学部・学科・大学院

教員紹介

小森 康加(コモリ ヤスカ)
氏名 小森 康加(コモリ ヤスカ)
英文 KOMORI Yasuka
大学名 大阪国際大学
学部 人間科学部
学科 人間健康科学科
職階 准教授
役職
学位 博士(スポーツ医学/筑波大学)
修士(スポーツ医学/筑波大学)
修士(体育学/筑波大学)
所属学会 European college of sports science,日本体力医学会,日本体育学会,
日本水泳水中運動学会,日本体育科教育学会
研究分野 競技スポーツ科学
研究業績 著書
1 水球101の練習法-オフェンス編-,日本文化出版社,2006.
2 スポーツ医科学キーワード,文光堂,1999.

論文
1 The use of contact lenses during water polo play: A 20-year study of Japanese college players. Journal of Sports Sciences, 2013.
2  水球競技に小学生区分のジュニア用ゴール使用がシュート数、ゴール数、シュート成功率に及ぼす影響について.水泳水中運動,2013.
3 エリートシンクロナイズドスイミング競技選手の股関節屈曲角度の再現性-フィードバック方法からみた即時効果の比較-.トレーニング科学,2013.
4 高校男子水球選手を対象とした投球速度改善サポート.水泳水中運動,2013.
5 水球競技におけるコンタクトレンズ使用が競技中の静止視力,動体視力,眼痛および霧視の程度に与える影響. 体力科学,2011.
など

発表
1  The evaluation of reproducibility of ballet leg position in elite junior and senior synchronized swimmers. European college of sports science (ECSS), 18th Annual congress, Barcelona, Spain, 2013.
2 Increase in contact lens use by water polo players due to a change in product quality: A 20-year study of Japanese college players. ECSS, 17th Annual congress, Bruges, Bergium, 2012.
3 The relationship between throwing distance on- water and on dry land in elite Japanese water polo players. ECSS, 16th Annual congress, Liverpool, UK, 2011.
4 Effects of contact lens on kinetic and static visual acuity and ocular symptoms: A study with water polo players. ECSS, 15th Annual congress, Antalya, Turky, 2010.
5 The relationship between visual acuity and game performance in water polo. ECSS, 14th Annual congress, Oslo, Norway, 2009.
など

教員一覧へ戻る