジウム(日本建築学会)「暑熱環境と人間・社会 -温熱感研究の社会的貢献-」プロシーディング,pp49-54,2008
46.中井誠一,新矢博美,芳田哲也,寄本明,井上芳光,森本武利.スポーツ活動および日常生活を含めた新しい熱中症予防対策の提案:年齢,着衣及び暑熱順化を考慮した予防指針.体力科学56(4):437-444,2007
47.Inoue Y, Ichinose KT, Ogura Y, Kubota T, Ueda H, Ooue A, Kondo N. Sex differences in the effects of physical training on sweat gland function. Environmental Ergonomics 12: 276-279, 2007
48.Kondo N, Inoue Y, Koga S, Nishiyasu T. The effect of non-thermal factors on heat loss responses during exercise in humans. Environmental Ergonomics 12: 241-244, 2007
49.Ooue A, Ichinose KT, Saito T, Inoue Y, Nishiyasu T, Koga S, Kondo N. Changes in blood flow in the superficial and deep veins of the upper arm during leg exercise in humans. Environmental Ergonomics 12: 255-258, 2007
50.Ooue A, Ichinose KT, Shamsuddin AKM, Inoue Y, Nishiyasu T, Koga S, Kondo N. Changes in blood flow in a conduit artery and superficial vein of the upper arm during passive heating in humans. Eur J Appl Physiol 101(1): 97-103, 2007
51.上田博之,井上芳光.素材の通気性,衣服開口部とゆとりが衣服換気に及ぼす影響:身体部位差に着目して.デサントスポーツ科学28:81-88,2007
52.石指宏通,小倉幸雄,井上芳光.スポーツ活動時における脱水の程度が血栓形成に及ぼす影響.デサントスポーツ科学28:107-115,2007
53.Ueda H, Inoue Y, Matsudaira M, Araki T, Havenith G. Regional microclimate humidity of clothing during light work as a result of the interaction between local sweat production and ventilation. International Journal of Clothing Science and Technology (IJCST) 18(4): 225-234, 2006
54.Inoue Y, Nakamura S, Yonehiro K, Kuwahara T, Ueda H, Araki T. Regional differences in peripheral vasoconstriction of prepubertal boys. Eur J Appl Physiol 96(4): 397-403, 2006
55.井上芳光,山瀧夕紀,谷玲子.母親の運動経験・活動性が幼児の運動量・運動能力に及ぼす影響.日本生理人類学会誌11(1):1-6,2006
56.Shamsuddin AKM, Kuwahara T, Oue A, Nomura C, Koga S, Inoue Y, Kondo N. Effect of skin temperature on the ion reabsorption capacity of sweat glands during exercise in humans. Eur J Appl Physiol 94(4): 442-447, 2005
57.Kuwahara T, Inoue Y, Taniguchi M, Ogura Y, Ueda H, Kondo N. Effects of physical training on heat loss responses of young women to passive heating in relation to menstrual cycle. Eur J Appl Physiol 94(4): 376-385, 2005
58.Ueda H, Matsudaira M, Inoue Y, Araki T. The influence of the clothing ventilation on the humidityof the clothing microclimates immediately after the onset of sweating in relation to body regions. Proceedings of the 34th Textile Research Symposium at Mt. Fuji (2005), pp55-62, 2005
59.Inoue Y, Ueda H. Changes in sweating response with aging in healthy older men: 10-yr follow-up. Environmental Ergonomics 11: 380-383, 2005
60.Ueda H, Inoue Y, Havenith G. The influence of a back opening on clothing venttilation in rainwear. Environmental Ergonomics11: 411-414, 2005
61.Kuwahara T, Inoue Y, Abe M, Sato Y, Kondo N. Effects of menstrual cycle and physical training on heat loss responses during dynamic exercise at moderate intensity in a temperate environment. Am J Physiol (Regul Integr Comp Physiol) 288(5):R1347-R1353, 2005
62.Inoue Y, Tanaka Y, Omori K, Kuwahara T, Ogura Y, Ueda H. Sex- and menstrual cycle-related differences in sweating and cutaneous blood flow in response to passive heat exposure. Eur J Appl Physiol 94(3):323-332, 2005
63.井上芳光,桑原智子.老若男女の熱放散反応.発汗学12 (2):70-74, 2005 64.Inoue Y, Kuwahara T, Araki T. Maturation- and aging-related changes in heat loss effector function. J Physiol Anthrop Appl Human Sci 23(6): 289-294, 2004
65.井上芳光,桑原智子,小倉幸雄,近藤徳彦.女性の体温調節と運動.体育の科学54(10):797-803,2004
66.井上芳光.子どもと高齢者の熱中症予防策.日本生気象学会雑誌41(1):61-66,2004
67.Yanagimoto S, Kuwahara T, Zhang Y, Koga S, Inoue Y, Kondo N. Intensity-dependent thermoregulatory responses at the onset of dynamic exercise in mildly heated humans. Am J Physiol (Regul Integr Comp Physiol) 285(1): R200- R207, 2003
68.Havenith G, Ueda H, Sari H, Inoue Y. Required clothing ventilation for different body regions in relation to local sweat rates. Proceedings of 2nd European Conference on Protective Clothing (ECPC), "Challenges for Protective Clothing", No 46 (6 pages), 2003
69.小倉幸雄,桑原智子,井上芳光.運動トレーニングが若年女性の熱放散反応に及ぼす影響.デサントスポーツ科学 24:86-95, 2003
70.井上芳光,上田博之,荒木 勉.体温調節反応の発育・老化特性とその修飾因子.繊維機械会誌56:494-504,2003
71.井上芳光.子どもと高齢者の熱放散反応.適応医学7(2):13-22,2003
72.Kondo N, Horikawa N, Aoki K, Shibasaki M, Inoue Y, Nishiyasu T, Crandall CG. Sweating responses to a sustained static exercise is dependent on thermal load in humans. Acta Physiol Scand 175(4):289-295, 2002
73.Kondo N, Yanagimoto S, Aoki K, Koga S, Inoue Y. Effect of activated sweat glands on the intensity-dependent sweating response to static exercise in mildly heated humans. Jap J Physiol 52(2): 229-233, 2002
74.Yanagimoto S, Aoki K, Horikawa N, Shibasaki M, Inoue Y, Nishiyasu T, Kondo N. Sweating response in physically trained men to sustained handgrip exercise in mildly hyperthermic conditions. Acta Physiol Scand 174(1): 31-39, 2002
75.Inoue Y, Shibasaki M, Araki T. Strategy for preventing heat illness in children and the elderly. Exercise, Nutrition and Environmental StressⅡ, Cooper Publishing Group (Nose H, Gisolfi CV, Imaizumi K eds), Traverse City (MI), pp239-271, 2002
76.平田まり,隈部敬子,井上芳光.青年期女性における月経痛の頻度とやせとの関連.日本公衆衛生雑誌49(6):516-524,2002
77.井上芳光,三木里絵,浅見尚子,上田博之.思春期前児童・若年成人・高齢者の寒冷血管拡張反応.体力科学51(3):291-298,2002
78.井上芳光,米浪直子,小倉幸雄,久保田豊司,芳田哲也,中井誠.夏季スポーツ活動時における発汗量と水分補給量の年齢差.体力科学 51(2):235-244,2002
79.井上芳光,上田博之.タイ人の熱放散反応.平成13年度国際共同研究先導調査事業調査報告書pp12-22,2002
80.井上芳光,稲木千恵,久保田豊司,中井誠一.夏季スポーツ活動時における子どもと若年成人の直腸温と心拍数.日本体育協会スポーツ医・科学報告2001(8):118-125,2001
81.井上芳光,河合美和,小倉幸雄,中井誠一.夏季スポーツ活動時における口渇感と水分補給量の年齢差.日本体育協会スポーツ医・科学報告2001(8):110-117,2001
82.中井誠一,新矢博美,井上芳光.ジュニアサッカー大会における発汗量と飲水量に関する実態調査.日本体育協会スポーツ医・科学報告2001(8):103-109,2001
83.田辺実,花輪啓一,大貫義人,田中英登,井上芳光,平下政美,菅原正志,倉掛重精.高齢者の熱中症に関するアンケート調査.日本体育協会スポーツ医・科学報告2001(8): 15-31,2001
84.Inoue Y. Age-related decrements of heat and cold responses: An approach to developing clothing for the elderly. Proceedings of the International Workshop on Gerontechnology, pp111-114, 2001
85.Kondo N, Shibasaki M, Aoki K, Koga S, Inoue Y, Crandall CG. The function of human eccrine sweat gland during passive heat stress and dynamic exercise. J Appl Physiol 90(5):1877-1881, 2001
86.井上芳光.人の体温調節における発達・老化特性.人間科学研究(神戸大学発達科学部紀要)8(2):65-79,2001
87.井上芳光,中井誠一.夏季運動時における発汗率と水分補給率の年齢差.日本体育協会スポーツ医・科学報告2000 (9):45-53,2000
88.井上芳光.高齢者における運動時の熱放散反応特性とスポーツウェア.繊維製品消費科学 41(4):396-402,2000
89.Shibasaki M, Inoue Y, Kondo N, Aoki K, Hirata K. Relationship between skin blood flow and sweating rate in prepubertal boys and young men. Acta Physiol Scand 167(2): 105-110, 1999
90.Inoue Y, Havenith G, Kenney WL, Loomis JL, Buskirk ER. Exercise- and methylcholine-induced sweating responses in older and younger men: effect of heat acclimation and aerobic fitness. Int J Biometeorol 42(4): 210-216, 1999
91.Inoue Y, Shibasaki M, Ueda H, Ishizashi H. Mechanisms underlying the age-related decrement in the human sweating response. Eur J Appl Physiol 79(2): 121-126, 1999
92.井上芳光,上田博之.高齢者における運動時の発汗および皮膚血流量反応.デサントスポーツ科学 20:87-98,1999
93.井上芳光.高齢者の体温調節機能とスポーツ.J Exerc Sci 9:67-68,1999
94.Kondo N, Takano S, Aoki K, Shibasaki M, Tominaga H, Inoue Y. Regional differences in the effect of exercise intensity on thermoregulatory sweating and cutaneous vasodilation. Acta Physiol Scand 164(1): 71-78, 1998
95.Inoue Y, Shibasaki M, Hirata K, Araki T. Relationship between skin blood flow and sweating rate, and age related regional differences. Eur J Appl Physiol 79(1): 17-23, 1998
96.Inoue Y, Nakao M, Ishizashi H, Tsujita J, Araki T. Regional differences in the Na+ reabsorption of sweat glands. Appl Human Sci 17(5): 219-221, 1998
97.井上芳光.最大皮膚血管コンダクタンスの発育・老化特性.デサントスポーツ科学 19: 254-260,1998
98.Kondo N, Shibasaki M, Takano S, Aoki K, Moriwaki T, Inoue Y. Effects of the density of activated sweat glands and sweat output per gland on the change in sweating rate. The 1997 Nagano Symposium on Sports Science (Nose H, Nadel ER and Morimoto T eds), Cooper Publishing Group, Carmel (IN), pp326-331, 1998
99.Inoue Y. Aging, heat loss effector function and exercise habits. The 1997 Nagano Symposium on Sports Science (Nose H, Nadel ER and Morimoto T eds), Cooper Publishing Group, Carmel (IN), pp418-425, 1998
100.Shibasaki M, Inoue Y, Kondo N. Mechanisms of underdeveloped sweating in prepubertal boys. Eur J Appl Physiol 76(4): 340-345, 1997
101.Shibasaki M, Inoue Y, Kondo N, Iwata A. Thermoregulatory responses of prepubertal boys and young men during exercise. Eur J Appl Physiol 75(3): 212-218, 1997
102.井上芳光.発汗・皮膚血流反応の身体部位差における老化特性.発汗学 4(2):72-76,1997
103.井上芳光.発汗および脈管反応の身体部位差における老化特性.総合健康推進財団報告書 11:33-46,1997
104.Ueda H, Inoue Y, Araki T, Matsudaira M. Clothing microclimate temperatures during thermal comfort in boys, young and older men. Int J Biometeorol 39(3): 127-132, 1996
105.Inoue Y, Shibasaki M. Regional differences in age-related decrements of the cutaneous vascular and sweating responses to passive heating. Eur J Appl Physiol 74(1-2): 78-84, 1996
106.Inoue Y. Longitudinal effects of age on heat-activated sweat gland density and output in healthy active older men. Eur J Appl Physiol 74(1-2): 72-77, 1996
107.Takano S, Kondo N, Shibasaki M, Aoki K, Inoue Y, Iwata A. The influence of work loads on regional differences in sweating rates. Jpn J Physiol 46(2):183-186, 1996
108.Inoue Y, Nakao M. Prediction of maximal oxygen uptake by squat test in men and women. Kobe J Med Sci 42(2):119-129, 1996
109.Inoue Y, Araki T, Tsujita J. Thermoregulatory responses of prepubertal boys and young men in changing temperature linearly from 28 to 15 ℃. Eur J Appl Physiol 72(3): 204-208, 1996
110.今村律子,柴田祥江,井上芳光,平田耕造.暑熱及び寒冷下における高齢者運動時の体温調節と着衣行動.デサントスポーツ科学 17:238-245,1996
111.Havenith G, Inoue Y, Luttikholt V, Kenney WL. The relevance of age for work in a warm humid climate. Aging and Human factors, pp87-92, 1996
112.Inoue Y, Nakao M, Ueda H, Araki T. Seasonal variation in physiological responses to mild cold air in young and older men. Int J Biometeorol 38(3): 131-136, 1995
113.Havenith G, Inoue Y, Luttikholt V, Kenney WL. Age predicts cardiovascular, but not thermoregulatory, responses to humid heat stress. Eur J Appl Physiol 70(1): 88-96, 1995
114.Nakao M, Inoue Y, Murakami H. Longitudinal study on the effect of high intensity weight training on aerobic capacity. Eur J Appl Physiol 70(1): 20-25, 1995
115.Inoue Y, Nakao M, Okudaira S, Ueda H, Araki T. Seasonal variation in sweating responses of older and younger men. Eur J Appl Physiol 70(1): 6-12, 1995
116.芝崎 学,近藤徳彦,井上芳光.子供の体温調節特性.人間科学研究(神戸大学発達科学部紀要)3(1): 99-108,1995
117.井上芳光,荒木勉,芝崎学,平田耕造.暑熱環境下皮膚血流量の加齢的低下機序:発汗量と皮膚血流量との対応関係の身体部位差からの検討.大阪ガスグループ福祉財団研究調査報告集8:49-54,1995
118.井上芳光,中尾美喜夫,荒木勉,上田博之,佐藤茂秋.高齢者の体温調節能の個人差と体格・体力,日常衣内温度及び運動習慣との関連.小野スポーツ科学2:7-20,1994
119.井上芳光,上田博之,中尾美喜夫,荒木勉.高齢者の暑熱・寒冷反応に及ぼす体格,有気的体力,日常歩行量・衣服内温度の影響.日本生気象学会雑誌 31(4):189-199,1994
120.井上芳光,荒木勉.温熱的中立を保証する衣内温度の変動幅とその身体部位差,季節差,年齢差.デサントスポーツ科学 15:238-245,1994
121.井上芳光,荒木勉,鈴木和夫,上田博之.暑熱順化が高齢者の発汗反応に及ぼす影響.大阪ガスグループ福祉財団研究調査報告集6:63-68,1993
122.李鋒,井上芳光,村上宏.六甲山系における毎日登山の健康科学的研究 3.毎日登山者の精神的健康度とライフスタイル.教育医学39(2):222-231,1993
123.李鋒,井上芳光,村上宏.六甲山系における毎日登山の健康科学的研究 2.毎日登山者の体格・体力および心電図所見.教育医学 38(3):178-183,1992
124.Inoue Y, Nakao M, Araki T, Ueda H. Thermoregulatory responses of young and older men to cold exposure. Eur J Appl Physiol 65(6): 492-498, 1992
125.Inoue Y, Nakao M, Araki T, Murakami H. Regional differences in the sweating responses of older and younger men. J Appl Physiol 71(6): 2453-2459, 1991
126.Inoue Y, Nakao M, Ishizashi H, Murakami H. Estimation of total oxygen uptake in women during exercise by total heart beats and aerobic fitness. J Sports Med Phys Fitness 30(2): 147-154, 1990
127.松下健二,井上芳光,中尾美喜夫,村上宏.中・高年者の主観的運動強度を運動処方へ適用するための基礎的研究.教育医学 36(3):184-191,1990
128.中尾美喜夫,井上芳光,松下健二,村上宏.脚筋持久力の性・年齢別標準値.体力科学 39(4):280-281,1990
129.Nakao M, Inoue Y, Murakami H. Aging process of leg muscle endurance in males and females. Eur J Appl Physiol 59(3): 209-214, 1989
130.Inoue Y, Nakao M, Matsushita K, Murakami H. A practical method for estimating total oxygen uptake during exercise in elderly men. J Human Ergol 18(1): 13-22, 1989
131.村上宏,井上芳光,平田まり,中尾美喜夫,松下健二.高齢者の運動習慣を確立するための基礎的研究.大阪ガスグループ福祉財団研究調査報告集1:117-121,1988
132.Inoue Y, Nakao M, Murakami H. Improved estimation of total oxygen uptake in exercise by evaluation of aerobic fitness. Eur J Appl Physiol 56(2): 157-162, 1987
133.Nakao M, Inoue Y, Matsushita K, Murakami H. Simple methods for measuring leg muscular endurance. J Sports Med 26(3): 285-291, 1986
134.Inoue Y, Murakami H, Kubota K. Suitable physique to exhaustive walking in a long distance. J Sports Med 25(3): 127-130, 1985
135.荒木勉,松下健二,井上芳光,中尾美喜夫.運動時発汗量に及ぼす着衣条件の影響に関する部位別検討.体育学研究集録(体育学会兵庫支部)14:55-59,1985
136.松下健二,荒木勉,中尾美喜夫,井上芳光.主として腕労作による運動時発汗量に及ぼす着衣条件の影響に関する部位別検討.体育学研究集録(体育学会兵庫支部)14: 61-68,1985
137.柏原初音,荒木勉,井上芳光,砥堀雅信,辻田純三,綿貫勝.運動時における成人女子の皮膚温反応の部位差並びにそれに及ぼす運動鍛錬の影響.体育学研究集録(体育学会兵庫支部)14:69-75,1985
138.井上芳光,村上宏,中尾美喜夫,松下健二,荒木勉.冬季における運動実施時の安全確保に関する基礎的研究.デサントスポーツ科学 5:147-155,1984
139.後藤幸弘,井上芳光,辻野昭.マイクロ波による疾走速度の測定:ドップラー効果をヒトの速度測定に利用する場合の諸問題について.J J Sports Sci 3(9):700-706,1984
140.Inoue Y, Shimada M, Tsujino A, Goto Y. Application of microwaves to continuous measurement of the velocity during sprint running. Biomechanics Ⅷ, Human Kinetics Publishers (Matsui H, Kobayashi K eds), Champaign (IL), pp1097-1103, 1983
141.井上芳光,島田昌敏,後藤幸弘,辻野昭.マイクロ波のヒトの疾走速度測定への応用.身体運動の科学Ⅴ,杏林書院(日本バイオメカニクス学会編),pp58-65,1983
142.荒木勉,井上芳光.薄着生活が幼児の体温調節機能に及ぼす影響:カゼ罹患率からの検討.学校保健研究24(7):201-206,1982
143.Araki T, Inoue Y, Umeno K. Effects of physical training on thermoregulatory responses to alternate stress of heat and cold. J Physical Fitness Jpn 29(2): 75-81, 1980
144.Araki T, Toda Y, Inoue Y, Tsujino A. The effect of physical training on cold tolerance. J Physical Fitness Jpn 27(4): 149-156, 1978
C.その他(報告書)
1.井上芳光.熱中症の予防と救急処置.みんなのスポーツ3(Vol 431),pp18-19,2017
2.井上芳光.子どもと高齢者の体温調節特性.健康づくり8月号(指導者のための医学の基本,熱中症Ⅲ),p17,2014 3.久保田豊司,井上芳光,松本孝朗,近藤徳彦,上田博之.熱帯地住人の環境適応能の解明とそれに及ぼす生活環境要因.平成17~19年度科学研究費基盤研究(B)研究成果報告書, 2008
4.上田博之,井上芳光.紙おむつの換気必要量に基づく快適性評価.平成18~19年度科学研究費基盤研究(C)研究成果報告書,2008
5.井上芳光,古賀俊策,近藤徳彦,上田博之,平田まり,久保田豊司.発育・老化過程における温熱適応能力の生物学的意義.平成16~18年度科学研究費基盤研究(A)研究成果報告書,2007
6.近藤徳彦,西保 岳,古賀俊策,斉藤満,井上芳光.過度の体温上昇に伴う運動パフォーマンスの低下のメカニズムとその対策.平成16~18年度科学研究費基盤研究(B)研究成果報告書,2007
7.小倉幸雄,井上芳光,近藤徳彦,米浪直子.性周期・運動トレーニングが若年女性における運動時の熱放散反応に及ぼす影響.平成16・17年度科学研究費基盤研究(C)研究成果報告書,2006
8.米浪直子,井上芳光.食事誘発性熱産生量が熱放散反応の身体部位差に及ぼす影響.平成16・17年度科学研究費基盤研究(C)研究成果報告書,2006
9.上田博之,井上芳光.素材布物性・開口部・ゆとり量が身体活動時における部位別衣服換気量に及ぼす影響.平成16・17年度科学研究費基盤研究(C)研究成果報告書,2006
10.井上芳光,平田まり,米浪直子,小倉幸雄.成人女性における暑熱・寒冷反応とそれらに及ぼす運動習慣の影響.平成12~14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,2003
11.平田まり,井上芳光.若年成人女性における起立耐性能への下肢筋力・身体活動度および性周期の影響.平成13・14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,2003
12.古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦 他3名.ヒトの生理学的適応能力の計測技術の体系化.平成12・13年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書,2002
13.井上芳光.暑熱・寒冷反応の発育・老化特性と性差.平成10・11年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,2000
14.井上芳光.発育・老化に伴う体温調節反応の身体部位特性およびそれに及ぼす運動習慣の影響.平成7・8年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書,1997
15.辻野昭,井上芳光.ラグビー・フットボールに要求されるトレーニング:ウエイト・トレーニ ング処方.トレーニングジャーナル第10号: 56-60, 1980
16.辻野昭,井上芳光.ラグビー・フットボールに要求されるトレーニング:トレーニング処方.トレーニングジャーナル第9号: 52-58,1980
17.辻野昭,井上芳光.ラグビー・フットボールに要求されるトレーニング:トレーニングプログラム,トレーニング処方. トレーニングジャーナル第8号: 52-58,1980
18.辻野昭,井上芳光.ラグビー・フットボールに要求されるトレーニング:我が国ラグビー選手の体格・体力〈その2〉.トレーニングジャーナル第7号: 29-36,1980
19.辻野昭,井上芳光.ラグビー・フットボールに要求されるトレーニング:トレーニングの必要性,我が国ラグビー選手の体格・体力〈その1〉.トレーニングジャーナル第6号: 36-41,1980
D.学会発表
(1)特別講演とシンポジウム
1.Inoue Y, Kondo N. Aging, sweating and sweat gland function. The session in “Aging in a hotter world”. The 17th International Congress on Environmental Ergonomics, Kobe, November 2017
2.Inoue Y. Maturation-, aging- and sex-related changes in sweating function. The 12th International Symposium on Sympathetic Surgery (ISSS). Fukuoka, April 2017
3.井上芳光.高齢者の熱中症予防.日本生気象学会主催シンポジウム2016,東京ビックサイト,2016年5月
4.井上芳光.スポーツ活動時の熱中症予防策:子どもを中心に.第9回日本ラグビー学会,特別講演,関西大学,2016年3月
5.井上芳光.老若男女の発汗能力.温熱生理研究会,特別講演,岡崎,2015年8月
6.井上芳光.子どもや高齢者の発汗能力と熱中症予防策.日本ヒートアイランド学会2015年度総会,特別講演,東京,2015年5月
7.Amano T, Inoue Y, Kondo N. Factors for improving heat loss responses to hot environment in humans. International Symposium on Human Adaptation to Environment and Whole-body Coordination. Kobe, March 2015
8.井上芳光.高齢者の体温調節の特徴.「高齢者の日常生活における熱中症予防に日本生気象学会は何を成し得るか」,日本生気象学会,桐蔭横浜大学,2014年10月
9.井上芳光.高齢者の体温調節の特徴.「高齢者の日常生活における熱中症の予防に体力医学会は何を成し得るか」,第69回日本体力医学会,長崎大学,2014年9月
10.井上芳光.発汗機能の成長と老化.第22回発汗学会(第27回運動と体温の研究会),特別講演,長崎大学, 2014年9月
11.井上芳光.研究の魅力:私はなぜ今「老若男女の発汗能力」の研究をしているのか.2014年度日本生理人類学会夏季セミナー,特別講演,京都,2014年9月
12.井上芳光.体温調節機能の老化とその性差.日本家政学会第33回被服衛生部会セミナー,一般公開講演,高崎,2014年8月
13.井上芳光.子供と高齢者の特徴.「日常生活における熱中症予防指針」改訂の趣旨と解説,生気象学会公開講座,東京農業大学,東京,2014年7月
14.井上芳光.発汗機能のバリエーション.『生体機能のバリエーション』,日本生理人類学会第69回大会,九州大学,2014年6月
15.井上芳光.老若男女の発汗能力.第47回快適性を考えるシンポジウム,日本繊維製品消費科学会,特別講演,京都,2014年4月
16.井上芳光.子どもと高齢者の体温調節特性.第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会,熊本市国際交流会館,2013年10月
17.井上芳光.子どもと高齢者の特徴.第27回運動と体温の研究会,立教大学,2013年9月
18.井上芳光.子どもと高齢者の熱中症予防策.日本生気象学会主催シンポジウム2012,京都女子大学,2012年6月
19.一之瀬(桑原)智子,井上芳光.女性における運動時の発汗調節特性.第19回発汗学会総会,愛知医大,2011年9月
20.天野達郎,加藤悠太郎,井上芳光,近藤徳彦.運動時の精神性発汗特性.第19回発汗学会総会,愛知医大,2011年9月
21.井上芳光,上田博之,Chucheep Praptpittaya,栃原 裕.タイ人の汗腺機能における老若男女特性.日本生理人類学会第64回大会,九州大学,2011年6月
22.井上芳光.発汗機能の老化.人類学関連学会協議会合同シンポジウム「加齢―老いの生態をめぐって―」,仙台,2010年10月
23.井上芳光.暑熱適応能の老化とその遅延策.第18回運動生理学会シンポジウム,鹿児島大学,2010年7月
24.井上芳光.高齢者の発汗機能.第10回日本抗加齢医学会総会,京都国際会議場,2010年6月
25.井上芳光.老若男女の体温調節反応と衣服.繊維機械学会秋季セミナー,特別講演,京都,2009年11月
26.井上芳光.よい汗.日本生理人類学会第59回大会,東京,2008年10月
27.井上芳光.老若男女の暑熱適応能.建築学会環境工学委員会熱環境運営委員会(第38回熱シンポジウム),特別講演,東京,2008年7月
28.井上芳光.熱放散反応の老化過程:全身協関的視点からのアプローチ.日本生理人類学会第58回大会,大阪,2008年6月
29.井上芳光.老若男女の体温調節反応.第20回運動と体温の研究会,特別講演,秋田,2007年9月
30.Inoue Y, Ichinose KT, Ogura Y, Kubota T, Ueda H, Ooue A, Kondo N. Sex differences in the effects of physical training on sweat gland function. “Thermal sweating” in the session 3.2, The 12th International Congress on Environmental Ergonomics, Piran, Slovenia, August 2007
31.Kondo N, Inoue Y, Koga S, Nishiyasu T. The effect of non-thermal factors on heat loss responses during exercise in humans. “Non-themal factors” in the session 3.1, The 12th International Congress on Environmental Ergonomics, Piran, Slovenia, August 2007
32.Inoue Y. Aging process of heat loss effector function. Ⅷ International Congress on Physiological Anthropology, Kamakura, October 2006
33.井上芳光.年齢及び性別を考慮した熱中症予防指針の実験的根拠.第61回日本体力医学会大会シンポジウムⅠ『運動時の熱中症予防指針への提言』, 神戸, 2006年9月
34.井上芳光.老若男女の熱放散反応.第13回発汗学会,教育講演,東京,2005年8月
35.井上芳光.部位別衣服換気量の測定とスポーツウェア設計.第13回運動生理学会シンポジウム,東京,2005年7月
36.Inoue Y, Kuwahara T, Araki T. Maturation- and aging-related changes in heat loss effector function. 人工環境デザイン国際シンポジウム(21世紀COEプログラム「感覚特性に基づく人工環境デザイン研究拠点」主催), Fukuoka, December 2004
37.井上芳光.子どもと高齢者の体温調節機能と衣服.日本繊維機械学会北陸支部研究発表会, 特別講演,高岡, 2003年12月
38.井上芳光.子どもと高齢者の熱中症予防策.第42回日本生気象学会シンポジウム,神戸,2003年10月
39.井上芳光.熱放散反応と年齢・性差.第11回運動生理学会シンポジウム,名古屋,2003年8月
40.井上芳光.高齢者の体温調節機能と衣服.家政学会被服学関係部会夏季合同セミナー,特別講演,東京,2003年8月
41.井上芳光.熱放散反応の発育・老化特性とその修飾要因,繊維機械学会,特別講演,大阪,2003年7月
42.井上芳光.子どもと高齢者の熱放散反応.日本適応医学会第7回学術集会シンポジウム,鳥取大学,2003年 6月
43.井上芳光.熱放散反応の性周期・性差.第3回環境生理シンポジウム(第80回日本生理学会大会サテライトシンポジウム),福岡,2003年3月
44.井上芳光.子どもと高齢者の体温調節特性とウエア開発.日本繊維学会(感覚と計測研究委員会),特別講演,東京,2001年12月
45.Inoue Y. Age-related decrements of heat and cold responses: An approach to developing clothing for the elderly. The International Workshop on Gerontechnology, Tsukuba, March 2001
46.Inoue Y, Shibasaki M, Araki T. Strategy for preventing heat illness in children and the elderly. GSSI Sports Science Network Forum in Nagano 2000, Nagano, October 2000
47.井上芳光.老化と運動時体温調節:老化機序および運動トレーニングの影響.第77回日本生理学会大会(シンポジウムⅡ『Human Exercise Physiologyの新展開』),東京,2000年3月
48.井上芳光.高齢者における運動時の熱放散反応特性とスポーツウエア.第18回快適性を考えるシンポジウム,日本繊維製品消費科学会,大阪,1999年9月
49.井上芳光.高齢者の体温調節機能とスポーツ.第9回日本女子体育大学附属基礎体力研究所フォーラム(『高齢者のからだとスポーツを考える』),日本女子体育大学,1998年11月
50.Inoue Y. Aging, heat loss effector function and exercise habits. Nagano Symposium on Sports Science for the Winter Olympic Games '98, Nagano, Matsumoto, October 1997
51.井上芳光.熱放散反応の発育・老化特性.第38回日本生理人類学会(シンポウムⅠ『体温を修飾する運動,加齢,衣服,日内リズム』),神戸,1997年9月
52.井上芳光.発汗・皮膚血流反応の身体部位差における老化特性.第5回日本発汗学会(シンポジウムⅢ『高齢者の発汗』),東京,1997年8月
53.Inoue Y. Aging, thermoregulation and exercise habits (Symposium: Toward healthy Aging; Assessment of health status). Third International Congress on Physiological Anthropology, Nara, September 1996
54.井上芳光.高齢者の発汗.第48回日本体力医学会大会(シンポジウムⅡ『運動と体温』),徳島,1993年9月

(2)一般発表
1.Ueda H, Ichinose-Kuwahara T, Praptpittaya C, Kondo N, Inoue Y. Sex differences in the development of peripheral sudomotor sensitivity to acetylcholine. ICEE2017, Kobe, November 2017
2.天野達郎,藤井直人,井上芳光,近藤徳彦.運動トレーニング者における安静温熱負荷時の発汗反応:一酸化窒素とシクロオキシゲナーゼの影響.第72回日本体力医学会大会,松山,2017年9月
3.Gerrett N, Amano T, Havenith G, Inoue Y, Kondo N. Endogenous and exogenous heating on the sweat glands ion reabsorption rates. The 8th Asian-pasific coference on Exercise and Sports Science 2017 (8th APCESS 2017),Bangkok, June 2017
4.Gerrett N, AmanoT, Havenith G, Inoue Y, Kondo N. Endogenous and exogenous heating on the sweat glands ion reabsorption rates. 22nd annual Congress of the European College of Sports Science (ECSC) , Germany, July 2017
5.井上芳光,山本悠菜,湯川静信,一之瀬 智子,上田博之,天野達郎,近藤徳彦.高齢マラソンランナーにおける汗塩分再吸収反応.日本生理人類学会第74回大会,和倉温泉会館,2016年10月
6.上田博之,塩見敦子,小倉 幸雄,勝俣康之,一之瀬 智子,井上芳光.女子陸上長距離・短距離,水泳選手におけるアセチルコリン誘発性発汗.日本生理人類学会第74回大会,和倉温泉会館,2016年10月
7.井上芳光,小倉幸雄,一之瀬智子,天野達郎,近藤徳彦.高齢マラソンランナーにおける発汗反応の身体部位差.第71回日本体力医学会大会,盛岡,2016年9月
8.天野達郎,葺石育美,白本愛,井上芳光,西保岳,近藤徳彦.精神性ストレスが筋代謝受容器活動時の熱放散反応に及ぼす影響.第71回日本体力医学会大会,盛岡,2016年9月
9.葺石育美,天野達郎,白本愛,古賀俊策,井上芳光,西保岳,近藤徳彦.精神性ストレスが安静温熱負荷時の体温-発汗量関係に及ぼす影響.第71回日本体力医学会大会,盛岡,2016年9月
10.Inoue Y, Ueda H, Ichinose-Kuwahara T, Praptpittaya C. Sex differences in the development of acetylcholine-induced sweating responses. Modernization and Health in the Asia-Pacific Region, Hilo, USA, August 2016
11.井上芳光,旭 陽子,森田果那,山本悠菜,一之瀬智子,上田博之,近藤徳彦.高齢マラソンランナーにおける運動時の発汗・皮膚血流反応.日本生理人類学会第73回大会,大阪市立大学,2016年6月
12.勝俣康之,松下彩希,堂野 真樹,小倉 幸雄,一之瀬 智子,上田博之,井上芳光.女子陸上長距離・短距離、水泳選手における運動時の局所発汗量.日本生理人類学会第73回大会,大阪市立大学,2016年6月
13.井上芳光,小倉幸雄,一之瀬智子,天野達郎,近藤徳彦.高齢マラソンランナーの運動時発汗反応とその身体部位差.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2015年9月
14.天野達郎,井上芳光,西保岳,古賀俊策,近藤徳彦.前腕部における筋代謝受容器活動が自転車運動時の熱放散反応に及ぼす影響.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2015年9月
15.小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.高温下運動時における持久系・瞬発系種目の水分摂取と生体負担度.第70回日本体力医学会大会,和歌山,2015年9月
16.Amano T, Inoue Y, Nishiyasu T, Kenny GP, Kondo N. Effects of forearm muscle metaboreceptors activation on sweating and cutaneous vascular responses during passive heatind and cycle exercising in humans. 16th International Congress on Environmental Ergonomics, Portsmouth, England, July 2015
17.井上芳光,崎濱真子,上田博之,一之瀬智子,小倉幸雄,勝俣康之,天野達郎,近藤徳彦.高齢マラソンランナーの発汗反応.日本生理人類学会第72回大会,北海道大学,2015年5月
18.Ueda H, Masuda T, Inoue Y. Methodological proposal to estimate convection between body sites underneath clothing. The 43st Textile Research Symposium, Christchurch, New Zealand, December 2014
19.石指宏通,井上芳光.高齢者における血栓形成関連因子の日内・季節変動の解明.日本生理人類学会第71回大会,神戸大学,2014年11月
20.井上芳光,山崎彩佳,坂東沙耶,戸谷 真理子,一之瀬 智子,上田 博之.夏季における温熱的生活環境の性差・年齢差・季節.日本生理人類学会第71回大会,神戸大学,2014年11月
21.天野達郎,一之瀬真志,井上芳光,西保岳,古賀俊策,近藤徳彦.筋代謝受容器活動が安静温熱負荷時の熱放散反応に及ぼす影響.日本生理人類学会第71回大会,神戸大学,2014年11月
22.天野達郎,井上芳光,西保岳,近藤徳彦.局所発汗量と皮膚コンダクタンス関係から汗腺の塩分再吸収能力を評価する試み.第69回日本体力医学会大会,長崎大学,2014年9月
23.小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.摂取水温が夏季フィールド運動時における水分補給量と発汗量に及ぼす影響.第69回日本体力医学会大会,長崎大学,2014年9月
24.天野達郎,井上芳光,西保岳,近藤徳彦.局所発汗量と皮膚コンダクタンス関係から汗腺の塩分再吸収能力を評価する試み.第28回運動と体温の研究会,長崎大学,2014年9月
25.井上 芳光,戸谷 真理子,村田 夏紀, 一之瀬 智子,上田 博之.皮膚温度感受性の加齢的変化:20歳~96歳を対象として.日本生理人類学会第69回大会,同志社大学,2013年10月
26.石指宏通,井上芳光.高齢者におけるスポーツ活動時の血栓形成関連因子の動態.日本生理人類学会第69回大会,同志社大学,2013年10月
27.小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.摂取水温が夏季フィールド運動時における水分補給量と発汗量に及ぼす影響.第68回日本体力医学会大会,東京,2013年9月
28.天野達郎,井上芳光,古賀俊策,西保岳,近藤徳彦.大腿部圧迫を用いた自転車運動トレーニングが熱放散反応改善に及ぼす影響.第68回日本体力医学会大会,東京,2013年9月
29.井上 芳光,東海 美咲,宮川 しおり,戸谷 真理子,一之瀬 智子,上田 博之.高齢者における夏季の温熱的生活環境.第27回運動と体温の研究会,東京,2013年9月
30.天野達郎,三輪樹生,井上芳光,西保岳,近藤徳彦.大腿部圧迫を用いた高温下での運動トレーニングが体温調節反応の改善に及ぼす影響.第27回運動と体温の研究会,東京2013年9月
31.Ueda H, Inoue Y, Masda T. Influence of Apertures on Clothing Ventilation in Outdoor Wear. The 37th Textile Research Symposium at Mt.Fuji, Shizuoka, September 2013
32.Inoue Y, Ichinose-Kuwahara T, Funaki C, Ueda H, Tochihara Y, Kondo N. Sex differences in acetylcholine-induced sweating responses due to physical training. ICPA, Banff, Canada, August 2013
33.井上 芳光,東海 美咲,宮川 しおり,戸谷 真理子,一之瀬 智子,上田 博之.夏季における高齢者の温熱的生活環境およびそれと体温調節能力との関連性.日本生理人類学会第68回大会,金沢大学,2013年6月
34.戸谷 真理子,井上 芳光,一之瀬 智子,上田 博之.アセチルコリン誘発性発汗の加齢的変化とその性差:20歳~96歳を対象として.日本生理人類学会第68回大会,金沢大学,2013年6月
35.Inoue Y, Ichinose-Kuwahara T, Tanaka A, Tanaka E, Ueda H, Amano T, Tochihara Y, Kondo N. Sex differences in effective and ineffective sweating rates during exercise in hot, humid conditions.15th International Congress on Environmental Ergonomics, Queenstown, New Zealand, February 2013
36.Ueda H, Inoue Y. Improved procedure for estimating time-dependent changes in local sweat rates by measuring local sweat volumes by using absorbing pads. 15th International Congress on Environmental Ergonomics, Queenstown, New Zealand, February 2013
37.Amano T, Ichinose M, Miwa M, Inoue Y, Nishiyasu T, Kondo N. Sweating responses to passive calves during activation of muscle metaboreflex in forearm in humans.15th International Congress on Environmental Ergonomics, Queenstown, New Zealand, February 2013
38.井上芳光,上田博之,Chucheep Praptpittaya.汗腺機能における運動トレーニング効果の年齢差.第26回運動と体温の研究会,岐阜,2012年9月
39.天野達郎,一之瀬真志,三輪樹生,井上芳光,西保岳,近藤徳彦.筋からの複合的な求心性入力が発汗反応に及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012年9月
40.伊東太郎,植杉優一,原千昌,森上真依,中西康人,木下博,井上芳光.疲労姿勢筋の連続投球動作中の回復に長期トレーニングが及ぼす影響.第67回日本体力医学会大会,岐阜,2012年9月
41.上田博之,細川実可子,下田菜央,井上芳光.吸収シートによる局所総発汗量からその経時変化を推定する試み.日本生理人類学会第66回大会,長崎大学,2012年5月
42.井上芳光,戸谷真理子,亀井葉月,上田博之.70歳代高齢者における汗腺機能とその性差.日本生理人類学会第66回大会,長崎大学,2012年5月
43.井上 芳光,大木淑恵,安岡沙紀,一之瀬(桑原)智子,上田博之.高齢者における汗腺機能の季節変化.日本生理人類学会第65回大会,関西大学,2011年11月
44.井上芳光,上田博之,Chucheep Praputpittaya,栃原 裕.発育過程における汗腺機能の性差.第50回日本生気象学会,京都,2011年11月
45.Shibasaki M, Kubo H, Isoda N, Inoue Y. Sweat rate and skin blood flow to increasing doses of methacholine in aged skin. ICHES, Sapporo, November 2011
46.天野達郎,古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦.長距離選手と短距離選手の安静温熱負荷時における発汗応答特性.第66回日本体力医学会大会,下関,2011年9月
47.天野達郎,古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦.異なる運動トレーニングがヒトの温熱性および非温熱性熱放散反応に及ぼす影響.第25回運動と体温の研究会,小倉,2011年9月
48.井上芳光,上田博之,西上 舞,中田早保,島名孝次.運動時における発汗量の身体部位差:吸水シートを用いて.日本生理人類学会第64回大会,九州大学,2011年6月
49.上田博之,松平光男,仲井友香,井上芳光.吸水シートを用いた局所発汗量測定の開発.日本家政学会第63回大会,千葉,2011年5月
50.Ueda H, Inoue Y, Matsudaira M. Required clothing ventilation in disposable diapers for Adult. The 36th Textile Research Symposium at India, Delhi, December 2010
51.井上芳光,田中綾香,田中絵里香,小倉幸雄,一之瀬智子,上田博之.高温高湿下運動時の有効発汗量と無効発汗量の性差.日本生理人類学会第63回大会,千葉大学,2010年10月
52.一之瀬智子,柴田亜耶,中川梓,小倉幸雄,井上芳光.水中運動トレーニングが熱放散反応に及ぼす影響.日本生理人類学会第63回大会,千葉大学,2010年10月
53.小倉幸雄,中川梓,柴田亜耶,一之瀬智子,井上芳光.女子陸上競技長距離選手と短距離選手における運動時熱放散反応.日本生理人類学会第63回大会,千葉大学,2010年10月
54.井上芳光,一之瀬智子.下肢における汗腺機能の老化とその身体部位差.第65回日本体力医学会大会,千葉,2010年9月
55.一之瀬智子,小倉幸雄,井上芳光.暑熱下運動トレーニングが女性の汗腺機能に及ぼす影響.第65回日本体力医学会大会,千葉,2010年9月
56.井上芳光,田中綾香,田中絵理香,小倉幸雄,一之瀬智子,天野達郎,近藤徳彦.高温高湿下運動時における発汗効率の性差.第24回運動と体温の研究会,千葉,2010年9月
57.天野達郎,古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦.短距離選手と長距離選手の末梢性発汗機能特性.第24回運動と体温の研究会,千葉,2010年9月
58.Koga S, Fukuoka Y, Kondo N, Fukuba Y, Ohmae E, Inoue Y. Evaluation of aerobic work capacity during a non-steady state following exercise onset. 10th International Congress of Physiological Anthropology, Fremantle, Australia, September 2010
59.天野達郎,大上安奈,古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦.長距離選手及び短距離選手における筋代謝受容器活動時の熱放散反応.日本生理人類学会第62回大会,大阪国際大学,2010年5月
60.小倉幸雄,大上安奈,一之瀬智子,近藤徳彦,井上芳光.摂取水温が運動時の体温・循環調節反応に及ぼす影響.日本生理人類学会第62回大会,大阪国際大学,2010年5月
61.伊東太郎,南本祐介,渡邊完児,井上芳光.姿勢筋疲労にともなう姿勢協同筋の補償作用.日本生理人類学会第62回大会,大阪国際大学,2010年5月
62.井上芳光,一之瀬智子,小倉幸雄,近藤徳彦.汗腺機能の加齢的変化とその性差.第64回日本体力医学会大会,新潟,2009年9月
63.一之瀬智子,小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.女性高齢者における熱放散反応.第64回日本体力医学会大会,新潟,2009年9月
64.小倉幸雄,大上安奈,一之瀬智子,近藤徳彦,井上芳光.水分摂取およびその水温が高温下長時間運動時の体温・循環調節反応に及ぼす影響.第64回日本体力医学会大会,新潟,2009年9月
65.Inoue Y, Ueda H, Kubota T, Kondo N, Matsumoto T, Sutabhaha T, Praptpittaya C. Sweat gland function in Thai and Japanese Males in relation to physical training. The 13th International Congress on Environmental Ergonomics, Boston, USA, August 2009
66.上田博之,井上芳光,松平光男.衣服換気量による紙おむつの湿り気評価.第62回日本繊維機械学会,大阪,2009年5月
67.井上芳光,上田博之,久保田豊司,Praputpittaya C, Sutabhaha T.タイの高齢者における下肢温浴時の熱放散反応.日本生理人類学会第59回大会,実践女子大学,2008年10月
68.上田博之,井上芳光,久保田豊司,Praputpittaya C, Sutabhaha T.タイの子供における下肢温浴時の熱放散反応.日本生理人類学会第59回大会,実践女子大学,2008年10月
69.浅島千恵,井上芳光,久保田豊司,上田博之,Praputpittaya C,Sutabhaha T.タイ人のアセチルコリン誘発性発汗の加齢的変化.日本生理人類学会第59回大会,実践女子大学,2008年10月
70.大上安奈,古賀俊策,井上芳光,近藤徳彦.運動時の深部体温上昇に伴う非活動肢の酸素動態特性と運動強度の影響.日本生理人類学会第58回大会,大阪市立大学,2008年6月
71.Praputpittaya C, Sutabhaha T, Ueda H, Kubota T, Inoue Y. Acetylcholine-induced sweat responses in Thai and Japanese males in relation to physical training. The 37th Annual Conference of Physiological Society of Thailand, Pattaya, Chonburi, Thailand, May 2008
72.Praputpittaya C, Pleumsamran A, Inoue Y, Ueda H. Effect of physical training on sweat responses of Thai men during exercise. The Third Research Meeting, Research Path: Towards a Green and Happy Society, Chiang Mai University, Chiang Mai, Thailand, November 2007
73.井上芳光,迫田 妙,一之瀬(桑原)智子,大上安奈,近藤徳彦,古賀俊策.膝伸展運動時における高齢者の大腿動脈血流量.日本生理人類学会第57回大会,九州大学,2007年10月
74.上田博之,Chucheep Praputpittaya,Tharaporn Sutabhaha,久保田 豊司,秋田更紗,松本孝朗,井上 芳光.タイ人の汗腺機能とそれに及ぼす運動トレーニングの影響.日本生理人類学会第57回大会,九州大学,2007年10月
75.古賀俊策, 齊藤 直, 井上芳光, 大上安奈, 近藤徳彦.運動時の筋肉脱酸素化動態の不均一性.日本生理人類学会第57回大会,九州大学,2007年10月
76.小倉幸雄,久保田豊司,井上芳光.運動トレーニングに伴う汗腺機能の改善とその性差.日本体育学会,神戸大学,2007年9月
77.Ooue A, Ichinose KT, Saito T, Inoue Y, Nishiyasu T, Koga S, Kondo N. Changes in blood flow in the superficial and deep veins of the upper arm during leg exercise in humans. The 12th International Congress on Environmental Ergonomics, Piran, Slovenia, August 2007
78.Ueda H, Matsudaira M, Inoue Y. The effect of urine loading on the wetted area and the clothing ventilation in disposable diapers. The 35th Textile Research Symposium at Mt. Fuji, Shizuoka, August 2007
79.井上 芳光,一之瀬(桑原) 智子,大上 安奈,上田 博之,近藤 徳彦,古賀 俊策.女性高齢者の発汗反応.日本生理人類学会第56回大会,秋田大学,2007年6月
80.近藤徳彦,一之瀬智子,大上安奈,井上芳光,西保岳,古賀俊策.長時間間欠運動時におけるヒトの体温調節反応.第61回日本体力医学会大会,神戸,2006年9月
81.大上安奈,一之瀬智子,井上芳光,古賀俊策,近藤徳彦.運動時における上腕部の動脈および静脈の血流応答特性.第61回日本体力医学会大会,神戸,2006年9月
82.浅島千恵,一之瀬(桑原)智子,大上安奈,近藤徳彦,古賀俊策,荒木勉,井上芳光.老化が下肢温浴時の上腕・大腿動脈血流量に及ぼす影響.生理人類学会第55回大会,芝浦工業大学,2006年6月
83.一之瀬(桑原)智子,浅島千恵,大上安奈,上田博之,近藤徳彦,古賀俊策,井上芳光.高齢者における皮膚温冷覚閾値.生理人類学会第55回大会,芝浦工業大学,2006年6月
84.井上芳光,一之瀬(桑原)智子,浅島千恵,大上安奈,上田博之,近藤徳彦,古賀俊策.発汗機構の老化過程.生理人類学会第55回大会,芝浦工業大学,2006年6月
85.大上安奈,一之瀬(桑原)智子,井上芳光,古賀俊策,近藤徳彦.運動時における上腕部静脈血流と前腕部皮膚血流の応答特性.生理人類学会第55回大会,芝浦工業大学,2006年6月
86.桑原智子,小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.発汗機能の運動トレーニング効果と性差.生理人類学会第54回大会,東北工業大学,2005年11月
87.Kuwahara T, Ogura Y, Shamsuddin AKM, Ooue A, Inoue Y, Kondo N. Effects of short-term endurance training on heat loss responses in young women during moderate exercise in a temperate environment. The Third International Conference on Human-Environment System. Tokyo, Japan, September 2005
88.Ueda H, Matsudaira M, Inoue Y, Araki T. The Influence of the clothing ventilation on the humidity of the clothing microclimates immediately after the onset of sweating in relation to body regions. The 34th Textile Research Symposium at Mt. Fuji, Shizuoka, August 2005
89.Kuwahara T, Ogura Y, Shamsuddin AKM, Ooue A, Inoue Y, Kondo N. Effects of short-term endurance training on heat loss responses during moderate exercise in young women. 52th ACSM Annual Meeting, USA, June 2005
90.井上芳光,桑原智子.夏季スポーツ活動時における思春期前児童の直腸温と総発汗量.生理人類学会第53回大会,長崎大学,2005年6月
91.桑原智子,小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.3ヶ月間の運動トレーニングが若年女性の熱放散反応に及ぼす影響.生理人類学会第53回大会,長崎大学,2005年6月
92.Inoue Y, Ueda H. Changes in sweating response with aging in healthy older men: 10-yr follow-up. The 11th International Congress on Environmental Ergonomics, Ystad, Sweaden, May 2005
93.Ueda H, Inoue Y, Havenith G. The influence of a back opening on clothing venttilation in rainwear. The 11th International Congress on Environmental Ergonomics, Ystad, Sweaden, May 2005
94.米浪直子,桑原智子,井上芳光.スポーツ飲料補給が練習後の栄養摂取量と血液性状に及ぼす影響.生理人類学会第52回大会,東京大学,2004年10月
95.桑原智子,近藤徳彦,井上芳光.運動トレーニングが常温下中等度運動時の熱放散反応に及ぼす影響.生理人類学会第52回大会,東京大学,2004年10月
96.小倉幸雄,桑原智子,近藤徳彦,井上芳光.運動トレーニングに伴う発汗機能の亢進に性差はあるのか?.第59回日本体力医学会大会,大宮,2004年9月
97.桑原智子,近藤徳彦,井上芳光.3か月間の運動トレーニングが若年女性の熱放散反応に及ぼす影響.第59回日本体力医学会大会,大宮,2004年9月
98.井上芳光,桑原智子,上田博之.高齢者における発汗反応の10年間の変化.生理人類学会第51回大会,北海道大学,2004年6月
99.桑原智子,近藤徳彦,井上芳光.運動トレーニングが下肢温浴時の熱放散反応に及ぼす影響.生理人類学会第51回大会,北海道大学,2004年6月
100.上田博之,井上芳光.レインウェアの背部開口が部位別換気量に及ぼす影響.生理人類学会第51回大会,札幌,2004年6月
101.桑原 智子,近藤 徳彦,井上 芳光.常温環境下での中等度運動における若年女性の熱放散反応特性:女性ホルモンおよび体力レベルの影響.第42回日本生気象学会,神戸,2003年10月
102.上田博之,井上芳光.衣服換気量の部位別測定法の考案とその応用.第42回日本生気象学会,神戸,2003年10月
103.米浪直子,井上芳光.食事摂取と熱産生・熱放散反応の関連性:食事量および有酸素能力の影響.第42回日本生気象学会,神戸,2003年10月
104.井上芳光,桑原智子,内山朋子,米浪直子.運動トレーニング者における脚運動時の上腕動脈血流量と皮膚血流量.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003年9月
105.桑原 智子,内山朋子,近藤 徳彦,井上 芳光.運動トレーニングが若年女性の運動強度‐汗腺活動関係に及ぼす影響.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003年9月
106.米浪直子,久保田豊司,小倉幸雄,石指宏通,土居達也,井上芳光.スポーツ飲料補給が練習後の血液性状と栄養摂取量に及ぼす影響.第58回日本体力医学会大会,静岡,2003年9月
107.Havenith G, Ueda H, Sari H, Inoue Y. Required clothing ventilation for different body regions in relation to local sweat rates. 2nd European Conference on Protective Clothing (ECPC), "Challenges for Protective Clothing", Montreux, Switzerland, May 2003
108.井上芳光.「冷え性」申告者の寒冷反応.2002年度バイオクリマ研究会,東京,2003年3月
109.井上芳光.高齢者における発汗反応の縦断的検討:10年間の変化.第41回日本生気象学会,宇都宮,2002年11月
110.野村知加,桑原智子,米浪直子,近藤徳彦,井上芳光.「冷え性」申告者の耐寒反応.第41回日本生気象学会,宇都宮,2002年11月
111.上田博之,井上芳光,松本孝朗,都築和代,小坂光男,菅屋潤壹,Praputpittaya C,Sittiracha T,Borwornsin C,Kritsanasap J,Pongchaidecha A.タイ人の熱放散反応:運動鍛錬者と非鍛錬者の比較.第41回日本生気象学会,宇都宮,2002年11月
112.米浪直子,池田麻友美,野村知加,桑原智子,上田博之,井上芳光.食事摂取が熱放散反応の身体部位差に及ぼす影響.第41回日本生気象学会,宇都宮,2002年11月
113.野村知加,桑原智子,小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.寒冷環境下における体温調節反応の性周期・性差.第57回日本体力医学会大会,高知,2002年9月
114.桑原智子,野村知加,柳本周治,小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.性周期および運動トレーニングが常温環境下における運動時の熱放散反応に及ぼす影響.第57回日本体力医学会大会,高知,2002年9月
115.柳本周治,桑原智子,張遠,井上芳光,近藤徳彦.持久性運動トレーニング者と非トレーニング者の高温環境下における動的運動開始時の熱放散反応特性.第57回日本体力医学会大会,高知,2002年9月
116.井上芳光,桑原智子,野村知加,久保田豊司,小倉幸雄,中井誠一.夏季スポーツ活動時における子どもの直腸温と心拍数.第57回日本体力医学会大会,高知,2002年9月
117.小倉幸雄,桑原智子,野村知加,石指宏通,近藤徳彦,井上芳光.運動トレーニングが皮膚血流量と発汗量の対応関係に及ぼす影響.第57回日本体力医学会大会,高知,2002年9月
118.桑原智子,井上芳光,小倉幸雄,近藤徳彦.運動トレーニングが若年女性の熱放散反応に及ぼす影響.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001年9月
119.井上芳光,桑原智子,上田博之,石指宏通.レーザードップラー式血流画像化装置の妥当性.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001年9月
120.石指宏通,井上芳光,中尾美喜夫.運動負荷時におけるvWFとvWF特異的切断酵素の動態.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001年9月
121.小倉幸雄,井上芳光,久保田豊司,中井誠一.夏季運動時における発汗率と水分補給率の年齢差.第56回日本体力医学会大会,仙台,2001年9月
122.小倉幸雄,井上芳光.暑熱下における発汗・皮膚血流量反応の性周期・性差.大阪体育学会,大阪,2001年3月
123.浅見尚子,井上芳光,近藤徳彦,田中喜代次.思春期前児童における運動時の発汗・皮膚血流反応.第55回日本体力医学会大会,富山,2000年9月
124.小倉幸雄,井上芳光,浅見尚子,上田博之,石指宏通,芝崎学,近藤徳彦.発汗能の性周期・性差.第55回日本体力医学会大会,富山,2000年9月
125.芝崎学,近藤徳彦,井上芳光.Normothermia時の発汗反応に影響する非温熱因子.第55回日本体力医学会大会,富山,2000年9月
126.井上芳光,浅見尚子,小倉幸雄,上田博之,石指宏通,芝崎学,近藤徳彦.暑熱下における皮膚血流量反応の性周期・性差.第55回日本体力医学会大会,富山,2000年9月
127.石指宏通,井上芳光,中尾美喜夫.運動負荷前後における血漿von Willebrand因子の変化.第55回日本体力医学会大会,富山,2000年9月
128.井上芳光.暑熱・寒冷反応の発育・老化特性.運動と体温の会,富山,2000年9月
129.Kondo N, Yanagimoto K, Aoki K, Shibasaki M, Inoue Y. The depencence of activated sweat glands on changing sweating rate during sustained static exercise in humans. APS, USA, September 2000
130.Kondo N, Yanagimoto S, Aoki K, Shibasaki M, Inoue Y, Nishiyasu T. The effect of endurance training on sweating responses to sustained static exercise in humans. 47th ACSM Annual Meeting, Indianapolice (USA), June 2000
131.井上芳光,上田博之,石指宏通,中尾美喜夫,近藤徳彦.高齢者における運動時の発汗反応.第54回日本体力医学会大会,熊本,1999年9月
132.石指宏通,井上芳光,中尾美喜夫.有気的体力と8−ヒドロキシデオグアニン,サイトカインの関連性.第54回日本体力医学会大会,熊本,1999年9月
133.Inoue Y, Ueda H. Maximal cutaneous vascular conductance in prepubertal boys, young and men. 46th ACSM Annual Meeting, Seattle (USA), June 1999
134.井上芳光,上田博之.発汗反応の老化機序:発汗波からの検討.第37回日本生気象学会,札幌,1999年1月
135.井上芳光.体温調節能の発育・老化特性.大阪体育学会運動生理・バイオメカニクス合同分科会,大阪,1998年11月
136.井上芳光,上田博之.最大皮膚血管コンダクタンスの発育・老化特性.第53回日本体力医学会大会,横浜,1998年9月
137.Inoue Y, Ueda H, Shibasaki M. Mechanisms of age-related decrements in sweating responses. 45th ACSM Annual Meeting, Orlando (USA), June 1998
138.Ueda H, Inoue Y. Regional differences in the peripheral vasoconstriction of prepubertal boys. 45th ACSM Annual Meeting, Orlando (USA), June1998
139.Kondo N, Shibasaki M, Takano S, Aoki K, Moriwaki T, Inoue Y. The effects of the density of activated sweat gland and sweat output per gland on change in sweating rate. Nagano Symposium on Sports Science for the Winter Olympic Games '98, Nagano, Matsumoto, October 1997
140.井上芳光.高齢者における寒冷反応の経年的変化.第52回日本体力医学会大会,大阪,1997年9月
141.香川洋子,助田英雄,後藤淳,井上芳光.寒冷期における高齢者用アンダーウェアの開発(第1報).日本生理人類学会第38回大会,神戸女子大学,1997年9月
142.後藤淳,助田英雄,香川洋子,井上芳光.寒冷期における高齢者用アンダーウェアの開発(第2報).日本生理人類学会第38回大会,神戸女子大学,1997年9月
143.Inoue Y, Shibasaki M, Kondo N, Hirata K, Ueda H. Relationships of sweat rate and skin blood flow in prepubertal boys and young men. 44th ACSM Annual Meeting, Denver (USA), May 1997
144.Kondo N, Takano S, Inoue Y. The effect of exercise intensity on regional differences in sweating responses. 44th ACSM Annual Meeting, Denver (USA), May 1997
145.Inoue Y. Heat loss effector function, aging and clothing. 2nd Clothing Environment Seminar, Seoul (Korea), November 1996
146.井上芳光,高野聖司,近藤徳彦.発汗量および皮膚血流量の身体部位差と運動強度.第51回日本体力医学会大会,広島,1996年9月
147.井上芳光,中尾美喜夫.環境温上昇時における児童・若年成人・高齢者の発汗・皮膚血流反応.第4回運動生理学会,名古屋,1996年7月
148.今村律子,柴田祥江,井上芳光,平田耕造.暑熱及び寒冷下における高齢者運動時の体温調節と着衣行動.第48回日本家政学会,東京,1996年6月
149.Inoue Y, Ueda H. Regional differences in the relationship of sweat rate vs. skin blood flow in older and younger men. 43th ACSM Annual Meeting, Cincinnati (USA), May 1996
150.井上芳光,荒木勉,上田博之,辻田純三.寒冷環境下における思春期前児童の体温調節反応.第10回日本体力医学会近畿地方会,大阪,1996年1月
151.井上芳光.児童・若年成人・高齢者の皮膚血流応答.第34回日本生気象学会,神戸,1995年10月
152.井上芳光,中尾美喜夫,上田博之.高齢者における発汗反応の経年的変化,第50回日本体力医学会大会,福島,1995年9月
153.井上芳光,中尾美喜夫,上田博之,荒木勉.高齢者の暑熱・寒冷反応に及ぼす体格,有気的体力,日常の歩行量,衣内温度.第9回日本体力医学会近畿地方会,京都,1995年2月
154.高野聖司,青木健,芝崎学,井上芳光,近藤徳彦,岩田敦.発汗量の部位差における運動強度の影響.第9回日本体力医学会近畿地方会,京都,1995年2月
155.平田耕造,井上芳光.寒冷下における高齢者の運動時体温調節反応とスポーツウェアー.第33回日本生気象学会,広島,1994年10月
156.井上芳光,芝崎学,上田博之,平田耕造.加齢が発汗・脈管反応の部位差に及ぼす影響.第33回日本生気象学会,広島,1994年10月
157.芝崎学,井上芳光,上田博之,近藤徳彦,岩田敦.暑熱環境下における児童の皮膚血流量.第49回日本体力医学会大会,名古屋,1994年9月
158.井上芳光,芝崎学,上田博之,平田耕造,荒木勉.高齢者における局所発汗量vs. 皮膚血流量の部位特性.第49回日本体力医学会大会,名古屋,1994年9月
159.芝崎学,井上芳光,近藤徳彦.運動時における思春期前児童の発汗反応.第2回日本運動生理学会,天理,1994年7月
160.井上芳光,芝崎学.発汗および脈管反応の身体部位差からみた加齢特性.第2回日本運動生理学会,天理,1994年7月
161.Havenith G, Inoue Y, Luttikholt V, Kenney WL. Combined effect of age and VO2max on body temperature during work in a warm, humid climate in a heterogeneous subject population. IUPS Thermal Physiology Symposium, England, August 1993
162.上田博之,井上芳光,土田和義,森下禄郎,松平光男.寒冷下における運動時の衣服内気候と発汗反応.日本繊維消費学会1993年年次大会,東京,1993年6月
163.Havenith G, Inoue Y, Kenney WL. The effects of age and fitness on heart rate and body storage during work in a warm, humid climate. The Fifth International Conference on Environmental Ergonomics, Maastricht (The Netherlands), November 1992
164.井上芳光.暑熱下運動時における高齢者の部位発汗反応.第31回日本生気象学会,東京,1992年11月
165.井上芳光,上田博之.暑熱・寒冷環境下における高齢者の体温調節反応の季節的変化.第29回日本生理人類学会,大阪市立大学,1992年11月
166.上田博之,井上芳光.素材の異なるトレーニングウェアーが運動時の局所発汗量に及ぼす影響.第29回日本生理人類学会,大阪市立大学,1992年11月
167.井上芳光,中尾美喜夫,荒木勉,上田博之.寒冷暴露下における高齢者の体温調節反応.第47回日本体力医学会大会,山形,1992年10月
168.井上芳光,中尾美喜夫,荒木勉.暑熱・寒冷環境下における高齢者の体温調節反応の季節差.第6回日本体力医学会近畿地方会,大阪,1992年2月
169.井上芳光.高齢者の部位発汗特性.第30回日本生気象学会,名古屋,1991,11月
170.中尾美喜夫,井上芳光,村上宏,松下健二.高齢者の健康意識や行動量に及ぼす脚筋持久力の影響.第45回日本体力医学会大会,福岡,1990年9月
171.Inoue Y, Kenney WL. Regional differences in the sweating responses of older and younger men. 37th ACSM Annual Meeting, Utah, May 1990
172.松下健二,井上芳光,中尾美喜夫,村上宏.中・高年者の主観的運動強度を運動処方へ適用するための基礎的研究.第43回日本体力医学会大会,京都,1988年10月
173.井上芳光,村上宏,中尾美喜夫,松下健二.高齢者の有気的体力レベルに応じた運動時総酸素摂取量の推定法.第42回日本体力医学会大会,沖縄,1987年10月
174.井上芳光,村上宏,中尾美喜夫,黛 誠.成人女子の運動時総酸素摂取量を総心拍数と有気的体力レベルから推定する方法.第41回日本体力医学会大会,山梨,1986年9月
175.中尾美喜夫,井上芳光,村上宏.ウェイト・トレーニングが有酸素能力に及ぼす影響.第41回日本体力医学会大会,山梨,1986年9月
176.井上芳光,村上宏,中尾美喜夫,石指宏通.急激な環境温度変化下の運動並びに安静時の呼吸循環及び体温調節反応に及ぼす運動鍛錬の影響.第40回日本体力医学会大会,鳥取,1985年9月
177.辻田純三,堀清記,荒木勉,柏原初音,綿貫勝,砥堀雅信,井上芳光.運動時における成人女子の皮膚温反応の部位差並びにそれに及ぼす運動鍛錬の影響.第36回日本体育学会,岐阜,1985年10月
178.井上芳光,村上宏,中尾美喜夫.急激な環境温度の変化が運動時の呼吸循環及び体温調節反応に及ぼす影響.第39回日本体力医学会大会,奈良,1984年9月
179.井上芳光,村上宏,中尾美喜夫.運動時の積算心拍数による総酸素摂取量の有酸素能力に応じた間接的推定法.第38回日本体力医学会大会,群馬,1983年9月
180.中尾美喜夫,井上芳光,中川陽世,松下健二.脚伸展筋持久力の年齢的推移について.第33回日本体育学会,東京,1982年10月
181.村上宏,井上芳光,荒木勉.六甲全山縦走の体力医学的検討 (4)体格と完走所要時間.第37回日本体力医学会大会,島根,1982年9月
182.中尾美喜夫,井上芳光,中川陽世.脚伸展筋持久力における簡易測定法の試案.第32回日本体育学会,神戸,1981年9月
183.村上宏,荒木勉,井上芳光.六甲全山縦走の体力医学的検討(1)体温などの季節差と消費エネルギー.第36回日本体力医学会大会,滋賀,1981年9月
184.Inoue Y, Shimada M, Goto Y, Tsujino A. Application of microwaves to continuous measurement of the velocity during sprint running. The Eighth International Congress of Biomechanics, Nagoya, July 1981
185.田中二郎,井上芳光,島田昌敏,辻野昭.マイクロ波ドップラー効果による速度測定(3):速度測定用ディスプレイ装置の試作.第7回日本教科教育学会,東京,1981年5月
186.井上芳光,田中二郎,島田昌敏,辻野昭.マイクロ波ドップラー効果による速度測定(4):速度測定用ディスプレイ装置の走運動学習への適用.第7回日本教科教育学会,東京,1981年5月
187.井上芳光,島田昌敏,後藤幸弘,辻野昭.走運動学習に関する研究:マイクロ波のヒトの疾走速度測定への応用と実用化.第31回日本体育学会,東京,1980年10月
188.島田昌敏,井上芳光,辻野昭.マイクロ波ドップラー効果による速度測定(1):基礎実験.第6回日本教科教育学会,広島,1980年5月
189.井上芳光,島田昌敏,辻野昭.マイクロ波ドップラー効果による速度測定(2):ヒトの疾走速度測定への応用.第6回日本教科教育学会,広島,1980年5月
190.井上芳光,島田昌敏,後藤幸弘,辻野昭.マイクロ波のヒトの疾走速度測定への応用.第5回バイオメカニクス国内セミナー,大阪,1980年5月
191.井上芳光,島田昌敏,梅野圭史,辻野昭,後藤幸弘.マイクロ波のヒトの疾走速度測定への応用.第30回日本体育学会,金沢,1979年10月
192.井上芳光,辻野昭,梅野圭史,戸田嘉秋,荒木勉.暑熱・寒冷反復交互暴露時の体温調節に及ぼす運動鍛錬の影響.第33回日本体力医学会大会,長野,1978年10月
E.外部資金獲得状況
(1)JSPS科学研究費補助金
1.2017-2020年度基盤研究(B):運動と遺伝子が高温下での運動パフォーマンスに関係する汗イオン濃度調節に及ぼす影響.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
2.2016-2019年度基盤研究(B):運動トレーニングによる高齢者の発汗機能改善特性とその性差.研究代表者
3.2016-2018年度基盤研究(C):脱水と体温上昇の相違が陸上競技のパフォーマンスと各種パワー発揮能力に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪国際大学短期大学部 小倉幸雄)
4.2015-2016年度挑戦的萌芽研究:汗腺に関わる固有の遺伝子とヒトの発汗調節機構との関連.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
5.2014-2016年度基盤研究(C):運動様式・種目の相違が女性の温熱的環境適応能に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪国際大学 勝俣康之)
6.2014-2016年度基盤研究(C):運動強度・時間・脱水量と血栓形成発生機序の関連性およびそれに及ぼす老化の影響.分担(研究代表者:奈良県立医科大学 石指宏通)
7.2013-2014年度挑戦的萌芽研究:汗腺の塩分再吸収能からみた熱中症予防に関わる発汗機能の新評価.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
8.2012-2014年度基盤研究(C):運動強度・運動量と味覚感受性との関係および加齢がその関係に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪青山大学 中西康人)
9.2011-2015年度基盤研究(A):老若男女の発汗能力の解明とその生物学的意義.研究代表者
10.2012-2013年度挑戦的萌芽研究:後期高齢者の熱中症予防に向けた生理人類学的検討.研究代表者
11.2011-2013年度基盤研究(B):運動に関わる要因と精神性要因が運動時の体温調節中枢に及ぼす影響.分担(代表:神戸大学 近藤徳彦)
12.2011-2013年度基盤研究(C):高齢者における血栓形成関連因子の日内・季節変動の解明.分担(研究代表者:奈良県立医科大学 石指宏通)
13.2011-2013年度基盤研究(C):摂取水分の温度と量が体温・循環調節反応に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪国際大学短期大学部 小倉幸雄)
14.2011-2012年度挑戦的萌芽研究:単一汗腺可視化による汗腺の構造・機能の新たな評価方法.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
15.2010-2012年度基盤研究(C):姿勢協同筋を中心とした神経系システムの補償的作用ならびにその加齢的変化.分担(研究代表者:武庫川大学 伊東太郎)
16.2010-2011年度挑戦的萌芽研究:衣服設計のための局所発汗量測定法の開発と発汗フェーズ予測.分担(代表:大阪信愛女学院短期大学 上田博之)
17.2009-2012年度基盤研究(A):地球温暖化と人工環境普及に伴う人類の暑熱適応能の変化に関する研究.分担(研究代表者:九州大学 栃原裕)
18.2008-2010年度基盤研究(A):温熱的環境適応能の老化過程の解明と老化遅延策の構築.研究代表者
19.2008-2010年度基盤研究(C):高齢者のスポーツ活動における血栓形成機序の解明と予防策の構築.分担(研究代表者:奈良県立医科大学 石指宏通)
20.2007-2008年度基盤研究(C):熱放散反応の性周期・性差とそれに及ぼす運動トレーニングの影響.分担(研究代表者:大阪国際大学短期大学部 小倉幸雄)
21.2007-2008年度萌芽研究:単一汗腺活動からみたヒト環境適応能の新しい評価法の開発.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
22.2007-2009年度基盤研究(B):運動に関わる要因の相互作用が運動時の体温調節機構に及ぼす影響と運動トレーニング効果.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
23.2006-2008年度基盤研究(A):ヒトの運動能と環境適応能の全身的な協関:非定常状態に注目して.分担(研究代表者:神戸芸術工科大学 古賀俊策)
24.2006-2007年度基盤研究(C):紙おむつの換気必要量に基づく快適性評価.分担(研究代表者:大阪信愛女学院短大 上田博之)
25.2005-2007年度基盤研究(B):熱帯地住人の環境適応能の解明とそれに及ぼす生活環境要因.分担(研究代表者:大阪国際大学 久保田豊司)
26.2004-2006年度基盤研究(A):発育・老化過程における温熱適応能力の生物学的意義.研究代表者
27.2004-2006年度基盤研究(B):過度の体温上昇に伴う運動パフォーマンスの低下のメカニズムとその対策.分担(研究代表者:神戸大学 近藤徳彦)
28.2004-2005年度基盤研究(C):性周期・運動トレーニングが若年女性における運動時の熱放散反応に及ぼす影響.分担(代表:大阪国際大学短期大学部 小倉幸雄)
29.2004-2005年度基盤研究(C):食事誘発性熱産生量が熱放散反応の身体部位差に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪国際大学短期大学部 米浪直子)
30.2004-2005年度基盤研究(C):素材布物性・開口部・ゆとり量が身体活動時における部位別衣服換気量に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪信愛女学院短大 上田博之)
31.2001-2002年度基盤研究(C):若年成人女性における起立耐性能への下肢筋力・身体活動度及び性周期の影響.分担(研究代表者:大阪国際女子大学 平田まり)
32.2000-2001年度基盤研究(B):ヒトの生理学的適応能力の計測技術の体系化.分担(代表:神戸芸術工科大学 古賀俊策)
33.2000-2002年度基盤研究(C):成人女性における暑熱・寒冷反応とそれらに及ぼす運動習慣の影響.研究代表者
34.1998-1999年度基盤研究(C):暑熱・寒冷反応の発育・老化特性と性差.研究代表者
35.1995-1996年度一般研究(C):発育・老化に伴う体温調節反応の身体部位特性およびそれに及ぼす運動習慣の影響.研究代表者
36.1994年度一般研究(C):加齢に伴う発汗能低下機序及びそれに及ぼす運動習慣の影響.研究代表者
37.1992-1993年度一般研究(C):皮膚の毛細血管・AVA血流量増加と食物摂取時の体温.分担(代表:神戸女子大学 平田耕造)
38.1989年度奨励研究(A):暑熱・寒冷環境下における高齢者の体温調節反応の季節的変化.研究代表者
39.1982年度奨励研究(A):体力レベルに応じた運動量の実践的推定方法に関する基礎的研究.研究代表者

(2)研究助成金等
1.2012年度味の素(株)受託研究:カプシエイトと汗.
2.2010年度トヨタ織機(株):生体の温熱生理測定に関する研究指導.
3.2010年度ミズノ(株)受託研究:発汗量の身体部位差を考慮したウェア開発と暑熱適応能.
4.2009年度ミズノ(株)受託研究:発汗量の身体部位差を考慮したウェア開発.
5.2008年度サーモス(株)受託研究:摂取水温が運動時の循環・体温調節反応に及ぼす影響.
6.2006年度第28回石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:スポーツ活動時における脱水の程度が血栓形成に及ぼす影響.分担(研究代表者:奈良県立医大 石指宏通)
7.2006年度第28回石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:素材の通気性,衣服開口部とゆとりが衣服換気に及ぼす影響:身体部位差に着目して.分担(研究代表者:大阪信愛女学院短大 上田博之)
8.2002年度第24回石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:運動トレーニングが若年女性の熱放散反応に及ぼす影響.分担(研究代表者:大阪国際大学 小倉幸雄)
9.2002年度バイオクリマ研究会(国土環境(株)主催)研究助成金:「冷え症」申告者の寒冷反応.
10.2002年度大塚製薬より奨励寄付金:夏季スポーツ活動後の食事実態:イオンドリンクの影響.
11.2001年度日本体育協会より委託研究:子どもと高齢者の熱中症予防に関する研究.
12.2001年度Decathlon Advanced Research, Franceからの委託研究:Required Clothing Micro-Environment Ventilation for Different Body Regions.分担(研究代表者:George Havenith, Loughborough University, UK)
13.2001年度NEDO「国際共同研究先導調査事業」:温熱環境評価予測モデルの開発に関わる先導調査研究.分担(研究代表者:産業技術総合研究所 松岡克典)
14.2000年度大塚製薬より奨励寄付金:日常生活下の発汗量と汗中Na+損失量.分担(代表:神戸女子大学 森本武利)
15.2000年度日本体育協会より委託研究:子どもの熱中症予防に関する研究:夏季運動時における発汗率と水分補給率の年齢差. 16.1999年度グンゼより奨励寄付金:夏物スポーツ衣料の開発に関する基礎的研究.
17.1998年度グンゼより奨励寄付金:子ども用冬物衣料の開発に関する基礎的研究.
18.1998年度デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:高齢者における運動時の発汗および皮膚血流反応.
19.1997年度グンゼより奨励寄付金:高齢者用夏物衣料の開発に関する基礎的研究.
20.1997年度デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:最大皮膚血管コンダクタンスの発育・老化特性.
21.1996年度グンゼより奨励寄付金:高齢者用冬物衣料の開発に関する基礎的研究.
22.1995年度デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:暑熱および寒冷下における高齢者運動時の体温調節と着衣行動.分担(研究代表者:和歌山大学 今村律子)
23.1995年度 P&Gより奨励寄付金:おむつの開発・改善に関する基礎的研究.
24.1994年度総合健康推進財団研究奨励助成金:発汗および脈管反応の身体部位差における老化特性.
25.1993年度デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:温熱的中立を保証する衣内温度の変動幅とその身体部位差,季節差,年齢差.
26.1993年度小野スポーツ体力研究財団研究助成金:高齢者の体温調節能の個人差と体格・体力,日常衣内温度及び運動習慣との関連.
27.1993年度大阪ガスグループ福祉財団研究助成金:暑熱環境下皮膚血流量の加齢的低下機序:発汗量と皮膚血流量との対応関係の身体部位差からの検討.
28.1991年度大阪ガスグループ福祉財団研究助成金:暑熱順化が高齢者の発汗反応に及ぼす影響.
29.1987年度大阪ガスグループ福祉財団研究助成金:高齢者の運動習慣を確立するための基礎的研究.分担(研究代表者:神戸大学 村上宏)
30.1983年度デサントスポーツ科学振興財団研究助成金:冬季における運動実施時の安全確保に関する基礎的研究.
F.受賞
1.”Inoue Y et al.: Cutaneous vasodilation response to a linear increase in air temperature from 28ºC to 40ºC in prepubertal boys and young men. J Physiol Anthropol 28 (3): 137-144, 2009”で2009年度日本生理人類学会優秀論文賞を受賞した(2010年9月)
2.第5回秩父宮記念スポーツ医・科学賞(奨励賞)を「スポーツ活動中における熱中症事故予防に関する研究班(代表:川原貴)」の一員として受賞した(2002年6月)
社会的貢献
A.社会的活動
1.生駒市教育委員会の「市内中学生熱中症事故調査委員会委員」(2016年10月~2017年4月まで)
2.独立行政法人大学評価・学位授与機構の「国立大学教育研究評価委員会専門委員」(2016年1月~2017年3月まで)
3.気象業務支援センター(環境省委託事業)の「夏季イベントにおける熱中症対策検討委員会」委員(2015年5月~現在に至る)
4.日本体育協会の「スポーツ活動中の熱中症事故予防に関する研究」の研究班長(2012年6月~現在に至る)
5.寝屋川市教育委員会の「教育に関する事務の点検・評価」のアドバイザー(学識経験者)(2012年6月~2013年3月まで)
6.日本学術振興会の科学研究費委員会専門委員(2010年12月~2012年11月)
7.環境省の「ヒートアイランド現象に対する適応策検討調査委員会」諮問委員(2010年8月~2015年3月まで)
8.環境省の「熱中症保健指導マニュアル」編集委員(2006年~現在)
B.マスメディア活動
1.TBS系列「健康カプセル!ゲンキの時間」にて,我々の高齢者の発汗特性に関するデータが紹介された(2017年8月6日).
2.サンデー毎日(8月13日号)の「猛暑を乗り切る! 病気にならない家」欄に,高齢者の体温調節特性に関するコメントが掲載された(2017年8月13日).
3.朝日新聞(朝刊) 医療欄 『1分間で知る熱中症』に子どもの体温調節特性に関するコメントが掲載された(2017年7月26日).
4.読売テレビ『ミヤネ屋』で高齢者が老化に伴い発汗能力が低下することを報告した我々のデータが放送された(2017年7月19日).
5.NHK総合テレビの『ニュース』にインタビュー出演し,高齢者の浴槽で起こる熱中症の機序およびその予防策について解説した(2016年12月31日).
6.NHK総合テレビの『ニュースほっと関西』にインタビュー出演し,熱中症を予防する対策について解説した(2016年7月).
7.NHKテレビ番組『あさイチ』に出演・解説した内容が(2012 年1月5日の放送),「NHKあさイチマガジン(宝島社, TJ MOOK Vol 2, pp52-53」のなかで「女性にひえが多いのはなぜ?」として紹介された(2016年1月15日).
8.読売テレビの「カンサイ情報ネット ten」に実験およびインタビュー出演し,熱中症の予防策について解説した(2015年8月17日).
9.NHK総合テレビの『ニュースほっと関西』にインタビュー出演し,熱中症を予防する対策について解説した(2015年7月31日).
10.米国のTime誌に我々が見いだした発汗に関する記事が紹介された(http://time.com/3947804/sweating-healthy/ 2015年7月8日).
11.NHKためしてガッテンVol. 27 夏号の「熱中症最新対策」に関する記事に,高齢者の発汗データが掲載された(2015年6月16日).
12.環境省の熱中症予防のためのキャンペーンDVDに出演「良い汗,悪い汗」(2015年5月18日).
13.読売新聞の読売ファミリー紙に,「低体温に,ご注意ください」に関する監修記事が掲載された(2014年12月10日).
14.読売新聞(朝刊)の熱中症予防欄に子どもの熱中症に関するコメントが掲載された(2014年8月2日).
15.週刊ポストの「日本人の体は暑さに弱くなったのか?」欄にコメントが掲載された(2014/08/4).
16.読売テレビの朝生ワイド「す・またん!」で発汗に関するコメントが放送された(2014年8月1日).
17.読売テレビの「カンサイ情報ネット ten」にインタビュー出演し,発汗について解説した(2014年7月25日).
18.NHK総合テレビの『ニューステラス関西』・関西845にインタビュー出演し,猛暑から熱中症を予防する対策について解説した(2014年7月24・25日).
19.読売新聞(朝刊)に熱中症に関するコメントが掲載された(2014年7月25日).
20.ニッポン放送ラジオ番組『大谷ノブ彦 キキマス!』に『発汗のしくみと汗の役割』というテーマで出演した(2014年7月1日).
21.読売新聞(夕刊)に熱中症に関するコメントが掲載された(2014年7月1日).
22.朝日放送のキャストにインタビュー出演し,汗について解説した(2014年6月17日).
23.ラジオNIKKEI第2の『音楽との出会い 人との出会い(10:00-11:00,19:00-20:00)』で『発汗と健康』について,5日間にわたり(6/16:ヒトの体温調節機能,6/17:汗腺の働きとよい汗,6/18:スポーツと発汗,6/19:発汗能力の発育・老化とその性差,6/20:熱中症とその対策)出演した(2014年6月16-20日).
24.日本経済新聞の『汗腺を鍛えて夏バテ予防』にコメントが掲載された(2014年5月25日朝刊).
25.テレビ朝日の『奇跡の地球物語』で「熱中症 体温と汗の秘密」を監修するとともに,本学の人工環境気象室での発汗に関する実験およびその解説が番組内で放映された(2013年8月18日).
26.読売新聞の『楽しい学問』の欄(大学欄)に「発汗学」が紹介された(2013年8月11日朝刊).
27.読売新聞の『お盆休み熱中症を防ぐには』の欄で「高齢者が熱中症になるケースが多いのはなぜか」解説した(2013年8月11日朝刊).
28.読売新聞で「高齢者が若者より高温高湿の熱中症に罹りやすい室内で生活していること」を示した我々のデータが掲載された(2013年7月29日朝刊).
29.雑誌「Self doctor別冊(シニアの体と健康)」にて『熱中症になりやすい高齢者.こまめな水分補給を』について解説した(2013年7月).
30.読売テレビの「カンサイ情報ネット ten」に生出演し,熱中症に高齢者や子どもがなぜ罹りやすいか解説した(2013年7月15日).
31.朝日新聞の教育欄の『子どもを熱中症から守る』において,子どもはなぜ暑さに弱いのか,に関するコメントが掲載された(2013年7月6日).
32.週刊女性で「汗対策」に関するコメントが掲載された(2013年6月30日).
33.読売新聞の読売ファミリー紙に,「いい汗かいて夏バテ予防」に関する監修記事が掲載された(2013年6月19日).
34.NHK総合テレビの『ニューステラス関西』にインタビュー出演し,6月の猛暑から熱中症を予防する対策について解説した(2013年6月13日).
35.読売テレビ「ミヤネ屋」に専門家ゲストとして生出演し,汗について解説した(2013年6月3日放送).
36.朝日放送『キャスト』で,熱中症に関するコメントが放送された(2013年5月28日放送).
37.NHK総合テレビ『あさイチ』で,汗対策について専門家ゲストとしてのコメントが放送された(2013年5月21日放送).
38.雑誌「Self doctor別冊(子どもの体と健康)」にて『熱を取り込みやすい子どもの体』について解説した(2013年5月).
39.朝日新聞に『子どもの発汗能力が未発達なため、夏場は急激に体温が上がりやすい』ことを解説したコメントが掲載された(2012年8月8日朝刊).
40.毎日小学生新聞に「親子で安全楽しい夏休み:②熱中症」に子どもの汗腺機能が未発達であることに関するコメントが紹介された(2012年7月24日).
41.読売新聞に「なぜ高齢者が熱中症に罹りやすいのか」に関するコメントが掲載された(2012年6月24日朝刊).
42.朝日新聞の生活面に,暑さに慣れる体作りを解説したコメントが掲載された(2012年6月12日朝刊).
43.朝日小学生新聞の1面に,「熱中症今から防ごう」に関するコメントが掲載された(2012年5月18日).
44.NHK第1ラジオの『NHKジャーナル』に電話出演し,暑い日が増える季節を前に,夏の暑さに耐えられる体力作りの必要性を指摘した(2012年4月24日放送).
45.NHKテレビ番組『あさイチ』に出演し解説した(2012 年1月5日の放送)内容が,「NHKあさイチ,からだメインテ:からだとココロの健康UP術(主婦と生活社,pp36-39,2012年3月27日)」のなかで「まったく別物!冷え性と低体温」として紹介された.
46.ALPHA CLUB(胃を切った人・胃腸のリハビリ情報誌)に依頼され,汗の働き,老化と汗,運動習慣と汗などを解説した(2011年9月14日).
47.朝日新聞の一面に,なぜ高齢者が熱中症になりやすいのかを解説したコメントが掲載された(2011年7月14日夕刊).
48.NHK総合テレビの『ニューステラス関西』に出演し,熱中症が本年度大幅に増加する理由とその対策について解説した(2011年7月7日).
49.フジテレビの『とくダネ』で,なぜ子どもが熱中症に罹りやすいのか,その体温調節特性に基づき解説した(2011年7月1日).
50.NHK総合テレビの『ニューステラス関西』において,特集「節電と熱中症」の中でなぜ高齢者が熱中症にかかりやすいのか,その生理的しくみを解説した(2011年6月30日).
51.読売新聞に「節電の夏に今から準備」と題して,高齢者がなぜ熱中症にかかりやすいのか,またその予防策としての運動トレーニングの重要性について,コメントが掲載された(2011年5月28日朝刊).
52.NHKラジオ第一放送の「NHKジャーナル」において熱中症をメインテーマに,(1)今から準備でき予防策,(2)自宅での予防策,(3)高齢者の予防策について,インタビューに答える形で出演した(2011年5月25日).
53.NHK総合テレビ『あさイチ』に生出演し、「汗」について解説した(2011年5月24日).
54.NHK総合テレビ「ニュース7」の中で「発汗機能の亢進が熱中症予防策として重要であることをコメントした(2011年5月21日).
55.雑誌「Self doctor (Vol.45 summer)」にて熱中症について解説した(2011年6月).
56.映学社が企画・作成した社会教育ビデオ(DVDビデオ)『熱中症から子どもを守れ(教師・保護者向け)』,『知って防ごう熱中症(児童向け)』,『検証・急増する高齢者の熱中症』にて子ども・高齢者の体温調節特性を解説するとともに,その制作を指導した(2011年5月).
57.NHKのテレビ番組『あさイチ』に生出演し,「寒冷下での深部体温について」を解説した(2011年1月5日).
58.Experimental Physiologyに掲載された論文“Sex differences in the effects of physical training on sweat gland responses during a graded exercise. Exp Physiol 95(10): 1026-1032, 2010”がPress releaseされ,英国・米国・オーストラリアをはじめ世界各国の多くの新聞等に掲載された.
(1)BBC News
http://www.bbc.co.uk/news/health-11492897
(2)New York Times
http://well.blogs.nytimes.com/2010/10/20/do-women-sweat-differently-than-men/
(3)Daily Mail
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1318700/Why-staying-cools-sweat-women-secret-perspiration-unblocked.html?ito=feeds-newsxml
(4)Press Association / Sydney Morning Herald
http://news.smh.com.au/breaking-news-world/women-glow-sooner-than-sweat-says-study-20101008-16a44.html
(5)Express
http://www.dailyexpress.co.uk/posts/view/204204/Women-don-t-sweat-as-much-as-men/
(6)Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/health/healthnews/8048508/Men-perspire-and-women-glow-science-proves.html
(7) Live Science
http://www.livescience.com/health/sweaty-men-physical-fitness-101007.html
(8) Irish Independent
http://www.independent.ie/and-finally/women-glow-rather-than-sweat-2370769.html
など
59.NHKのテレビ番組『クローズアップ現代』で「なぜ高齢者が熱中症に罹りやすいのか,その生理学的機序」を解説した(2010年9月2日).
60.テレビ朝日の番組『スーパーJチャンネル』で「なぜ高齢者が熱中症に罹りやすいのか,その生理学的機序および予防法」について電話インタビューで解説した(2010年8月19日).
61.読売テレビの番組『ミヤネ屋』で「なぜ高齢者が熱中症に罹りやすいのか,その生理学的機序および予防法」について電話インタビューでコメントした(2010年8月18日).
62.NHKのラジオ番組『NHKジャーナル』で「なぜ高齢者が熱中症に罹りやすいのか,その生理学的機序および予防法」について電話インタビューで解説した(2010年8月17日).
63.NHKのテレビ番組『ニュースウォッチ9』で「なぜ高齢者が熱中症に罹りやすいのか,その生理学的機序」を解説した(2010年8月12日).
64.雑誌Tarzanの「ヒトはなぜ汗をかくのか?汗を知り,夏ばて知らずに」を監修した(2010年8月10日).
65.「メトロガイド」9月号(8月5日発行)に冷え性に関するコメントが掲載された.
66.朝日新聞(2010年8月3日朝刊)の生活欄に,「夏のお出かけ恐怖の熱中症」にコメントが掲載された.
67.eo光チャネルの「知れば知るホド!」で汗や熱中症について解説した(2010年7月5~9日).
68.朝日放送の「おはよう朝日」で熱中症について解説した(2010年6月7日).
69.朝日新聞(2010年5月17日夕刊)の体とこころの通信簿の欄に,冷え性に関するコメントが掲載された. 70.雑誌「安心生活応援BOOK,2010年度」において「「熱中症を予防して夏を元気に過ごそう」を監修した(2010年4月20日).
71.NHKのテレビ番組『ためしてガッテン』に専門家ゲストとして出演し,寒冷時の体温調節反応について解説した(2010年2月3日).
72.フジテレビの「とくダネ!」に出演し,熱中症や汗について解説した(2009年7月30日).
73.雑誌「食べることと生きること,Vol 38」において「汗が変われば体も変わる」を監修した(2009年7月20日).
74.TNCテレビ西日本の「ももち浜ストア (ニーナとブッキーのそれってな~に?)」で半側性発汗について電話インタビューで解説した(2009年7月9日).
75.NHKの「ゆうどきネットワーク」で皮膚の温度受容器が老化に伴い低下することを実験的に解説するとともに,高齢者の熱中症の原因について実験的にさらにインタビューで解説した(2009年7月8日).
76.朝日放送の「おはよう朝日」で熱中症や汗について解説した(2009年6月27日).
77.NHKの「生活ほっとモーニング」に生出演し,熱中症や汗について解説した(2008年8月18日).
78.日本テレビの「世界一受けたい授業」に出演し,汗について解説した(2008年8月2日).
79.サーモス魔法瓶との共同研究結果(夏季運動時には5~15℃の水分補給が体温上昇を抑制する)が共同通信記事となり,多数の地方紙(東奥日報 7/21,岩手日報 7/21,宮崎日日 7/22,沖縄タイムス 7/23,Fuji Sankei Business i 7/24, 信濃毎日新聞 7/27,神奈川新聞 7/28,デーリー東北 7/28,佐賀新聞 7/29,日本海新聞 7/30,大分合同新聞 7/30,大阪日日新聞 7/30,埼玉新聞 7/30,高知新聞 8/1,南日本新聞 8/1,下野新聞 8/2,徳島新聞 8/4,長崎新聞 8/4,西日本新聞 8/5,秋田魁新報 8/8,北海道新聞 8/12,中部経済新聞 8/15,新潟日報 8/18)に掲載された.
80.朝日小学生新聞の1面に,子どもの熱中症に関するコメントが掲載された(2008年7月17日).
81.雑誌「Doctor’s eye (Vol. 9 summer)」にて熱中症について解説した(2008年6月).
82.雑誌「Self doctor (Vol.45 summer)」にて熱中症について解説した(2008年6月).
83.中部日本放送株式会社のラジオ番組「多田しげおの気分爽快!!朝からP.O.N」において,「汗」の種類と役割につい解説した(2008年5月12日).
84.大阪テレビの「Qっと!サイエンス」の「暑い夏に汗のお話」に出演し,よい汗・悪い汗について解説した(2007年8月11日).
85.少年写真新聞の給食ニュース「子どもたちの体に適した水分補給を考えよう」を監修した(2007年7月8日号(1386号)).
86.NHKのテレビ番組『ためしてガッテン』に専門家ゲストとして出演し,よい汗・悪い汗について解説した(2007年6月20日).
87.よみうりテレビの『激テレ☆金曜日』で,「熱中症とその予防策」について解説した(2006年7月28日).
88.月刊誌ボディプラス(実業之日本社)の『汗にまつわるナゾを解決:発汗!噂の眞相』を監修した(2006年2月20日).
89.NHKのテレビ番組『ためしてガッテン』に専門家ゲストとして出演し,高齢者の発汗について解説した(2005年8月3日).
90.朝日放送のテレビ番組「おはよう朝日土曜日です」に出演し,夏バテ解消法を解説した(2004年8月21日).
91.神奈川新聞(2003年8月16日朝刊)に,かながわ健康セミナーにおける『上手に汗をかくために:熱中症予防策』の講演内容が紹介された.
92.週刊朝日増刊「甲子園大会号」にゴルゴ松本さん・レッド吉田さん(お笑いタレント・TIM)との「熱き甲子園対談」が掲載された(2003年8月10日).
93.朝日新聞(2003年7月31日朝刊)の『汗の話 その4』欄に,子どもの熱放散反応特性についての研究知見が紹介された.
94.NHKのテレビ番組『生活ほっとモーニング』に専門家ゲストとして生出演し,発汗について解説した(2001年6月22日).
95.日本体育協会が企画・作成したビデオ『子どもたちのスポーツ活動中の水分補給』にて子どもの体温調節特性を解説した(2001年5月).
96.産経新聞(2000年9月4日朝刊)の『先端研究プロフィール』欄に「体温調節と老化に迫る」で紹介された.
C.講演・講義(2010-2017年)
1.豊中ラグビースクールで保護者とコーチに「子どもの発汗能力と熱中症予防策」を講義した(2017年7月).
2.狭山中学校で生徒および教職員に対し,熱中症予防に関する講義を実施した(2017年7月).
3.寝屋川市教育委員会主催のスポーツリーダー講習会で『からだのためにやってはいけないスポーツ学』について講義(2017年7月).
4.夢ナビライブで「汗と熱中症」の講義を実施した(2017年6月).
5.豊中市立桜井谷小学校で教員に対し,「子どもの体温調節特性と熱中症予防策」を講義した(2017年5月).
6.リーガロイヤルクラブ講演会で「高齢者の発汗能力と熱中症予防策」を講義した(2017年5月).
7.守口市選挙管理委員会主催の講演会で「子どもや高齢者の熱中症予防」を講演した(2016年9月).
8.大阪ロータリークラブで「老若男女の発汗能力」を卓話した(2015年7月).
9.環境省の熱中症対策シンポジウムで「熱中症の基本と良い汗・悪い汗:高齢者を中心に」を講演した(2015年6月,東京).
10.近畿大学付属高校でスポーツ科1・2年生を対象として「スポーツ活動時の熱中症予防策」について講演した(2015年2月).
11.寝屋川市教育委員会文化スポーツ振興職場研修で『子どもから高齢者の熱中症とその予防法について』について講義した(2015年1月).
12.守口市eセミナー「中高年者における日常生活下での熱中症予防策」(2014年10月)
13.大阪府教育委員会主催の「10年経験者研修 大学連携講座」で「運動・スポーツ時の熱中症予防策」について講義した(2014年8月).
14.日本フルハップの健康講座で「中高年者における日常生活下での熱中症予防策」について講義した(2014年6月).
15.環境省の熱中症対策に係る地方自治体等担当者向け講習会で講義した(2014年5月)
16.吹田市小学校研究会で「たくましい子どもを育てる:子どもの体温調節特性より」を講演した(2014年5月).
17.和歌山県医師会主催の臨床スポーツ医研修会で「スポーツ活動時の熱中症予防策」について講義した(2013年10月).
18.大阪府教育委員会主催の「10年経験者研修 大学連携講座」で「運動・スポーツ時の水分補給と熱中症」について講義(2013年8月).
19.豊中市教育委員会主催の校長・園長研修会で「子どもの熱中症予防」について講義(2013年8月).
20.日本体育協会主催の「熱中症の病型と救急処置」についてテレビ講演した(2013年6月,東京).
21.夢ナビライブで「スポーツ,汗,暑熱」の講義を実施した(2013年6月).
22.日本体育協会主催の「スポーツ活動時の熱中症予防」についてテレビ講演した(2013年6月,東京).
23.大阪市西区学校保健協議会大会で「たくましい子どもを育てる:子どもの体温調節特性より」を講演した(平成24年11月).
24.豊中市教育委員会主催の学校保健・安全研修会において「子どものからだと熱中症」について講義した(2012年11月).
25.大阪府教育委員会主催の「10年経験者研修 大学連携講座」で「運動・スポーツ時の水分補給と熱中症」について講義した(2012年8月).
26.寝屋川市教育委員会主催のスポーツリーダー講習会で『からだのためにやってはいけないスポーツ学』について講義した(2012年7月).
27.寝屋川市産業振興室主催の健康講座で「汗であなたの老化がわかる~体温調節と老化遅延策」を講演した(2012年6月).
28.平成24年度環境省熱中症に係る自治体等担当者向け講習会で「子どもと高齢者の熱中症予防策」について講義した(2012年6月).
29.高槻市北清水公民館主催の健康講座で『汗であなたの老化がわかる:体温調節と老化遅延策』について講演した(2011年2月).
30.寝屋川市スポーツ振興連盟主催のスポーツ指導者講習会で『運動・汗・熱中症』について講義した(2011年2月).
31.寝屋川高校同窓会(北水会)の総会において,「汗って?」について講演した(2010年6月).
32.大阪市立大学の生活科学研究科講演会で「老若男女の汗」について講義した(2010年2月).

教員一覧へ戻る